ニュース
» 2014年01月08日 11時33分 UPDATE

何このジャンプ力:こんな動きのロボットは見たことねぇ! 「AR.Drone」の会社が作った新製品が面白い

スマホで操作できる飛行型ドローン「AR.Drone」のパロットが、陸空両対応の「Minidrone」と虫みたいにジャンプする「Jumping Sumo」を発表。生き物みたいに動くぞ!

[ねとらぼ]

 スマホで操作できる飛行型ドローン「AR.Drone」を販売しているParrotが、米ラスベガスで開催中の「2014 International CES」に新型ドローンを出展しました。陸空両対応の小型モデル「Minidrone」と、まるでバッタのようにジャンプする「Jumping Sumo」です。発売は2014年内を予定し、スペックの詳細などはまだ明らかにされていませんが、紹介動画で新製品のユニークな動きを確かめられますよ。

photo 手前がJumping Sumo、後ろがMinidrone

 MinidroneはAR.Droneの弟分といった雰囲気で、手のひらサイズのクアッドリコプター(4翼ヘリコプター)となっています。ボディの左右に脱着可能な軽量ホイールを備えており、これで地面を走ったり壁や天井に沿って移動したりできるんだとか。省電力性に優れた無線規格であるBluetooth Low Energyでスマートフォンと連携し、操作が可能になります。AR.Droneが発売された当初は優れた姿勢制御に注目が集まりましたが、今回のMinidroneは「プロ向けの無人機」に負けない安定飛行が可能だそうですよ。AR.Droneと違って前方カメラがなかったりと、機能はシンプルになっているようです。

photo こちらがMinidrone。ちっちゃい!

 Jumping Sumoは、これまでのAR.Droneシリーズとは違った陸上型のドローンです。ボディの左右に備えたホイールで走行し、90度ターンなどにも対応します。そしてボディのおしりにある装置で、最大80センチの高さまでジャンプが可能。まるでバッタのように天高く飛び上がり、障害物を飛び越えたり、地面から机などの高い位置へと移動できます。こちらはカメラを搭載しているので、ドローン視点での操縦も可能。紹介動画では、物を保持する装置のようなものでお菓子をつかみ、ご主人様のもとへと持ち帰る様子が撮影されていました。アイデア次第でいろんな遊び方ができそうです。

photo なんだか虫っぽいJumping Sumo
photo ジャンプするぞ!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.