ニュース
» 2014年01月08日 14時23分 公開

クウェートのオタク事情は? うわさの“コミケの石油王”とアキバの休日してきた海外オタク見聞録

「湾岸諸国で一番濃いオタク」国家・クウェートからコミケにやってきて石油王と騒がれたアクバルさんにインタビューしました。

[松岡洋,ねとらぼ]

 コミックマーケット85で、「アラブの石油王がコミケにやってきた」とうわさになったクウェート人のアクバルさん(実は石油王でなく学生さん)。秋葉原に付き合ってほしいとの連絡があり、半日案内しながらクウェート事情などの話を聞いてきました。

 コミケの会場に民族衣装で現れたアクバルさん、その日のうちに自分の写真がネットで話題になっており、しかも「石油王」という文字が頻繁に現れていたので英語(OIL TYCOON)に翻訳してその意味を理解。じゃあ、秋葉原にもう一度民族衣装で現れたらどういう反応があるか、ということで案内係を仰せつかった次第です。

 待ち合わせしたのはヨドバシAkiba前で、さすがに道中騒がれるだろうということでホテルからタクシーでやってきました。

 しかし、風変わりなものがこれでもかと集積してる秋葉原では、写真を撮られることもなく完全にスルー!

 GUNDAM Cafeのテラスで雑談していると、Google Glassをかけた方が通りがかりしばし技術談話に花が咲きました。ちなみにこの方は横須賀の米海軍に勤務しており、一般ユーザーとして購入したとのこと。秋葉原を散策しながらGoogle Glassで撮影したものを手元のXperiaで見せてくれましたが、これもガジェット好きが集まる秋葉原ならではの光景でしょう。

通りすがりのGoogle Glassユーザー

 この日は暖かかった年末のコミケとはうってかわって冷え込んでおり、寒さをしのぐため場所を移してクウェートの様子などをうかがいました。

石油王と言われたら信じてしまうアクバルさんの貫禄

 アクバルさんは現在大学でビジネスマネジメントを専攻しており、ゆくゆくは石油会社に就職するか、大使になりたいとのこと。ただクウェートでは大臣などの重要ポストは王族、もしくはそれに連なる家系であることが必須で、王族ではないので大使になるのは難しいと話していました。

 しかし話をうかがううちに「伯父が国防次官だった」などという衝撃的な話がポロポロと。国防次官といえば、国防大臣(=王族)を補佐する重要なポストであり、アクバルさんは王族を補佐する部族の、いわゆる「良家の御曹司」なのでした。

 かつて海外に留学していた時も玉の輿を狙って近寄ってくる女性がおり、自分を財布としてしか見ず、しかも2人の子持ちと判明した時にはさすがに「3次元の女性は怖い」と逃げてきたそうです。

 ここで少しクウェートのことを紹介しておくと、もともと過酷な土地で生活するため共同体としての部族の結束が固く、またさまざまな文物をもたらしてくる商隊は貴重な存在であり、それが資源大国となった今も、訪問者を丁重にもてなす文化として伝承されています。海外でもてなした相手がクウェートに行くと、その数十倍のもてなしを受けるとのことで、GUNDAM Cafeでおごった私も期待MAX状態!

 中東地域は過去に欧州列強の植民地だったため、欧州諸国や米国などに対して冷ややかな目で見ているのに対し、日本については、戦後の焼け野原から復興して先進諸国の一角を占めていることに驚き、しかもイスラム教徒が理想とする徳目(勤勉、礼節、約束を守る、など)を日本人が実践しているのを非常に好意的に見ているようです。

 東日本大震災では被災した三陸鉄道の復興支援として車両の購入を援助したり、日本に原油500万バレル(約400億円相当)の無償提供などを行いました。

 クウェートでは膨大な石油収入のおかげで1人当たりGDPは世界トップクラス、大学出の初任給が日本円に換算して約35万円、それに子ども1人あたりの補助金が人数に制限なく出るため、子どもが6人ほどいた場合にはそれだけで月収60万円になるそうです。お金に不自由なく、海外からの労働者をたくさん召使いとして雇い入れているため時間も余っているものの、屋外は暑く、戒律によって娯楽も制限されているため、レストランでの豪遊か友人宅でのパーティーが主な娯楽となっているのです。

