ニュース
» 2014年01月10日 12時04分 UPDATE

お菓子が作れる3Dプリンタ「ChefJet」 3D Systemsが発表

食べられるお菓子を印刷できちゃうぞ。おいしいのかな……!

[ねとらぼ]

 3Dプリンタのメーカーとして知られる米3D Systemsが、“お菓子を印刷できる3Dプリンタ”を開発しました。その名も「ChefJet」。ラスベガスで開催中の「2014 International CES」に出展されており、2014年下半期に販売をスタートする予定です。価格は、8×8×6インチ(20×20×15センチ)までの印刷に対応した「ChefJet」が5000ドル以内、10x14x8インチ(25×35×20センチ)とより大きな印刷に対応した「ChefJet Pro」が1万ドル以内の見込み。

photo 奥にあるのが「ChefJet Pro」
photo カラフルで複雑な形のお菓子が作れるぞ

 同プリンタを利用することで、チョコレート、バニラ、ミント、リンゴ、サクランボ、スイカといった味のトッピング菓子を、いろんな形にプリントできます。ケーキ屋さんやレストランが、凝ったトッピングを作るときなどに役立ちそうですね。ChefJet Proはフルカラー印刷に対応しているので、グラデーションで色の違いを付けた砂糖菓子なども作れるようですよ。

 お値段的にもまだまだ業務用といった感じですが、将来的には一家の台所に3Dプリンタがやってくる未来もあるのでしょうか? ちょっと楽しみです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.