ニュース
» 2014年01月06日 10時00分 公開

「エレベータの中で人と目が合う」あの気まずさを避けるゲームが開発される

視線追跡技術も使って、本格的。

[ねとらぼ]

 エレベータで知らない人と乗りあわせて目が合ったら、なんとなく気まずく感じてしまう――そんな人もいるのではないでしょうか。エレベータの中で人と目を合わせないという変わったゲームをイギリスの学生が開発しました。

 「Avoidance Training」は、カメラで人間の視線の動きを追跡するシステムを使っています。プレイヤーは画面に写ったエレベータの同乗者と目を合わせないようにします。目があってしまうとゲームオーバー。これで訓練すれば、実際にエレベータに乗った時に気まずい思いをしないで済むかも? ゲームの配布はしていないようですが、ちょっとプレイしてみたいですね。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10