ニュース
» 2014年02月05日 09時35分 公開

「ジョジョリオン」もプラモデルのジオラマもすべてアート! 第17回文化庁メディア芸術祭・受賞作品展開催

2月5日から始まる受賞作品展の内覧会に潜入。一足早く中の様子をご覧ください!

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 平成25年度・第17回文化庁メディア芸術祭の受賞作品展が、2月5日から2月16日まで開催される。会場は東京・六本木の国立新美術館をメインに、東京ミッドタウン、シネマート六本木の3カ所。入場・すべてのプログラムの参加は無料で、開館時間は午前10時から午後6時までとなる(金曜日は午後8時まで、12日は休館)。


画像画像

画像

 昨年の会場は広間に仕切りを設け、アート部門→エンターテイメント部門→……と受賞作をジャンルごとに追っていくだった画廊タイプだったが、今年は仕切りをほぼ設けず全体に作品群を点々と並べた。アート、マンガ、アニメ、プラモデル……いろんなジャンルの作品をすべて“メディア芸術”としてフラットに鑑賞できるのが楽しい。

 アート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4部門で、今年は過去最多となる世界84カ国・地域から4347作品の応募が寄せられた。本展ではその中から選ばれた受賞・審査委員会推薦作品、功労賞受賞者の功績などを展示や上映により紹介。メイン会場である国立新美術館に足を運んできたので、展示の一部をご覧いただきたい。


画像画像 上からカセットテープがケース内に流れ落ちているのが不思議な、アート部門・審査委員会推薦作品「時折織成−落下する記録−」。たまったテープがランダムに織り成す模様を、一度きりのアート作品として眺めよう。たまり切ったらテープが高速で巻き上げられ、同時に交響曲が流れるパフォーマンスも

画像 ブース内に入った瞬間巨大な泡の塊にギョッとする、アート部門・優秀賞「  を超えるための余白」(作品名冒頭はスペースになっている)。泡は下のポンプ装置から生み出され、常に変化しする把握不能な空白の塊となっている。そこから観客に「社会」のあり方を感じ取ってもらうメディアアート

画像 普段は感じ取れない電磁波を、ライト・振り子・スピーカーからの音などで視覚・聴覚的に感じ取ることができる、アート部門・大賞「crt mgn」。ブース内に新感覚が待っている

画像 エンターテインメント部門・優秀賞「燃える仏像」。人間と仏像の融合生命体の切り絵をアニメーションにした「劇アニメ」が、中央のテレビに流れる。その周りには……

画像 作品に使われた切り絵がたくさん! 不気味な仏像人間たちにゾクッ

画像 津田大介さんのインターネット国民投票サイト「ゼゼヒヒ」もエンターテイメント部門・優秀賞獲得。画面にみんなの意見がリアルタイムでひょいひょい流れている。来場者も設置された電子パッドからその場で投票できる様子

画像 PCや周辺機器一体をジオラマにしてしまった、エンターテイメント部門・優秀賞「プラモデルによる空想具現化」

 エンターテインメント部門では、流れ落ちるカセットテープをアートにした「時折織成−落下する記録−」、PCや周辺機器をジオラマにした「プラモデルによる空想具現化」などが受賞。また津田大介さんが運営するインターネット国民投票サイト「ゼゼヒヒ」も優秀賞に輝いている。


画像 マンガ部門・大賞「ジョジョリオン」。内覧会には作者の荒木飛呂彦先生も登場した(関連記事

画像 マンガ部門・優秀賞「昭和元禄落語心中」では、落語をテーマとした物語の数ページがパネルとして並べられ、作中の噺(はなし)を実際に楽しめる

画像 マンガ部門・優秀賞「それでも町は廻っている」ではテイストの違うカラーイラスト12点をずらりと配列。ある商店街の日常を読み切り連作形式で色とりどりに描いた、本作の世界観を演出。このように作品の特色ごとに展示形式が違うのも、メディア芸術祭の見どころ

