ニュース
» 2013年11月15日 16時24分 公開

幼なじみ→バッタ 妹→コウモリ 人類には早すぎる恋愛ゲーム「クリーチャーと恋しよっ!」が上級者向けすぎてSAN値がヤバイ

俺の幼なじみがこんなにバッタ人間なわけがない。

[池谷勇人,ITmedia]

 妹はコウモリ、幼なじみは……バッタ人間でした。登場人物が主人公を除いてなぜか全員クリーチャーという、出落ちにもほどがある恋愛ゲーム「クリーチャーと恋しよっ! 〜ここのえこころ〜」が一部で話題になっています。ニコニコに投稿された実況プレイ動画は、part1だけですでに28万再生を突破。


画像


 妹や幼なじみのほかにも、友達や学校の先生などが登場しますが、もちろん全員クリーチャー。しかしそこへのツッコミは一切なく、当たり前のように物語は進んでいきます。どうなってるんだこの世界は! 主人公以外フルボイスという同人ゲームらしからぬ豪華さも、もはや何のクッションにもなっていません。あ、でもこころちゃん(幼なじみ)の声はかわいいかも……。


画像画像画像 緑のバッタ人間がヒロインで幼なじみのこころちゃん。コウモリみたいなのは妹です


 開発したのは、同人ゲームサークル「nostalgia(ノスタルジア)」。サークル代表のよしのよしゆきさん(@yosinoyosiyuki)にお話を聞いたところ、「普段はもっとマジメな長編ゲームを作っているのですが、よりによって合間にサクッと作った短編の方が話題になってしまって、今はちょっと複雑な気分です(笑)」とのこと。ちなみに登場人物のデザインは完全に「イラスト担当者の趣味」だそうです。


画像 「nostalgia」代表のよしのよしゆきさん。本作ではシナリオを担当


 実はこの作品、ねとらぼも協賛していた「ニコニコ自作ゲームフェス2」の応募作。どう考えても出オチですが、過去に「はーとふる彼氏」や「ベーコンレタス列伝」などを取り上げてきたねとらぼとしては「こんなの紹介しないわけにいかないだろ!」ということで、見事「ねとらぼ賞」に輝いたのでした。

 Windows用で、プレイ時間の目安は30分〜1時間ほど。さあ、キミもこころちゃんのセクシーな水着姿にノックアウトされてみないか!(SAN値がピンチ的な意味で)


画像 これがこころちゃんの水着姿だ!(※クリックでモザイクが外れます)





画像 授賞式が行われた「ゲームマーケット2013秋」会場

画像 会場では実況プレイヤーのガッチマンさん(左)、鎌首さん(右)がその場で受賞作を実況プレイ

画像 視聴者も「いやああああああ」と大盛りあがり

(C)nostargia 2013


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2011/29/news029.jpg 漫画版「幼女戦記」作者が職業を隠し漫画教室に通う話が喜劇 先生「あなたはKADOKAWAに向いてそう」
  2. /nl/articles/2011/28/news042.jpg 「ぺりかんになりたい」「キングコブラを飼育してほしい」 無茶ぶり質問にガチ回答する「イングランドの丘」の飼育員さんが話題に
  3. /nl/articles/2011/29/news007.jpg 鍵を閉めずに出かけて帰ってきたらナイフを持った友人が…… 施錠の大事さが分かる漫画に鳥肌が立つ
  4. /nl/articles/2011/28/news034.jpg もし「鬼滅映画キャラが実は全員俳優だったら」を描いた撮影現場漫画にほっこり 「好きな世界観」「優しい世界」と話題に
  5. /nl/articles/2011/29/news005.jpg 「リアル岩合さん」「すごいニャンコがあらわれた!」 ファインダーをのぞく子猫カメラマンに才能があふれている
  6. /nl/articles/2011/28/news003.jpg 「そこにいないはずの弟の呼び声」「体をまたがれる感覚」……怪奇現象に見舞われた漫画家の体験談漫画にぞっとする
  7. /nl/articles/2011/29/news009.jpg 視力を与える代わり、10年後に命をもらう―― 悪魔と契約した盲目の少女、暖かくも切ない結末に涙
  8. /nl/articles/2011/29/news038.jpg 『クッキングパパ』塩盛りサラミを酒で流し込む“内臓破壊飲み”回話題に → 公式が即座に無料公開
  9. /nl/articles/1907/22/news088.jpg 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  10. /nl/articles/2011/29/news002.jpg ゾンビになったおじいちゃん(享年22歳)が孫のためにがんばる 笑えてホロリとくるコメディ漫画がステキ