ニュース
» 2013年11月28日 18時32分 公開

竜ちゃんのお城が丸見えやないかー! スマホ版「ドラクエ」ここがガッカリ編集部通信

11月28日から“先着100万人無料”で配信開始された、スマホ版「ドラゴンクエスト」。もう遊びましたか?

[池谷勇人,ねとらぼ]

 スマホ版「ドラゴンクエスト」を遊んでみました。昨夜(11月28日)の午前0時ごろから配信されていたようで(関連記事)、日付が変わったあたりから、Twitterのタイムラインが「ドラクエもう落とせる」「まだ無料で落とせた!」「懐かしい!」といったツイートで埋まり、時間が経つにつれて「なんか操作しにくい!」「バーチャルパッドもうちょっとどうにかならなかったのか」「半歩移動じゃなくて1マスずつ移動でよかったんじゃないの」とか、だんだんUI(ユーザーインタフェース)への文句にシフトしていくのが面白かったですね。中身はともあれ、この「お祭り感」はまさに「ドラクエ発売日」っぽくて、最初はビックリした「100万ダウンロードまで無料作戦」に見事してやられた感じです。





当時の僕にはそう見えてたんです

 さて、今回のドラクエですが、操作面への文句・苦言はもう散々出尽くしてると思うので省略するとして、僕が最大級にガッカリしたのが、「ラダトーム城からフィールドに出た瞬間」でした。


画像 ラダトーム城からフィールドに出たところ

 なんということでしょう、この画面の汚さ!

 いや、バーチャルパッドが目立つのは僕が設定で「大」にしてるせいなんですが、それにしても右半分のグチャグチャっぷりがひどい。おまえこれ、竜ちゃんのお城が丸見えやないかー!


なぜ竜王の城が「丸見え」ではいけないのか

 ドラクエを作った堀井雄二さんは、当時ドラクエではじめてRPGに触れるファミコンユーザーのために、いろんな仕掛けをゲーム内に散りばめていました。「ラダトームの城を出ると、画面右下に竜王の城が見える」というのもその仕掛けの1つ。つまり、プレイヤーが冒険の出発点に立った時、同時に冒険のゴールも目に入るようにしたわけですね。

 特にそれが効果的だったのはやっぱりファミコン版で、画面が今よりもっと狭かったのが幸いして、竜王の島は海の向こうにチラッと見えるだけだった。それがちょうど、さながら霧の向こうにかすんで見えるような印象を与えていて、「いつかあそこへ渡る時がくるのかなぁ」という冒険の予感を、ますますかき立ててくれたわけです。


画像 ファミコン&スーパーファミコン ドラゴンクエストI・II・III公式サイト」より、ファミコン版のラダトーム城と竜王の城(写真右)

 iPhone版は画面がタテにぐっと広くなり、フィールドやダンジョンをより遠くまで見渡せるようになりました。それ自体はむしろ「改善」点なんですが、竜王の島が、チラッとどころか「丸見え」なのはやっぱり興ざめしてしまうなあ、と感じてしまった次第です。竜王の城は、やっぱり「丸見え」じゃなくて「チラ見え」がいい。マップ表示ボタンやコマンドボタンといったUI群にまぎれて、一番注目してほしいはずの「ゴールの目印」が埋もれちゃってるのもなんだか惜しい。

 もののついでに言っておくと、ドット絵ゲーをスマホやHD機で出す時は、せめてドットの大きさは統一してほしい。画面はパキパキのドット絵なのに、メニューやフォントはやたら滑らかとか、そういうのいいかげんやめませんか! あと、中途半端な倍率で拡大してるせいでドットがつぶれてて気持ち悪いとか、戦闘シーンの背景だけボケてて気持ち悪いとかゴニョゴニョ……。

 以上、ドラクエを愛するおっさんゲーマーの気持ち悪いたわごとでした。


画像 なーんか、このドットのつぶれ具合も気持ち悪いんですよね……

(C)1986, 2013 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SPIKE CHUNSOFT/SQUARE ENIX All Rights Reserved.


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」