ニュース
» 2014年01月27日 18時28分 公開

Androidの方が露出度高め:ジャンプLIVEの「To LOVEる ダークネス」は裏技搭載 仕事しすぎな“光”演出も深夜は……

困難があってもチャレンジし続けるジャンプ編集部に敬礼!!!

[ねとらぼ]

 週刊少年ジャンプの漫画アプリ「ジャンプLIVE」2号で、「【裏技入り】To LOVEる-とらぶる-ダークネス」第2弾の配信が始まった。公式アカウントが「極めて淫らな内容」と自認する第1弾に続いて、表現の可能性を探求した力作となっている。

画像 担当者の声→「うん、大丈夫なのかこれ……!?」「いつか読めなくなる日が来る可能性がある事をご了承下さい」

 「To LOVEる-とらぶる-ダークネス」は、脚本を長谷見沙貴さん、漫画を矢吹健太朗さんが手がけ、ジャンプスクエアで連載されている人気ラブコメ。少年漫画ではほかの追随を許さないエッチな描写が特色だ。アプリ第2弾に登場するのは、第29話(コミック8巻収録)のフルカラー版。同シリーズは2012年から電子書籍として配信され、圧倒的な肌色やピンク色の表現が好評価を獲得している。

 アプリでは、これに「裏技」を搭載。タップしたり端末を傾けたり振ったりすると画面が変化する。簡単に言うと、タップすると、ヒロインの頬が染まったり、おっぱいが揺れたり、お尻が揺れたり、さらには〇〇な展開が発生する。筆者は約20パターンを確認することができた。

画像 光が仕事しすぎ! ただし深夜になると……(お試し版より)

 iOS版とAndroid版で内容に差があり、Androidの方が露出度が高くなっているそうだ。ただし、iOS版でも深夜のある時間帯では謎の光が消滅するとのこと。ちなみに第1弾リリース時には、公式から「もしジャンプLIVEアプリから、急に消えていたりしたら、読者の皆様、どうか察して下さい……」と告知があり、実際になくなることがあった(1月27日現在は復活中)。今回も「ジャンプは、チャレンジする時も退く時もスピーディーな雑誌です!」と意味深なツイートをしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2010/24/news035.jpg 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  2. /nl/articles/2010/24/news016.jpg 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. /nl/articles/2010/24/news004.jpg 「うちの子に何するニャ!(怒)」 子猫を守ろうと、父猫にパンチをくらわせる母猫がたのもしい
  4. /nl/articles/2010/23/news160.jpg 「こんな禰豆子は嫌だ」 マンウィズ、満を持して『鬼滅の刃』コスプレ披露 人間の流行にちゃっかり乗ってしまう
  5. /nl/articles/2010/23/news015.jpg 子猫「えいっ、やあっ!(コテッ)」 ぬいぐるみに戦いをいどむ子猫がずっと見ていたくなるかわいさ
  6. /nl/articles/2010/23/news131.jpg 「たまたまそこに居合わせただけ」で死にかけた不運な男 接触事故を起こしたクルマが横転、背後から転がり迫ってくるシーンを捉えた映像が怖すぎる
  7. /nl/articles/2010/23/news021.jpg 「嫌よ!」「個人情報じゃない!」って言わないで なぜ薬局で保険証提示が必要なのかを説明する漫画が分かりやすい
  8. /nl/articles/2010/23/news092.jpg 1年間ケアし続けた“爪”のビフォーアフターが衝撃 「爪の形って変わるの!?」「私もがんばろ」
  9. /nl/articles/2010/24/news008.jpg 猫「はさむのやめろニャ(怒)」 兄猫に顔をホールドされる妹猫の表情がおもしろい
  10. /nl/articles/2010/23/news102.jpg キバvsキング 「ルパンの娘」瀬戸康史&新納慎也の対決実現に仮面ライダーファン歓喜 放送局を超えた猛プッシュに「公式でも言っちゃったよ」