画像画像 マンガ部門・新人賞「アリスと蔵六」にも作品のネームや生原稿がガラスケース内に展示(右)。受賞マンガ作品それぞれにこうした生原稿が用意されている

画像 アニメーション部門受賞作品も、各作品の映像がテレビで流れている横に、絵コンテといった製作資料が展示

画像画像 アニメーション部門・優秀賞「有頂天家族」の展示では、作品に出てきた風神の扇が実物の資料として登場

 マンガ部門では荒木飛呂彦先生の「ジョジョリオン」が大賞を受賞したほか、新人賞には今井哲也先生の「アリスと蔵六」などが輝いた。またアニメーション部門では短編作品を会場で実際に上映。優秀賞の「有頂天家族」をはじめ、絵コンテや製作とともに展示されていた。


画像 昨年とはかなり会場の雰囲気が変わり、新鮮な気分で楽しむことができた

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2206/24/news020.jpg よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  2. /nl/articles/2206/25/news001.jpg 犬「お風呂いやあああああ!」 風呂に入らないために抵抗するゴールデンレトリバーがかわいい 【スペイン】
  3. /nl/articles/2206/25/news006.jpg 「柴犬の生首かと!」「笑いすぎておなか痛い」「神々しい……」 西日が生んだ奇跡のワンコに爆笑の声
  4. /nl/articles/2206/22/news217.jpg 人生29年でいまさらエヴァ旧劇場版を見たら1時間ベッドで呆けた話 「こうする以外に、道はなかったのだろうか……」
  5. /nl/articles/2206/23/news005.jpg 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  6. /nl/articles/2206/24/news120.jpg めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  7. /nl/articles/2206/23/news188.jpg “BIG BOSS”新庄剛志、山田勝彦コーチへの中傷に反論 心ない言葉に断固たる姿勢「即ブロック」「shinjo freedomに来なくて良い」
  8. /nl/articles/2206/25/news005.jpg 散歩中の愛犬が用水路で立ち止まり…… 震えるチワワを発見→救助の展開に「賢いワンちゃん」「おうちに帰れてよかった」の声
  9. /nl/articles/2206/24/news206.jpg これは着こなせない……! 工藤静香、体形くっきりのスーツ姿に「お腹ぺったんこ!!」「凄い細い」と驚きの声
  10. /nl/articles/2003/17/news132.jpg アイスダンス元日本代表のクリス・リードさん逝去、織田信成らが追悼 数日前にブログ更新で今後の抱負つづっていた

先週の総合アクセスTOP10

  1. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  2. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  3. 中谷美紀、外国人夫の連れ子や元妻と楽しい団らん 国籍や目の色など何もかも違えど「これでも家族」
  4. デヴィ夫人、15歳の愛孫・キランさんが社交界デビュー 「山高帽にモーニング」華麗なる正装姿が超ハンサム
  5. 法隆寺がクラファンを開始 わずか1日で目標金額2000万円を達成「予想もしていなかった早さ」
  6. 元保護子猫に、ずっと欲しがっていたぬいぐるみをあげたら…… 予想外の反応に「人間の子供みたい!」の声
  7. 7歳息子が初おつかいに行ったときのレシート、よく見ると…… ママへの愛がつまったエピソードに「泣ける」の声
  8. 才賀紀左衛門、“親密な女性”の初顔出しショット公開 パッチリした目にスッキリした鼻筋で「想像通り美しい」「綺麗な方!」
  9. 愛犬に「子猫が大変です!!」と呼び出された飼い主、ついて行くと…… まさかの“無免許運転”発覚に「かわいすぎるw」
  10. 見事な「赤富士」を捉えた山中湖のライブカメラ映像に驚きと感動の声 葛飾北斎「凱風快晴」のような絶景……!

先月の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  4. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  5. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  6. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  7. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  8. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  9. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」