ニュース
» 2014年01月15日 16時39分 UPDATE

かなり上級者向け 紙で作る山の立体模型「やまつみ」に限定版登場

総パーツ数は895個。「やまつみ」史上最難度レベルだそうです。

[ねとらぼ]

 山岳・自然分野のメディア事業を手がける山と溪谷社は、紙で作る山の立体模型「やまつみ」のオリジナル限定版を発売する。第1弾は北アルプスの「穂高岳」。価格は4万5150円で、限定15個。1月15日〜2月14日に注文を受け付ける。

画像 サイズは40(幅)×30(奥行き)×12.5(高さ)センチ
画像 リアル!

 「やまつみ」とは、北海道のキューアールシーが製造する「紙で作る立体山岳模型キット」。等高線で切り抜かれている厚紙を貼り重ねていくだけで、山のリアルな立体模型が出来上がる。すべてのパーツが印刷・シール加工されているため、のりやカッターは必要ない。

 今回のオリジナル限定版「穂高岳」では、2万5000分の1縮尺で、涸沢・岳沢のカールを中心に奥穂高岳、北穂高岳、前穂高岳、西穂高岳の名峰たちを再現。このほか、奥又白池やひょうたん池も忠実に表現した。

画像 1枚1枚紙を積んでいこう

 そのため、製作難易度は「やまつみ」史上最高レベル。総パーツ数は895個で、最小パーツは約0.5ミリ。完成品のサイズは40(幅)×30(奥行き)×12.5(高さ)センチで、総重量が約9キロ。製作時間の目安は約30時間。1枚1枚紙を積むことで、山に登るようにゆっくりと製作プロセスを楽しめる!?

 商品の発送は2月末の予定で、今後も同シリーズから「剱岳」「槍ヶ岳」を順次発売する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.