ニュース
» 2013年11月21日 22時45分 公開

日々是遊戯:インディー格ゲー「EF-12」がSteam GreenLightに登場 さらにバーチャルカジノ「Salty Bet」の競技種目に

これで海外産キャラがどかっと増えてくれるといいなぁ(ポワワ)。

[池谷勇人,ねとらぼ]

 以前ねとらぼでも紹介した、インディー格闘ゲーム「EF-12」が、11月21日よりSteam GreenLightに登場しています。まだ正式リリースではありませんが、今後ユーザー投票で一定の支持が集まれば、正式にSteam配信タイトルとしてリリースされる見込み。


 「EF-12」は簡単に言えば「究極の3D格闘ゲームツクール」。ユーザーが自由にキャラクターやAIを作成・カスタマイズできるのが特徴で、ある程度の知識や環境さえあれば、完全オリジナルのキャラクターを作ったり、どこかで見たようなキャラクターを再現したりすることもできます。2D格闘ゲームの分野では「M.U.G.E.N」というツールがすでにあり、ニコニコ動画などでも人気を博していますが、その3D版と言えば分かりやすいかもしれません。

画像画像画像 EF-12のゲーム画面

 またSteam GreenLight登録と合わせて、海外サイト「Salty Bet(ソルティベット)」にも、11月21日(日本時間では11月22日)よりEF-12が登場する予定です。

 Salty Betは上記「M.U.G.E.N」を使ったバーチャルカジノサイト。サイトでは常時AIによる対戦が行われており、視聴者はどちらが勝つか予想し、バーチャルマネーを賭けて遊ぶことができます(※リアルマネーへの換金は不可)。今後EF-12は週1回、イベント大会という形で登場。SaltyBetは常時1000〜1500人ほどが視聴している人気サイトで、Steam Greenlight登録と合わせて、知名度アップに大きく貢献してくれそうです(第1回イベントは日本時間で11月22日午前11時から)。

画像 Salty Betのホーム画面。中央のウインドウでは常時2人のAIキャラが対戦中

 EF-12は公式サイトおよびPLAYISMで無料配信中。この機会にキャラクターを作成して、Salty Betで世界デビューを目指してみるのもアリですよ!

画像画像

画像画像 最新アップデートでこんなデカキャラも作れるようになったみたいですよ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン