ニュース
» 2013年11月22日 19時29分 公開

立体彫刻アスカの短刀、大迫力のロンギヌスの槍 「エヴァンゲリオンと日本刀展」で匠の技術に酔いしれた

エヴァと伝統技術の融合を目撃せよ!

[ねとらぼ]

 全国の刀匠たちがエヴァンゲリオンの世界を日本刀で表現する展示会「エヴァンゲリオンと日本刀展」がいよいよ11月23日、東京でお披露目となる。作品に登場した槍や刀剣、作品からインスピレーションを受けた一振りなどを間近で見られる。特に全長332センチのロンギヌスの槍やアスカを立体彫刻した短刀は圧巻。エヴァと伝統技術の融合を会場の上野の森美術館で見てきた。

画像 エヴァンゲリオンレーシングのレースクイーンの皆さんとロンギヌスの槍
画像
画像

 さっそくロンギヌスの槍からご紹介しよう。これは最初に2本の刀身を製作し、それぞれに柄をつなげてねじるという手順で製作された。工房におさまりきらないサイズだったため、工房そのものを作り直して完成させたのだとか。注目は刀部に浮き出した「綾杉肌」と呼ばれる模様。ぜひ会場で見て欲しいのだが、波のような曲線が重なりとても美しいのだ……! ねじり部分の力強さも必見。

画像 二重らせん構造です。職人が2人がかりでねじるらしい
画像 360度の角度から見られるのは今回が初!
画像 ロンギヌスの槍の設計書

 作品に登場する武器としてはほかにも、映画「破」本編で使用されたデザインを忠実に再現した「プログレッシブナイフ剣型<角>」や、同作のメカニックデザイナー山下いくとさんの設定画に存在する“幻のプログレッシブナイフ”を実物化した「プログレッシブナイフ剣型<丸>」などを展示。エヴァのアナザーストーリー「エヴァンゲリオンANIMA」に登場する武器「カウンターソード」や「ビゼンオサフネ」をイメージした日本刀もある。

画像 プログレッシブナイフ剣型<角>
画像 プログレッシブナイフ剣型<丸>
画像 カウンターソード
画像 ビゼンオサフネ
画像 エヴァンゲリオンANIMAに登場するマゴロクソードはこんな感じに

 キャラクターそのものを刀で表現した作品も見逃せない。「弐号機仕様 短刀<式波・プラグスーツ>」は「欄間透かし」という高等技術で刀身にプラグスーツ姿のアスカを立体彫刻した。これを作ることができる職人は国内で数えるほどしかいないという。朱色の拵(こしらえ)には漆でNERVマークを“一発勝負”で描き上げた。職人すごすぎる……。

画像 弐号機仕様 短刀<式波・プラグスーツ>。漆で描いたNERVマークにも注目
画像 アスカの立体彫刻すごすぎる
画像 マリのプラグスーツをイメージした「真希波マリ プラグスーツ仕様 短刀」
画像 「零号機仕様 脇指<龍と槍>」は零号機を刀で表現。漆で山吹色を再現するのはとても難しいそうです
画像 「初号機仕様 脇指<序・破・急>」は初号機をイメージした深い紫。「序破急」の文字が刀の各部に彫り込まれている

 東京会場で初お披露目となるのは「綾波レイ仕様 刀」。レイの白いプラグスーツや「エヴァンゲリオンとのハーモニクス」をモチーフに作ったもので、照明や見る角度によって変わる曲線はキャラクターの心の動きを再現しているのだという。同じフロアには「渚カヲル仕様 刀」も。海をイメージした青い拵(こしらえ)が印象的だ。

画像 綾波レイ仕様 刀
画像 渚カヲル仕様 刀
画像 「エヴァンゲリオン初号機型 兜」
画像 山下いくとさんによる完全オリジナルの刀剣も製作中
画像 完成は2014年11月。どのように作られていくのか過程を見せる狙いがあるそうです
画像 日本刀の歴史を紹介するコーナーもありました

 展示会は12月23日まで。開館時間は午前10時〜午後5時。入場料は当日券の一般が1000円、大学・高校生が800円、中・小学生が600円。前売券の価格はそれぞれ200円引き。作品の名場面を海洋堂のフィギュアを使って再現する展覧会「海洋堂エヴァンゲリオンフィギュアワールド」も同時開催。入場料は一般が500円、大学・高校生が400円、中学・小学生が300円。前売券の価格はそれぞれ100円引き。

画像 海洋堂エヴァンゲリオンフィギュアワールドも注目
画像
画像
画像
画像

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2007/13/news009.jpg 犬「わーい!」飼い主「あああああ!!!」 全力で泥水に突っ込むゴールデンレトリバーに絶叫する飼い主が面白い
  2. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. /nl/articles/2007/11/news038.jpg 「これは神の料理ですか!?」 レンジで作る「豚肉と大葉の茄子サンド」がうますぎて無限ビール案件
  4. /nl/articles/1809/03/news057.jpg 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. /nl/articles/2007/12/news005.jpg 子猫におっぱいをあげるオス猫さん……! 子猫がやってきて母性が目覚めた猫ちゃんのエピソードにほっこり
  6. /nl/articles/2007/12/news038.jpg 査読時に「ポンコツ博士でごめんね」と泣く 論文が受理されるまでの苦悩描いたパネル「ろんぶんができるまで」が学者あるあるで泣けて笑える
  7. /nl/articles/2007/12/news028.jpg 総額いったい何十億円だこれ!? 米クルマ好きおじさんが公開したガレージがドリームすぎる 億超えスーパーカーずらり
  8. /nl/articles/2007/13/news127.jpg 「お前を消す方法」でおなじみの“Excelイルカ”、最新版でも予想外の場所で生存が確認される 「なつかしい」「再雇用枠か」
  9. /nl/articles/2007/13/news002.jpg 子どもにジュース買おうとしたら「わたしたち無課金勢なので」と断られる 善意が理不尽となって返ってくる「耐え子の日常」ー子ども&動物編ー
  10. /nl/articles/2007/12/news007.jpg 愛猫と「何かが通じた…!」と感じる瞬間 猫との会話を楽しむ飼い主の漫画に共感の嵐