ニュース
» 2013年12月01日 17時00分 公開

温泉街に響く初音ミクの美声 イベント「TRANS CITY FEAT. HATSUNE MIKU」開幕

温泉街・別府で初音ミクのコラボイベント「TRANS CITY FEAT. HATSUNE MIKU」が始まった。現地へ飛んでイベントの模様に迫った。

[Tokyo Otaku Mode]
tokyoOtakuMode

 初音ミクと日本でも有数の温泉街・別府のコラボレーションイベント「TRANS CITY FEAT. HATSUNE MIKU」が2013年11月15日に開幕した。初音ミクの販売元であるクリプトン・フューチャー・メディアの地元、札幌以外の地方都市とのコラボレーションイベントは非常に珍しく、大規模な特設会場や、オープニングイベントのプロジェクションマッピングや会期が2カ月と長丁場であることなどの特徴から、開催前からファンからの期待感も高かった。今回、現地へ飛んでイベントの模様に迫った。

 取材に訪れた2013年11月18日、天気は曇り。いよいよ冬場に差し掛かってきたとあって、頬に当たる風は冷たく、時折差し込む日差しなしではかなり肌寒い。

 会場となったB-conプラザの特設会場には超巨大なドームが3つ。イメージ図から大体の様子は想像していたものの、実際に目の当たりにすると圧倒的な存在感だ。なかでも、最大のドームは直径70フィートと迫力満点。内側は全天スクリーンとなり、視界すべて覆うほど巨大な映像が、初音ミクの美声とともに映しだされる。

 ドーム内は土足厳禁。特製のクッションを枕にして寝そべるスタイルで、じっくり鑑賞することができる。

ミクカラーのクッションが最高の鑑賞体験をサポート
視界全体が美麗な初音ミクのミュージックビデオで埋め尽くされる至福の時間だ。

 併設された2つのドーム内では、初音ミクに関する楽曲・イラストなどのコンテンツが多数紹介される展示スペースと、イベントオリジナルグッズの販売コーナーがそれぞれ展開されている。

初音ミク以外にもリン・レン、ルカにMEIKOとKAITOも全員勢ぞろい。記念撮影にはベストなポイントの1つだ
ドーム内で流れる全楽曲を収録した特別CDは、おみやげとしても大人気!

 ドーム場外は、オープンスペースで、当イベンド仕様にラッピングされた特別車や、イベント名ともなった「TRANS CITY」の住民となるための登録を行うコーナー、屋台スペースが常設されている。

各地でイベントの宣伝を実施するプロジェクションカーも……
町中を走るバスもTRANS CITY仕様に!
1795番の住民登録カードをゲット! 登録者にはバッジもプレゼントされる
屋台スペースで注文。別府地獄ソースをかけたたこ焼きに、特別にネギをかけてもらった。これで別府と初音ミクのコラボレーションが実現!?

 夜になると会場のイメージは一変する。会場のいたるところがライトアップされ、幻想的な世界が現れる。また、各所に設置されたタッチパネルを操作して、イルミネーションのカラーを自由に操作することもできた。

寒さに負けず、熱狂的なファンが夜にも集まる!
レーザーで表示される「TRANS CITY」のロゴに注目
会場のイルミネーションを操作して、自分好みの雰囲気にできちゃう!?

 そして、おまちかねのプロジェクションマッピングが19時から、イベント会場すぐ隣の山の手中学校で行われた。平日の夜にもかかわらず、校庭には、今か今かと上映を待ちわびる人だかりができ、その中には年配のご夫婦や小さなお子さん連れの家族客も数多く見受けられた。上映が始まると、観客の視線すべてが、校舎外壁へと注がれ、近所の中学生たちであろう子どもたちは、刻々と姿を変える慣れ親しんだ校舎の姿に、驚きを隠せないようだった。最後には大きく「TRANS CITY」のロゴが浮かび上がり、約20分の公演は終了。

 イベントを取材して感じたのは、初音ミクという歌姫は、すでにニコニコ動画などのコアなファン層だけでなく、老若男女、幅広い人々から支持を集めていることだ。この仮想都市「TRANS CITY」でしか味わえない興奮を求めて、すでに遠路はるばる訪れている人もいる。これから行楽シーズン本番となり、早くも来年以降の歩みが楽しみだ。

 温泉と初音ミク、その両方が好きなら絶対に楽しめる当イベント、冬休みの旅行の選択肢にぜひとも入れてみてほしい。

TRANS CITY FEAT. HATSUNE MIKU

  • 開催期間:2013年11月15日(金)〜2014年1月15日(水)
  • 開催場所:別府市内 B-conプラザ特設会場
  • 参加費:無料

注:プロジェクションマッピングは11月15日〜11月19日の5日間のみ実施

公式サイト

illustration by Osamu, Asakura, △○□×, maako, KEI

designed by TREE

Art Direction by Aono.Y / 3D modeled by mqdl

(c)Crypton Future Media, INC. www.piapro.net

英文記事:Hatsune Miku’s Angelic Voice Echoes Through an Onsen Town - The Event “Trans City feat. Hatsune Miku” Begins

© Tokyo Otaku Mode Inc.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる