ニュース
» 2013年12月20日 14時08分 公開

ぐんまー!:群馬県が協力したご当地ライトノベル「“世界最後の魔境”群馬県から来た少女」1月発売

群馬から転校してきた女の子は、群馬県による世界支配を目論んでいた――ってんなあほな。

[ねとらぼ]

 群馬県が協力したライトノベル「“世界最後の魔境”群馬県から来た少女」(著:日下 一郎/イラスト:6U☆)が1月17日にPHP研究所のスマッシュ文庫から発売される。群馬県の名所やグルメ、あるあるネタが登場する“ご当地”ライトノベルとなっている。価格は660円。


画像 カバーの少女の魔境から来たっぷりがはんぱない

 ストーリーは、世間に「田舎」「秘境」と言われる群馬県による世界支配を目指し、少女が群馬県から東京の学園に転校してくるもの。少女は世界支配計画で次々と騒動を巻き起こし、やがて世界を破滅させた邪神「群馬王」の復活をめぐって大バトルが勃発する――といったファンタジー小説だ。

 群馬県は、登場する群馬の方言・上州弁が正しいかなどをチェックしたり、県のマスコットキャラ・ぐんまちゃんの使用を許可したりして作品に協力。「公認」ではなく「協力」という肩書きについて担当編集者は「県は群馬が魔境であるとは認めていないので、『公認』まではできないと県から言われました」とのこと。

 またタイトルに県名を入れ、県庁からお墨付きまでもらったようなご当地ライトノベルはおそらく本作が初めてだそうだ。


関連キーワード

ご当地 | ライトノベル | PHP研究所 | ネタ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2007/13/news009.jpg 犬「わーい!」飼い主「あああああ!!!」 全力で泥水に突っ込むゴールデンレトリバーに絶叫する飼い主が面白い
  2. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. /nl/articles/2007/11/news038.jpg 「これは神の料理ですか!?」 レンジで作る「豚肉と大葉の茄子サンド」がうますぎて無限ビール案件
  4. /nl/articles/1809/03/news057.jpg 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. /nl/articles/2007/12/news005.jpg 子猫におっぱいをあげるオス猫さん……! 子猫がやってきて母性が目覚めた猫ちゃんのエピソードにほっこり
  6. /nl/articles/2007/12/news038.jpg 査読時に「ポンコツ博士でごめんね」と泣く 論文が受理されるまでの苦悩描いたパネル「ろんぶんができるまで」が学者あるあるで泣けて笑える
  7. /nl/articles/2007/12/news028.jpg 総額いったい何十億円だこれ!? 米クルマ好きおじさんが公開したガレージがドリームすぎる 億超えスーパーカーずらり
  8. /nl/articles/2007/13/news127.jpg 「お前を消す方法」でおなじみの“Excelイルカ”、最新版でも予想外の場所で生存が確認される 「なつかしい」「再雇用枠か」
  9. /nl/articles/2007/13/news002.jpg 子どもにジュース買おうとしたら「わたしたち無課金勢なので」と断られる 善意が理不尽となって返ってくる「耐え子の日常」ー子ども&動物編ー
  10. /nl/articles/2007/12/news007.jpg 愛猫と「何かが通じた…!」と感じる瞬間 猫との会話を楽しむ飼い主の漫画に共感の嵐