ニュース
» 2014年01月08日 16時01分 公開

やしきたかじんさん死去に悲しみの声相次ぐ 「たかじ↑ん」「た↑かじん」イントネーションで議論も

関西では絶大な人気を誇り、「浪速の視聴率男」の異名も。

[ねとらぼ]

 「浪速の視聴率男」とも呼ばれた、タレント・歌手のやしきたかじんさんが1月3日、食道がんのため亡くなっていたことが分かりました。やしきさんの個人事務所、パブリック・インフォメーション・スタイルのサイトでも1月7日、「安らかに天国へと旅立ちました。享年64でした」とコメントを発表。突然の訃報を受けて、ネットには「たかじんさん亡くなったのか…」「歌手としてのたかじん、テレビ番組でのたかじん、最高やったのに、もう見れないと思うと残念で仕方が無い」など、悲しみの声があふれました。


画像 Yahoo!リアルタイム検索では一時、3万6000件を超える投稿が



 政治家・タレントの東国原英夫さんは、「あり得ない。若すぎる。この20年余り、本当にお世話になった」と、享年64歳という若さに驚きを隠せなかった様子。ジャーナリストの田原総一朗さんも「残念です。ショックです」と胸のうちを語りました。他にも多くの著名人が追悼のツイートを寄せており、やしきさんの存在の大きさをあらためてうかがわせました。

 一方、活動拠点が関西だったことから、いまさらながら関西と関東とで知名度や反応が異なることに驚く声も。また、関西では「たかじ↑ん」と、「じ」にアクセントを置いた独特のイントネーションで発音するため、ニュースの「た↑かじん」という発音に違和感を覚えたというコメントも見られました(関西出身の同僚によると、英語の「magazine」と同じイントネーションで発音するのがもっとも近いとのこと)。






 やしきさんは2012年1月に食道がんと診断され、一時は回復し仕事に復帰していましたが、ふたたび体調不良を訴え、昨年5月以降は療養に専念していました。


画像 たかじんのそこまで言って委員会」サイトでも哀悼のコメント

関連キーワード

関西 | 訃報 | 芸能人 | 追悼 | 著名人


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2010/24/news035.jpg 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  2. /nl/articles/2010/24/news016.jpg 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. /nl/articles/2010/24/news004.jpg 「うちの子に何するニャ!(怒)」 子猫を守ろうと、父猫にパンチをくらわせる母猫がたのもしい
  4. /nl/articles/2010/23/news160.jpg 「こんな禰豆子は嫌だ」 マンウィズ、満を持して『鬼滅の刃』コスプレ披露 人間の流行にちゃっかり乗ってしまう
  5. /nl/articles/2010/23/news015.jpg 子猫「えいっ、やあっ!(コテッ)」 ぬいぐるみに戦いをいどむ子猫がずっと見ていたくなるかわいさ
  6. /nl/articles/2010/23/news131.jpg 「たまたまそこに居合わせただけ」で死にかけた不運な男 接触事故を起こしたクルマが横転、背後から転がり迫ってくるシーンを捉えた映像が怖すぎる
  7. /nl/articles/2010/23/news021.jpg 「嫌よ!」「個人情報じゃない!」って言わないで なぜ薬局で保険証提示が必要なのかを説明する漫画が分かりやすい
  8. /nl/articles/2010/23/news092.jpg 1年間ケアし続けた“爪”のビフォーアフターが衝撃 「爪の形って変わるの!?」「私もがんばろ」
  9. /nl/articles/2010/24/news008.jpg 猫「はさむのやめろニャ(怒)」 兄猫に顔をホールドされる妹猫の表情がおもしろい
  10. /nl/articles/2010/23/news102.jpg キバvsキング 「ルパンの娘」瀬戸康史&新納慎也の対決実現に仮面ライダーファン歓喜 放送局を超えた猛プッシュに「公式でも言っちゃったよ」