ニュース
» 2014年01月21日 13時00分 公開

日々是遊戯:インディーゲーム界のレジェンド「LA-MULANA」続編の開発資金をKickstarterで調達へ 国産タイトルとしては稲船敬二氏の「Mighty No.9」に次ぐ規模に

いったい何がはじまるんです?

[池谷勇人,ねとらぼ]

 クラウドファンディングサイトKickstarterで、国産インディーゲーム「LA-MULANA(ラ・ムラーナ)」の続編「LA-MULANA 2」の資金調達がスタートしました日本語ページ)。目標金額は20万ドル(=約2000万円)で、国産インディーゲームのクラウドファンディングとしては、稲船敬二氏の「Mighty No.9」に次ぐ規模となる見込み(「Mighty No.9」は90万ドル)。



画像


画像


 「LA-MULANA」は、MSXの名作「魔城伝説II ガリウスの迷宮」に多大な影響を受けた遺跡探索アクションゲーム。当初はフリーゲームとしてリリースされましたが、またたく間に口コミで人気が広がり(特に海外)、2011年にはWiiウェアでリメイク、2013年にはSteamでも販売を開始するなど多方面へと展開してきていました。

 支援は12ドルからで、支援者には金額に応じて、ゲーム本体のほか限定コスチュームキーやオリジナルフィギュアなどの特典が付属。またユニークなものとしては、「α版の先行プレイ権(+α版プレイ動画投稿権)」、「遺跡のボスやトラップを考える開発会議への参加権」、「自分がゲーム内の白骨死体や壁画として登場できる権利」なども。さらにストレッチゴールとして、最終到達額に応じて「多言語対応」や「攻略本追加」「携帯・据え置き機への移植」「専用MODツール」なども予定されているようです。


画像

 開発チームNIGOROの楢村匠氏は、先日発表されたINDIE STREAM(関連記事)の発起人の1人で、またの名を「プレイヤー殺しの男」。国産インディーゲームが世界へ打って出る第一歩として注目を集めそうです。


画像画像

画像画像

画像画像

画像画像


ASTERIZM CO., LTD. Game Production Division NIGORO

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン