ニュース
» 2014年01月08日 11時33分 公開

こんな動きのロボットは見たことねぇ! 「AR.Drone」の会社が作った新製品が面白い何このジャンプ力

スマホで操作できる飛行型ドローン「AR.Drone」のパロットが、陸空両対応の「Minidrone」と虫みたいにジャンプする「Jumping Sumo」を発表。生き物みたいに動くぞ!

[ねとらぼ]

 スマホで操作できる飛行型ドローン「AR.Drone」を販売しているParrotが、米ラスベガスで開催中の「2014 International CES」に新型ドローンを出展しました。陸空両対応の小型モデル「Minidrone」と、まるでバッタのようにジャンプする「Jumping Sumo」です。発売は2014年内を予定し、スペックの詳細などはまだ明らかにされていませんが、紹介動画で新製品のユニークな動きを確かめられますよ。

photo 手前がJumping Sumo、後ろがMinidrone

 MinidroneはAR.Droneの弟分といった雰囲気で、手のひらサイズのクアッドリコプター(4翼ヘリコプター)となっています。ボディの左右に脱着可能な軽量ホイールを備えており、これで地面を走ったり壁や天井に沿って移動したりできるんだとか。省電力性に優れた無線規格であるBluetooth Low Energyでスマートフォンと連携し、操作が可能になります。AR.Droneが発売された当初は優れた姿勢制御に注目が集まりましたが、今回のMinidroneは「プロ向けの無人機」に負けない安定飛行が可能だそうですよ。AR.Droneと違って前方カメラがなかったりと、機能はシンプルになっているようです。

photo こちらがMinidrone。ちっちゃい!

 Jumping Sumoは、これまでのAR.Droneシリーズとは違った陸上型のドローンです。ボディの左右に備えたホイールで走行し、90度ターンなどにも対応します。そしてボディのおしりにある装置で、最大80センチの高さまでジャンプが可能。まるでバッタのように天高く飛び上がり、障害物を飛び越えたり、地面から机などの高い位置へと移動できます。こちらはカメラを搭載しているので、ドローン視点での操縦も可能。紹介動画では、物を保持する装置のようなものでお菓子をつかみ、ご主人様のもとへと持ち帰る様子が撮影されていました。アイデア次第でいろんな遊び方ができそうです。

photo なんだか虫っぽいJumping Sumo
photo ジャンプするぞ!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる