ニュース
» 2014年01月22日 16時00分 公開

家入一真さんはなぜ出馬するのか 会見に堀江貴文さんも出席 選挙活動は「ネットを使い切ります」東京都知事選

「居場所がある街・東京を作る」など政策を語りました。

[ITmedia]

 起業家の家入一真さんが1月22日、記者会見し、東京都知事選(1月23日告示、2月9日投開票)に出馬することを表明しました。会見には、家入さんに供託金を貸したという堀江貴文さんも同席。会見の模様はニコニコ生放送でライブ配信されました。

画像 「写真撮っていいですか?」とiPhoneを取り出す

なぜ立候補

家入 きっかけはTwitter。1000リツイートで都知事選出馬するって言ったら、1000件以上リツイートされて後にひけなくなった。でも僕自身、1000リツイートいくと思っていましたし、(都知事選に)興味があった。今年に入って、出馬のための事前審査の締め切り1日前に出ようと決めた。

堀江 都知事選を見ていると、立候補予定者はおじいさんばっかりなんで、どうなのっていう話しがあって。僕も「出ないの?」とか言われて。僕は1年9カ月社会にいなかったもんで、もうちょっと自由を満喫したい。(自分より)もっと若くて、会社経営のセンスもあって、弱い者の気持ちもわかる、実行力もなさそうである、彼みたいなタイプが良いんじゃないかと思っている。泡沫とかいう人はいるが、そんなことはない。若い人にとっては有力な選択肢ではないか。

画像 堀江貴文さんも出席

若い人に居場所を

家入 僕自身は会社(paperboy&co.)を21歳のときに起業しまして、その後いろいろな会社を作りながら、今は若者のためにシェアハウスを作ったりしています。そこから生まれたBASEというサービスは店舗数で楽天を抜く勢いです。なにもできない子たちだったけど、急成長して、サイバーエージェントから2億円を調達しました。そういうことをやっています。

 僕は中2のときいじめにあって引きこもりになった。18歳まで家のなかで過ごして、学校に行かず、インターネットをやっていた。引きこもりで鬱状態だったんですけど、今の世の中にも当然僕みたいに、行き場所のない子どもたちがいっぱいいるんですよね。

 これまでは行政とかに頼らず、居場所を作ることで、そういう人たちが助けあって生きていく共同体を作っていくことをしてきました。でも共同体とか居場所をつくるにしても、政治で無関心でいることはいられないなと思ったんです。

 今は選挙や政治が政治家のものになっているけど、本来はもっと身近なものだったはず。僕らからすると遠いものに思えてしまっている。言ってることも刺さらないし、よく分からないし、興味もてないですよね。政治とか選挙を身近なものに、取り戻していこうぜと思っている。

政策は?

家入 3つある。(1)居場所がある街・東京を作る、(2)仕事や遊びがとことん楽しめる、遊べる街にする、(3)政治をもっと身近にする。インターネットを使って、政治に参加したくなる街にしたい。

 選挙では面白い手法を取り入れたい。お金がほんとにないので、街頭演説とかもできないんだけど、24時間ずっと生放送しようかな。ずっと放送していくなかで、みんなで政策を作っていこうぜと。

 既存の選挙や政治をハッキングする・乗りこなして撹乱(かくらん)することで新しい動きを作っていけるんじゃないか。戦わないやさしい革命を起こすと面白いんじゃないかと思っています。

 最後に知名度やお金もないですが、優秀な仲間とネットの向こう側にいろんな思いを抱えている若い子がいるので、そこ子たちが応援団として応援してくれば、クラウド選挙対策本部ができるんじゃないか。

 ネットを使い切ります。こんな選挙の仕方ってありなのってところまでもっていく。

ネットをやらない人へのアプローチは?

家入 ネットに引き込めばいいんじゃないですかね? ダメですかね。ネットをやんないとこれから厳しいと思うんですよ。これを機にネットに来ればいいんじゃないですかね。


 ニコニコ生放送では家入さん以外にも、細川護煕さんや舛添要一さんなど立候補予定者の会見をライブ配信する予定。それぞれの番組の配信時間などは特設サイトで確認できます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」