ニュース
» 2014年01月08日 16時01分 公開

やしきたかじんさん死去に悲しみの声相次ぐ 「たかじ↑ん」「た↑かじん」イントネーションで議論も

関西では絶大な人気を誇り、「浪速の視聴率男」の異名も。

[ねとらぼ]

 「浪速の視聴率男」とも呼ばれた、タレント・歌手のやしきたかじんさんが1月3日、食道がんのため亡くなっていたことが分かりました。やしきさんの個人事務所、パブリック・インフォメーション・スタイルのサイトでも1月7日、「安らかに天国へと旅立ちました。享年64でした」とコメントを発表。突然の訃報を受けて、ネットには「たかじんさん亡くなったのか…」「歌手としてのたかじん、テレビ番組でのたかじん、最高やったのに、もう見れないと思うと残念で仕方が無い」など、悲しみの声があふれました。


画像 Yahoo!リアルタイム検索では一時、3万6000件を超える投稿が



 政治家・タレントの東国原英夫さんは、「あり得ない。若すぎる。この20年余り、本当にお世話になった」と、享年64歳という若さに驚きを隠せなかった様子。ジャーナリストの田原総一朗さんも「残念です。ショックです」と胸のうちを語りました。他にも多くの著名人が追悼のツイートを寄せており、やしきさんの存在の大きさをあらためてうかがわせました。

 一方、活動拠点が関西だったことから、いまさらながら関西と関東とで知名度や反応が異なることに驚く声も。また、関西では「たかじ↑ん」と、「じ」にアクセントを置いた独特のイントネーションで発音するため、ニュースの「た↑かじん」という発音に違和感を覚えたというコメントも見られました(関西出身の同僚によると、英語の「magazine」と同じイントネーションで発音するのがもっとも近いとのこと)。






 やしきさんは2012年1月に食道がんと診断され、一時は回復し仕事に復帰していましたが、ふたたび体調不良を訴え、昨年5月以降は療養に専念していました。


画像 たかじんのそこまで言って委員会」サイトでも哀悼のコメント

関連キーワード

関西 | 訃報 | 芸能人 | 追悼 | 著名人


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」