ニュース
» 2014年02月05日 11時43分 公開

時代は負傷系男子! どこかしらを痛めたイケメン“痛メン”が痛くてカッコイイと話題にものもらい、虫歯、頭痛、骨折……

いろんな意味で痛い。

[ねとらぼ]

 ものもらい、虫歯、頭痛、骨折、腰痛、肩こり、むちうち――どこかしらを痛めている二次元イケメンキャラクターをフィーチャーしたWebサイト「MANSHIN荘シークレットサービス」が、「ガチで痛めてる」「何これw」「これは新しい」とネットの一部で話題になっています。

photo わー! 痛い!(画像は「MANSHIN荘シークレットサービス」Webページから)

 同サイトは、「聖Smiley学園」など女性向けコンテンツを展開する創作工房が公開したもの。とある総合病院が管理しているマンション「満身荘」で暮らす7人の負傷系男子が、実は色んな任務をこなすシークレットサービスだった――という、痛めてるけどオレ最強的な設定の元で4コマなどのコンテンツを展開しています。

photo ものもらいだからって甘く見るなよ! 特技はピッキングだからな!
photo セリフになんか草生える。ほかにもいろんなキャラがいるぞ!

 で、一言いいたくなるのはなんといってもキャラクターの立ち絵。頭痛のキャラは頭に、腰痛のキャラは腰に手を添える……といった具合に、みんなそれぞれ痛そうなのですが、そのたたずまいがカッコつけたポーズに見えなくもなく、いろんな意味で痛カッコよくなっています。

 ちなみに、“痛めてる系イケメン”への注目は同コンテンツが登場する以前からありました。アニメやゲームのイケメンキャラが首や腰や頭などに手をそえたポーズで描かれるケースが多いことから、“首痛めてる系イケメン”とか“頭痛めてる系イケメン”といった具合にネタ化していたのです。この流れをくんだコンテンツが、今回の「MANSHIN荘シークレットサービス」なんでしょうね。

 それにしても痛メン、“傷ついた男子を優しく癒してあげたくなる”みたいな女子受けポイントがあったりするんでしょうか。モテたきゃ包帯巻け! っていう時代来るかもな! 来ないか!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」