ニュース
» 2013年11月21日 01時10分 公開

大河原邦男デザインの超小型EVカー なんか未来チックでかっこいいぞ!

スペインの超小型EVカー「Hiriko」の国内版が東京モーターショーで公開に。デザインはなんと……大河原邦男さん!

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 アニメ「機動戦士ガンダム」のモビルスーツデザインなどで知られる、メカニックデザイナーの大河原邦男さん。11月23日から12月1日まで開催される「東京モーターショー 2013」のHiriko.JPブースでは、大河原さんがデザインした超小型EVカー「Hiriko」のコンセプトカーが展示されている。


画像 こいつはかなりかっこいいぞ!

 Hirikoはマサチューセッツ工科大学が開発し、スペインのバスク地方で製造されている都市型2人乗り電気自動車。駐車場などで車体を折りたたんで駐車できる特徴を持ち、スペインでは2013年から1万2000ユーロ(約160万円)で市販されている。


Acuerdo entre Deutsche Bahn (DB) e Hiriko from HIRIKO Driving Mobility on Vimeo.



画像 スペイン発の超小型EVカー「Hiriko」

 日本では現在、国内企業のフォー・リンク・システムが新潟県と協力し、日本の公道でも走れるよう国内規格に当てはめたHirikoの「新潟モデル」を開発中。同時に、メディアミックスなどで新潟モデルを人々に浸透させる事業「みらいプロジェクト」を進めている。


画像 東京モーターショーでは、新潟モデルのデザインがコンセプトカーとして初公開された

 新潟モデルの車両デザインは、みらいプロジェクトに参加するという形で大河原邦男さんが担当した。デザインコンセプトは「表情を持ったクルマ」で、新潟モデルをただのクルマではなく、1つのキャラクターとして表現するよう心がけたそうだ。


画像 大河原さんがデザインを手がけた、新潟モデルのHiriko

画像画像 このデザインをベースに、日本の公道を走るためのHirikoの設計が着手されている

 みらいプロジェクトの出展は今回のモーターショーが初めてで、大河原さんデザインの会場のコンセプトカーも今回が初公開。このデザインをベースに、すでに新潟モデルの設計はスタートしており、商品化を目指して2014年の夏までに実証実験を行う予定だ。


画像画像 ブースはほかにも大河原さんに関わる展示スペースも


 このほかプロジェクトはカルチャー・ジャパンのマスコットキャラクター「末永みらい」ともコラボしており、ブースでは新潟モデルのイメージコスチュームを着た末永みらいも見られる。また11月24日午後2時からは、大河原さんとカルチャー・ジャパン代表取締役のダニー・チューさん、日本自動車文化振興会理事長・小畑正好さんの3人によるトークイベントも実施される予定だ。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン