ニュース
» 2014年02月05日 19時58分 公開

「別人が作曲」判明の佐村河内さん Amazonレビューも炎上

「贋作を見抜けなかったレベルの低いリスナーの一人として自省したい」など、ファンから辛らつなコメントが相次いでいます。

[ねとらぼ]

 耳が聞こえない作曲家で、「現代のベートーベン」と呼ばれていた佐村河内守(さむらごうち まもる)さんが、主要作品を別の作曲家に作ってもらっていたと報じられたことを受けて、佐村河内さんの代表作「交響曲第1番 HIROSHIMA」などのAmazon商品のレビュー欄が炎上しています。

画像

 問題が発覚した2月5日以降、レビューには一番低い星評価をはじめ、辛辣(しんらつ)なコメントが相次いでいます。多くは“捨て垢”での便乗行為のようですが、中には「贋作を見抜けなかったレベルの低いリスナーの一人として自省したい」「本物の作曲者名で再発売されるべきでしょう。今でも信じられないニュースです」といったクラシックファンによる投稿もあります。同作品は、2012年にNHKに紹介されたことにより予約が殺到。Amazonの音楽ソフト総合チャートで1位を記録したことがあります。

画像

 発売元の日本コロムビアは、5日に代理人弁護士より連絡があったとし、「驚愕しており、大きな憤りを感じております」「今後は、当社としても今回の事態に関する事実関係を精査した上で再発防止策を検討して参ります」とコメント。NHKは、昨年3月に放送したNHKスペシャル「魂の旋律〜音を失った作曲家〜」の番組ページなどで、「放送当時、本人が作曲していないことに気づくことができませんでした」と謝罪しています。

 ちなみに、ソチ五輪に出場するフィギュアスケート男子代表の高橋大輔選手が、ショートプログラムで使用する予定の「ヴァイオリンのためのソナチネ」も、同氏による作曲ではないことが判明しましたが、高橋選手は公式サイトで「変更は致しません。今はオリンピック直前の大切な時期ですので、やるべきことに真摯に取り組み、本番を迎えたいと思います」とコメントしています。

 また佐村河内さんの著作権の管理を委託されている日本音楽著作権協会(JASRAC)は「事実関係を含め本人に詳細を確認しているところ」とコメントを発表。権利の帰属が明確になるまで、利用の許諾を保留すると説明しています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」