ニュース
» 2014年01月29日 12時12分 公開

「ふわぁ、くっそ、ふぁ◯く、遅刻だぁ!」 外国人が作った萌えアニメ「Senpai Club」が新感覚で萌える件

「バカバカバカバカバカバカぁ遅刻ッ!」「お前! ホントにおっそいよ! 何するの! バッカですかっ!」

[ねとらぼ]

 「あかんwww面白いwww」「目が離せないw」――YouTubeに投稿された海外発の自主制作っぽい萌えアニメ「Senpai Club」が、一部のネットユーザーの間で話題になっています。さっそく作品を見てみると……よく出来てるけど何かセリフがおかしいよっ!

 主人公はピンクのフワフワヘアーがもろ萌キャラっぽい女子高生。食パンをくわえて家を飛び出し、途中で男の子にぶつかるといった典型的日本アニメの展開をたどるのですが……目覚ましを止めた主人公は開口一番「ふわぁ、くっそ、ふぁ◯く、遅刻だぁ!」とシャウト。その後も「お前! ホントにおっそいよ! 何するの! バッカですかっ!」など、ジワジワくるセリフが続きます。

photo ぶっちゃけカワイイ主人公
photo 食パンくわえて男子生徒にぶつかるお約束ののち、謎の「バカ」連呼
photo オレの知ってるカッコイイ先輩と違う!!!!!

 さらに、英語の字幕では長々とセリフがあるところを日本語音声では「バカバカバカバカバカ」とバカの連呼で済ませていたり、英訳より日本語のほうが口汚かったりと、セリフ回しに確信犯的なねらいを感じるのも面白い部分。作者は日本のアニメに詳しいものと思われますが……一体何者なんでしょうか。

photo エンディングもあるぞ! っていうか何で英語字幕にない糞とかファ◯クとか日本語に入ってるの!?
photo その名前おかしいだろ……

 ちなみに、作品から微妙に漂うコレジャナイ感に対して「風刺がきいている」といった感想を寄せる人も。確かに、流ちょうなセリフをはぎとった結果として日本的量産型アニメの薄っぺらさが強調されているような気もしてきますね。同時に、ぶっちゃけカワイイ女の子がピョコピョコ動いてたらもうそれだけで萌えられる、という気持ちも沸き起こります。

 動画のタイトルには「Episode 1, Part 1」と書かれていますが、続編の投稿に期待していいの、かな……?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する