ニュース
» 2013年12月20日 09時22分 公開

艦これ提督的ウォーゲーム要務令「珊瑚海キャンペーン」編ボードウォーゲームでも資源が大事!(1/2 ページ)

艦これの秋イベント「決戦! 鉄底海峡を抜けて!」が終わってもうすぐ1カ月。「資源が溶けるか! 攻略できるか!」の興奮と苦悩がボードウォーゲームでよみがえる!

[長浜和也,ねとらぼ]

普通の社会人でも鉄底海峡を目指せるウォーゲーム

 熱狂と狂気のイベントが終わって、艦これ海域もいつもの落ち着きを取り戻しつつあるものの、イベント攻略のために“海軍逸話”をあれこれ調べているうちに、「俺だったら戦力の逐次投入なんて愚策はしないね」とか「ガダルカナルの飛行場があと1週間でも早くできていたら」とか思うようになって、「あー、俺が連合艦隊を率いて米帝艦隊を撃破して鉄底海峡を突き抜けてー!」と思い至っている提督も少なからずいるんじゃなかろうか。

 そういう「史実のソロモン諸島を巡る戦い」に興味がある艦これ提督諸氏には、ボードウォーゲームで連合艦隊を率いて戦っていただきたい。タイミングよく、12月20日に発売した専門誌「コマンドマガジン」114号にボードウォーゲーム「珊瑚(さんご)海キャンペーン」が付録としてついてくる。

「珊瑚海キャンペーン」はコマンドマガジン114号の付録ウォーゲームだ

 「ウォーゲームって、やたら複雑なルールでやたら時間がかかる廃人限定」と考える艦これ提督も依然として少なくないが、幸いにして珊瑚海キャンペーンは、すでに紹介している空母戦のボードウォーゲーム「日本機動部隊」と同じく、比較的シンプルなルールで4時間程度でゲームが終わることを目指してゲームをデザインしている。モノポリーよりやや時間はかかるが、それでも、休日にランチを食べた後から始めても夕方には終わるので、ゆったりとゲームを楽しみたい「ごく普通の社会人」でも無理なく最後までできる。

 太平洋戦争の海戦に詳しい艦これ提督の中には、ゲームタイトルを目にして「ああ、これ、1942年の5月に発生した珊瑚海海戦のウォーゲームでしょ」と考えるかもしれない。確かに開始時期は1942年の4月あたりを想定しているが、1つの空母戦だけではなく、その後、半年以上も戦うことになるニューギニアやソロモン諸島を巡る一連の長期的な「キャンペーン」(日本語ルールで「戦役」と訳している)をカバーする。まさに「鉄底海峡を抜けて、その先に進撃できるのは日本軍か? それとも、深海棲……いや、米帝軍か?」という秋イベントを踏襲する流れでほぼ1年間を戦い抜くことになる。

マップは鉄底海峡があったガダルカナル島を中心に北はラバウル、ニューギニア、南はヌメアまでをカバーする

「翔鶴」「瑞鶴」「金剛4姉妹」に「陸奥」まで登場

 珊瑚海キャンペーンに登場する日本艦隊の面々は、ソロモン海の空母戦でおなじみの「翔鶴」「瑞鶴」の正規空母コンビに「龍驤」「瑞鳳」の軽空母コンビ(残念「祥鳳」は出ず)、「金剛」「榛名」コンビに「比叡」「霧島」コンビの高速戦艦4姉妹、そして、ツウなことに「陸奥」が艦名入りで登場する。ほかに、名前はないが(シルエットで分かるが)重巡洋艦戦隊ユニットに軽巡洋艦主体の水雷戦隊ユニットと、いずれも2隻1ユニット、1戦隊1ユニット扱いになっている。

 ただ、ゲームルールの上、軍艦の種類は「空母」「主力艦」「軽艦艇」の3種類しかない。空母は航空攻撃ができて、主力艦は砲撃戦に強く、軽快艦艇が夜戦に役に立つのは、艦これの“肌感覚”と似ている。さらに、艦艇ユニットの数も日本軍で13個と少なく、かつ、その一部は増援として後からやってくるので、一度に指揮する数はさらに少なくなって把握しやすい。

 艦これ提督には意外と思うかもしれないが、珊瑚海キャンペーンでは、陸軍ユニットが多数登場する。1個連隊1ユニットで、ほぼ4個師団分の戦力を用意している。駒としては海軍より陸軍が多かったりする。

 珊瑚海キャンペーンで勝利するには、敵軍艦を沈めるほかに、敵拠点を陸軍で占領する必要もあり、それだけに、「陸軍を海軍部隊で護衛して輸送して」「迎撃してきた敵艦隊を航空攻撃や砲雷撃戦で撃退して」「敵飛行場を艦砲射撃で撃破して」「敵基地に無事陸軍上陸させて攻略する」ことが重要になってくる。このあたりは、艦これもさることながら、太平洋戦争であった作戦の仕組みを忠実に再現している。

珊瑚海キャンペーンに登場する艦娘、いや、艦艇のユニット(一部)。一航戦と二航戦の彼女たちは登場しない

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/11/news068.jpg がん闘病の秋野暢子、手足の浮腫みで“見たこともない体重”に 抗がん剤の副作用を「しっかり受け止めます」
  2. /nl/articles/2208/11/news060.jpg 研ナオコ、長女の誕生日に面影感じる“母娘”ショット 「そっくりな娘さん!」「大人になりましたね」
  3. /nl/articles/2208/10/news172.jpg 朝日奈央が結婚、お相手との肩組み2ショット公開 「これから家族として、沢山の景色を一緒に見にいける事がとっても楽しみ」
  4. /nl/articles/2208/10/news023.jpg 生まれつき前足のない柴犬、おやつの前に…… “お座り”ができるようになった姿に「命ってスゴい」「ウルウルした」と感動の声
  5. /nl/articles/2208/11/news010.jpg 水浴び中の野生の水牛を発見、撮影していたら…… 突然振り返った行動に撮影者が大慌て!【豪】
  6. /nl/articles/2208/11/news064.jpg 岩崎宏美、長男の結婚を“新婚ホヤホヤ2ショット”とともに報告 「しっかりね!! ずっと仲良しでね!!」とエールを送る
  7. /nl/articles/2208/11/news063.jpg 高橋真麻、第2子妊娠を生発表 6月に“激痩せ”姿が話題になるも「どうやら体質のようです」「理由が言えなかった」
  8. /nl/articles/2208/10/news174.jpg 坂上忍、余命数カ月の“13男”・平塚コウタに「奇跡」 転移した腫瘍消失で喜びあらわ 「先生もビックリしてて」
  9. /nl/articles/2208/11/news059.jpg 旦那大好きだな! 藤本美貴、夫・庄司智春との“ペアルック夫婦”ショットが超ラブラブ「幸せが伝わってきます」
  10. /nl/articles/2208/10/news202.jpg イモトアヤコ、親友・北川景子の36歳バースデーをフライング祝福 お互い母になるも関係変わらず

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい