ニュース
» 2013年12月20日 14時08分 公開

群馬県が協力したご当地ライトノベル「“世界最後の魔境”群馬県から来た少女」1月発売ぐんまー!

群馬から転校してきた女の子は、群馬県による世界支配を目論んでいた――ってんなあほな。

[ねとらぼ]

 群馬県が協力したライトノベル「“世界最後の魔境”群馬県から来た少女」(著:日下 一郎/イラスト:6U☆)が1月17日にPHP研究所のスマッシュ文庫から発売される。群馬県の名所やグルメ、あるあるネタが登場する“ご当地”ライトノベルとなっている。価格は660円。


画像 カバーの少女の魔境から来たっぷりがはんぱない

 ストーリーは、世間に「田舎」「秘境」と言われる群馬県による世界支配を目指し、少女が群馬県から東京の学園に転校してくるもの。少女は世界支配計画で次々と騒動を巻き起こし、やがて世界を破滅させた邪神「群馬王」の復活をめぐって大バトルが勃発する――といったファンタジー小説だ。

 群馬県は、登場する群馬の方言・上州弁が正しいかなどをチェックしたり、県のマスコットキャラ・ぐんまちゃんの使用を許可したりして作品に協力。「公認」ではなく「協力」という肩書きについて担当編集者は「県は群馬が魔境であるとは認めていないので、『公認』まではできないと県から言われました」とのこと。

 またタイトルに県名を入れ、県庁からお墨付きまでもらったようなご当地ライトノベルはおそらく本作が初めてだそうだ。


関連キーワード

ご当地 | ライトノベル | PHP研究所 | ネタ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2104/15/news130.jpg ソフトクリームを機械から直接口へ―― 焼肉店アルバイトが「不適切動画」投稿で炎上
  2. /nl/articles/2104/12/news082.jpg 「え!? 来週から…出社…ですか?」 リモートになって念願の猫をお迎えした人が“退職願”を出す漫画がやさしい世界
  3. /nl/articles/2104/15/news069.jpg いったい何があったんだ 「ガンバレルーヤ」よしこ、チーママ時代の姿が食い違いすぎて「ほんとに誰?」なレベル
  4. /nl/articles/2104/16/news013.jpg 飼い主「それはムリでしょ……」 明らかにサイズオーバーの箱に入ってドヤ顔しちゃう猫ちゃんがかわいい
  5. /nl/articles/1908/27/news096.jpg 化粧でだいぶ変わるな! 「ガンバレルーヤ」よしこ、ドラマ出演で普段と180度違う姿を披露
  6. /nl/articles/2104/16/news148.jpg 改札にかざすとクウガやファイズに変身! SuicaやPASMOがライダーベルトに変わる「PIICA」、プレミアムバンダイで予約受付中
  7. /nl/articles/2104/16/news129.jpg 「いつでも“GetWild退勤”できるボタン」が商品化 押すと状況に合った曲が流れるカプセルトイ、5月下旬発売
  8. /nl/articles/2104/17/news036.jpg ガンプラ用の塗装ペン「ガンダムメッキシルバー」がピカピカに塗れてすごいと話題 プラスチック製スプーンが塗っただけで輝く!
  9. /nl/articles/2104/17/news003.jpg 猫「ぎゃああああ!!!」 元ボス猫が謎のおもちゃにビビって逃げる姿に「最強の猫よけおもちゃ」と笑いが集まる
  10. /nl/articles/2104/15/news090.jpg 「似合っててカッコいい」 ゆりやん、金髪へのイメチェンでクールなキメ顔 38キロ減の快挙には「全然まだ太い」と本音も