 つまり、お金と時間がたっぷりあり、しかも屋内でのひきこもり娯楽という環境=オタク的な土壌がそろっているため、アニメにハマる若い世代も多く、アラブのアニメ事情に詳しい方の話では「湾岸諸国で一番濃いオタク」国家なのだとか。ただ、戒律により女性が肌を露出していたり、暴力的な表現が禁じられているため、アニメの放送や上映などが非常に制限されており、クウェートのオタクたちはDVDなどを入手したり、インターネットでアニメを鑑賞しているそうです。

 アクバルさんを秋葉原に案内している時にも「メイド喫茶いいよね、『会長はメイド様』に出てきたようなところにも行ったよ」とか、「STEINS;GATE」のラボとなった場所を案内すると「おお、あれは本当にあった場所なんだ! 帰ったらもう一回全部見る」などと感激しており、その濃さがうかがえました。

 海外から受け入れている労働者のモラルは高いとはいえず、アクバルさんが秋葉原で買ったオタクグッズも「クウェートの空港でいくつか盗まれると思うけど大丈夫、空港長の父に電話すれば全部戻ってくる」とのこと。石油王じゃないけど、やっぱりすごいよアクバルさん。

 アクバルさん、初の日本をとても気に入っていただけたようです。ホテルに戻るタクシーを見送った時のお言葉は……。

 「来年の冬、またコミケに来ます。石油王として」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/16/news037.jpg 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. /nl/articles/2201/13/news170.jpg 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  3. /nl/articles/2201/17/news109.jpg 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  4. /nl/articles/2201/17/news112.jpg 杏、ロングヘアを20センチの大胆カット 最強の“ショート美女”が完成で「何しても可愛い!」「ますます素敵に」
  5. /nl/articles/2201/16/news032.jpg 「受けて立ちます」 トヨタ・豊田章男社長の「Zには負けませんから」無茶振りに応える各メーカーの反応をまとめた動画が話題に
  6. /nl/articles/2201/17/news033.jpg 犬「帰らぬ!」 雪が大好きな秋田犬、吹雪の中でも帰宅拒否でふんばる表情が「頑固者」でかわいい
  7. /nl/articles/2201/17/news147.jpg 仲村トオルと鷲尾いさ子の長女・美緒、「今くら」でバラエティー初出演 高身長の“サラブレッド美女”として話題沸騰
  8. /nl/articles/2201/16/news034.jpg ビーズソファ「サイズミスって家が埋まった」 ヨギボーで家がギューギューになった光景に「笑い止まらない」「合成かと思ったw」
  9. /nl/articles/2201/16/news009.jpg お風呂大好きな猫ちゃん、待ちきれず湯船に……! 自ら入る姿に猫飼いから「可愛いすぎw」「羨ましい」の声
  10. /nl/articles/2201/17/news038.jpg 1歳弟に大事なおもちゃを汚されてしまった3歳兄、涙を流して部屋を出て行ったが…… 意外な一言にハッとさせられたパパの漫画に反響

先週の総合アクセスTOP10

  1. 東原亜希、高身長の“BIG長女”に「そういえば君はまだ小学生だったのか」 父・井上康生との2ショットに驚きの声
  2. 人気女優の顔じゃない! 川口春奈、ほぼ瀕死のグロッキー状態に心配の声「完全に目がいってます」
  3. 榎本加奈子さん、大魔神・佐々木主浩と“縁起がよすぎる”夫婦ショット 「10代20代と全然変わらない」と美貌に注目も
  4. 村田充、元妻・神田沙也加さんの愛犬を引き取り新生活 “トイレ初成功”で喜びあふれる「おおおおおお!」
  5. TBS「ジョブチューン」炎上で無関係なシェフへの中傷相次ぐ 代表「何年もかけて築いた評価が一瞬で崩壊した」
  6. 渡辺満里奈、新しい“家族”が空へ旅立ち 早すぎる別れに夫・名倉潤も「聞いたことのない声を上げて泣きました」
  7. 「千と千尋の神隠し」地上波放送でジブリ公式が視聴者の疑問に答える神企画再び 「千尋はどうやって最後お父さんとお母さんを見分けたのですか?」
  8. 「鬼滅の有吉?」「コスプレかと!」 有吉弘行、『鬼滅の刃』炭治郎になった“奇跡の1枚”に反響
  9. 水野真紀、30年前の“振袖姿”が絶世の美女 「正真正銘のキレイなお姉さん」「本当に美しい」とファンほれぼれ
  10. 「もうひとつ、ご報告」神田沙也加、父・神田正輝に新たな家族を抱っこしてもらう

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」