ニュース
» 2014年02月05日 09時35分 公開

「ジョジョリオン」もプラモデルのジオラマもすべてアート! 第17回文化庁メディア芸術祭・受賞作品展開催

2月5日から始まる受賞作品展の内覧会に潜入。一足早く中の様子をご覧ください!

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 平成25年度・第17回文化庁メディア芸術祭の受賞作品展が、2月5日から2月16日まで開催される。会場は東京・六本木の国立新美術館をメインに、東京ミッドタウン、シネマート六本木の3カ所。入場・すべてのプログラムの参加は無料で、開館時間は午前10時から午後6時までとなる(金曜日は午後8時まで、12日は休館)。


画像画像

画像

 昨年の会場は広間に仕切りを設け、アート部門→エンターテイメント部門→……と受賞作をジャンルごとに追っていくだった画廊タイプだったが、今年は仕切りをほぼ設けず全体に作品群を点々と並べた。アート、マンガ、アニメ、プラモデル……いろんなジャンルの作品をすべて“メディア芸術”としてフラットに鑑賞できるのが楽しい。

 アート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4部門で、今年は過去最多となる世界84カ国・地域から4347作品の応募が寄せられた。本展ではその中から選ばれた受賞・審査委員会推薦作品、功労賞受賞者の功績などを展示や上映により紹介。メイン会場である国立新美術館に足を運んできたので、展示の一部をご覧いただきたい。


画像画像 上からカセットテープがケース内に流れ落ちているのが不思議な、アート部門・審査委員会推薦作品「時折織成−落下する記録−」。たまったテープがランダムに織り成す模様を、一度きりのアート作品として眺めよう。たまり切ったらテープが高速で巻き上げられ、同時に交響曲が流れるパフォーマンスも

画像 ブース内に入った瞬間巨大な泡の塊にギョッとする、アート部門・優秀賞「  を超えるための余白」(作品名冒頭はスペースになっている)。泡は下のポンプ装置から生み出され、常に変化しする把握不能な空白の塊となっている。そこから観客に「社会」のあり方を感じ取ってもらうメディアアート

画像 普段は感じ取れない電磁波を、ライト・振り子・スピーカーからの音などで視覚・聴覚的に感じ取ることができる、アート部門・大賞「crt mgn」。ブース内に新感覚が待っている

画像 エンターテインメント部門・優秀賞「燃える仏像」。人間と仏像の融合生命体の切り絵をアニメーションにした「劇アニメ」が、中央のテレビに流れる。その周りには……

画像 作品に使われた切り絵がたくさん! 不気味な仏像人間たちにゾクッ

画像 津田大介さんのインターネット国民投票サイト「ゼゼヒヒ」もエンターテイメント部門・優秀賞獲得。画面にみんなの意見がリアルタイムでひょいひょい流れている。来場者も設置された電子パッドからその場で投票できる様子

画像 PCや周辺機器一体をジオラマにしてしまった、エンターテイメント部門・優秀賞「プラモデルによる空想具現化」

 エンターテインメント部門では、流れ落ちるカセットテープをアートにした「時折織成−落下する記録−」、PCや周辺機器をジオラマにした「プラモデルによる空想具現化」などが受賞。また津田大介さんが運営するインターネット国民投票サイト「ゼゼヒヒ」も優秀賞に輝いている。


画像 マンガ部門・大賞「ジョジョリオン」。内覧会には作者の荒木飛呂彦先生も登場した(関連記事

画像 マンガ部門・優秀賞「昭和元禄落語心中」では、落語をテーマとした物語の数ページがパネルとして並べられ、作中の噺(はなし)を実際に楽しめる

画像 マンガ部門・優秀賞「それでも町は廻っている」ではテイストの違うカラーイラスト12点をずらりと配列。ある商店街の日常を読み切り連作形式で色とりどりに描いた、本作の世界観を演出。このように作品の特色ごとに展示形式が違うのも、メディア芸術祭の見どころ

画像画像 マンガ部門・新人賞「アリスと蔵六」にも作品のネームや生原稿がガラスケース内に展示(右)。受賞マンガ作品それぞれにこうした生原稿が用意されている

画像 アニメーション部門受賞作品も、各作品の映像がテレビで流れている横に、絵コンテといった製作資料が展示

画像画像 アニメーション部門・優秀賞「有頂天家族」の展示では、作品に出てきた風神の扇が実物の資料として登場

 マンガ部門では荒木飛呂彦先生の「ジョジョリオン」が大賞を受賞したほか、新人賞には今井哲也先生の「アリスと蔵六」などが輝いた。またアニメーション部門では短編作品を会場で実際に上映。優秀賞の「有頂天家族」をはじめ、絵コンテや製作とともに展示されていた。


画像 昨年とはかなり会場の雰囲気が変わり、新鮮な気分で楽しむことができた

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/25/news016.jpg 8人目の赤ちゃんが誕生、兄姉たちとの初対面が愛にあふれている 300万再生の光景に「号泣です」「素敵すぎて、尊くて……」
  2. /nl/articles/2402/24/news060.jpg 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  3. /nl/articles/2402/24/news009.jpg かなり危ういほど小さく、獣医師から「育たないかも」と告げられた子猫が豪快に成長し…… 現在の姿に感嘆「あー涙出ちゃう」
  4. /nl/articles/2402/25/news065.jpg 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
  5. /nl/articles/2311/24/news117.jpg 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. /nl/articles/2402/24/news017.jpg 雑草で荒れた庭を柴犬のために劇的ビフォーアフター 約2万円で実現した夢の自宅ドッグランが「イイお買い物」と話題に
  7. /nl/articles/2402/25/news014.jpg 母が帰宅したと思って出迎えた猫、ふと顔をあげたら…… 想定外の事態へのリアクションに「いいねを一万個ぐらいあげたい」
  8. /nl/articles/2402/25/news059.jpg 「吉本の給料上がらず」 山田花子、“リアルな台所事情”さらし共感の嵐 割引駆使する“ママの顔”に「親近感」「見切り品も買って偉い」
  9. /nl/articles/2402/24/news007.jpg “幻の錦鯉”を入手→開封して見てみると…… 素人目でも分かる“他の鯉とは明らかに違う”姿に「こんな鯉いるのかよ」
  10. /nl/articles/2402/25/news028.jpg 赤ちゃんの目の前で横になってみたら……? 思わぬ展開に「泣いていい?」「号泣」と780万いいね【海外】
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」