ニュース
» 2014年01月11日 12時00分 公開

映画「ゼロ・グラビティ」メイキング映像公開 無重力を描く撮影マジックがすごい

キュアロン監督はライトボックスと名付けた特殊装置や俳優を吊るすためのワイヤー装置などを使って、無重力状態の宇宙を表現したそうです。

[ねとらぼ]

 映画「ゼロ・グラビティ」のメイキング映像(字幕付き)が1月11日に公開されました。アルフォンソ・キュアロン監督はライトボックスと名付けた特殊装置や俳優を吊るすためのワイヤー装置などを使って、無重力状態の宇宙を表現。4年半かけて映画を完成させたそうです。その“撮影マジック”をご紹介しましょう。

動画の最後に映画のエンディングシーンが含まれているでネタバレ注意!

 同作は、地表から60万メートル上空の宇宙が舞台。突発事故によってスペースシャトルが大破し、船外活動中だったメディカルエンジニアのライアン・ストーン博士(サンドラ・ブロック)と宇宙飛行士マット・コワルスキー(ジョージ・クルーニー)は宇宙空間に放り出されてしまいます。漆黒の闇で2人をつなぐのは、たった1本のロープのみ。NASAとの交信も絶たれ、残った酸素はわずか……という絶望が襲いかかります。

画像

 筆者は実際に映画館で3Dで鑑賞しましたが、とにかく臨場感がすごかった! 無重力のなかでもがく登場人物たちを見ていると自分も本当に宇宙にいるような感覚になり、最後は息苦しくなりました。誰か私に酸素をくれー! と叫びたくなります。そんな擬似宇宙体験ができるゼロ・グラビティ。もちろん宇宙でロケをしているわけではなく、地球上で撮影しているのですが、その方法がユニークです。

 まずは宇宙空間での光を再現するため、ライトボックスと名付けた特殊装置を開発。6(高さ)×3(幅)メートルの箱型壁面に4096個のLEDライトを取り付け、地球の反射や太陽など、あらゆる角度からの光源を作り出しました。俳優は12本のワイヤーで吊るされ、操り人形のように動く仕組み。それをロボットアームを応用して作られた小型カメラでさまざまな角度から撮影していきます。サンドラ・ブロックは5カ月間訓練し、装置の張力を感じさせず演じられるようになったそうです。

画像
画像
画像
画像
画像

 劇中のスペースシャトルや国際宇宙ステーションの外観・内部はほぼCGで作られたバーチャルセット。宇宙飛行士が使う小道具からボトル1本に至るまで、NASAからの提供資料をもとに再現し、金属の腐敗具合など細部にもこだわりました。宇宙服もCGで再現しているそうですよ……! 公式サイトやYouTubeでは予告編が公開されているので、メイキング映像と見比べてみてください。

画像

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響