ニュース
» 2014年01月09日 15時45分 公開

学会誌「人工知能」の表紙について人工知能学会が説明 「女性差別」の批判受け

学会誌「人工知能」の女性形ロボットを描いた表紙が「女性差別ではないか」などの批判を受けたことに対し、人工知能学会がコメントを発表。

[ねとらぼ]

 人工知能学会の学会誌「人工知能」の表紙イラストに対して「女性差別ではないか」といった議論がネット上で展開されたことを受け、同学会は1月9日にコメントを発表しました。「不快な思いをされた方々、また人工知能学会を日頃から支援して頂いている関係者の方々に深くお詫び申し上げます」と謝罪した上で、表紙のデザインについて説明しています。

 議論となったのは、誌名の変更をはじめ大幅なリニューアルを施した29巻1号(1月号)の表紙。親しみやすさを意識し、漫画的な女性のイラストを採用したことで、学会誌が「萌えた」と話題になりました。その一方で、女性型のロボットがほうきをもっている、そのロボットが充電ケーブルと思われるものにつながっている、という絵の描写が、「女性蔑視ではないか」「女性差別ではないか」という批判を呼びました。

 学会は「今回の表紙デザインに、女性を差別するような意図はありません」と説明しながら、「『ロボットが女性型をしている』『それが掃除をしている』『ケーブルでつながれている』等の要素が相まって、女性が掃除をしているという印象(さらには女性が掃除をすべきだという解釈の余地)を与えたことについては、公共性の高い学術団体としての配慮が行き届かず、深く反省するところです」とコメントしています。

 また、表紙のデザイナーの意図についても説明。デザインにあたっては、最新の技術であってもアナログな部分が必ず残る、との思いから「昭和な感じを出すこと」を意識したそうです。また、掃除ロボットが本やほうきを手にすることで、人工知能の「自律性」や「いままで人間が育んできた文化を置き換えるのではなく、いまの文化や生活を大切にしながら、そこに溶け込んでいく技術であって欲しいという願い」を表現したといいます。

 学会誌の編集委員会では「さまざまにいただいたご意見を受け止め、今後の改善につなげていきたい」としています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響