ニュース
» 2014年01月30日 13時12分 公開

任天堂、2014年中にスマホ向けサービス提供へ ユーザーとのつながり深める目的で活用 「スマホへマリオ供給」は否定

スマートデバイスはあくまでハブとして活用し、ビジネスの軸足は引き続き自社ハードに置いていく。

[ねとらぼ]

 任天堂は2014年中をめどに、スマートデバイス向けのサービスを開始する。1月30日に行われた経営方針説明会の中で、岩田聡社長が語った。

 既存の任天堂タイトルを移植・販売するのではなく、スマートデバイスを通じて「お客様とのつながりをつくる」目的で活用する。従来の任天堂のビジネスでは、任天堂のゲーム機を購入することではじめて「つながり」ができたが、スマートデバイスを活用すれば、まだ持っていない人に対してもアプローチが可能になる。開発には「コンパクトなチームではありますが、社内の精鋭人材」を投じるとのこと。



 また、アプリ開発にあたっては「ゲームをつくることも、自社のキャラクターを使うことも禁じていません」としつつも、「ただ、これをもって、『マリオをスマートデバイスに供給』と報道されますと、完全にミスリードになってしまいます」と念を押した。自社タイトルをスマートデバイス向けにそのまま移植・販売することについても「ハード・ソフト一体型のビジネスという任天堂の強みを活かせない場では、任天堂の目標とする規模のビジネスを中長期にわたって持続させることは困難」であるとし、あくまでビジネスの軸足は自社のゲーム機に引き続き置いていくことを強調している。

 今回の発表スライドは任天堂公式サイトで公開されている


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む