ニュース
» 2014年02月13日 23時01分 公開

前代未聞! 東京ディズニーランドから笑顔が消えた 初の謎解き「魔法にかけられた夜の王国」体験記(1/2 ページ)

1月19日午後8時30分。閉園時間を過ぎた東京ディズニーランドに、いつものように閉園アナウンスが流れます。が、いつもとはなにか、雰囲気が違う……!?

[宮田健(dpost.jp),ねとらぼ]

 東京ディズニーランドの閉園後、聞き慣れたアナウンスが園内に流れます。「東京ディズニーランドは閉園時間となりました。楽しい1日をお過ごしいただけましたでしょうか。またお越しいただける日を……楽しみに待っているがいい! ハーッハッハッハ!!

 大変です。開園30周年を迎え盛り上がる東京ディズニーランドの「ハピネス」が、眠れる森の美女に登場する、ディズニー界きっての悪役であるマレフィセントに奪われてしまいました! いつもは聞いていて切なくなる閉園アナウンスにいきなり登場したマレフィセント、こりゃあ閉園している場合じゃない!

 1月19日、2月6日、2月13日の全3回、各1000人が参加した「魔法にかけられた夜の王国 奪われたハピネスを取り戻せ」に参加してきましたので、その様子を謎解き以外の部分を中心にお送りします。

誰もいない東京ディズニーランド。大変なものを奪われてしまいました……

初の謎解きプログラムは東京ディズニーランドならではの内容

 マレフィセントはなんと、夢と魔法の王国、東京ディズニーランドから「ハピネス」を奪ってしまいました。このままでは、笑顔あふれる東京ディズニーランドが悪夢と絶望の王国になってしまいます。ミッキーマウスも闇の魔法空間に閉じ込められてしまい、得意の魔法が使えません。

 しかし、眠れる森の美女に登場する3人の妖精たち、フローラ、フォーナ、メリーウェザーが3つの魔法をかけてくれました。1つ目は「1000人の参加者をここ東京ディズニーランドに呼ぶこと」、2つ目「呪いを解くための伝説の剣と魔法の呪文を、謎とともに東京ディズニーランドのどこかに隠したこと」、3つ目は「マレフィセントをほんの少しの間眠らせること」。もし参加者が真の勇者であれば、この呪いは解けるといいます。

 妖精たちがマレフィセントを眠らせることができるのは、たった1時間。どうです? なかなかディズニーっぽいでしょ?

謎を解く鍵が入った封筒を掲げる参加者。封を開けた後、1時間だけマレフィセントを眠らせることができるとか……

ハピネスが奪われた東京ディズニーランドを歩く

 この謎解きイベント、謎自体にディズニーの知識はほぼ必要なく、これまでに開催された多くの謎解きイベントと同様、ひらめきと柔軟な考え方、そして時間があれば解けるものでした。以前富士急ハイランドにて開催されたリアル脱出ゲーム「ある使徒からの脱出」などを見ていただくと感覚がつかめると思います。

 この記事では謎解き部分のネタバレはひとまずおいといて、東京ディズニーランドで行った初めての「謎解きイベント」の意義をお伝えしましょう。

シンデレラ城のすてきなライトアップも奪われました

 マレフィセントがハピネスを奪った、それを取り戻すために参加者は謎を解く……という始まり方だったこのイベント、パーク内はまさにハピネスの奪われた空間になっていました。まず、普段は明るい音楽がBGMとして流れているはずなのに、これがおどろおどろしいものに変わっています。きらびやかにライトアップされているはずのシンデレラ城もこの通り。

 そして何より……東京ディズニーリゾート30年の歴史の中で初めてかと思いますが、キャストたちの「笑顔」を奪われているのです。この演出、実際の参加者は謎解きに必死でほとんど気付いていなかったのではないかと思いますが、前代未聞の出来事でした。

ハピネスが奪われた東京ディズニーランドでは、笑顔が奪われたキャストが無言で対応していました
笑顔はどうしたのですか? と聞くと「マレフィセントに奪われてしまいました……ハピネスを取り返して下さい……」とひと言

はじめは簡単、次第に手ごわくなる“謎”

 まず参加者は、配られた紙に書かれた「STEP1」の謎に取りかかります。3問用意された設問は、謎と言うよりクイズレベル。5分あればひらめくレベルです。

最初の謎を解く。こんなの分からないとあきらめた1分後に全部解けるという絶妙なレベル
チェックポイントは長蛇の列。第1回はこの行列が一番の敵でしたが、2回目以降はかなり改善されたとか

 参加者はとにかくチェックポイントに急ぐ方もいれば、笑顔の消えたレストランで謎を解いてから行動する人も。チェックポイント近くにはうずくまって頭を働かせている人も多く、寒さを忘れる内容でした。

こちらは屋内組。当日はとにかく寒くて大変でした
屋外で必死に謎を解く参加者も
STEP1をクリアして謎のアイテムをもらうも、何これ……?

タイムアップ――ハピネスは戻るのか?

 開始から1時間が経ち、残念ながら妖精たちがマレフィセントにかけた眠りの魔法が解けてしまいました。スタート地点に戻った参加者たちは、あのマレフィセントの高らかな笑い声を再度聞くことになります。

後ろ!!!
とうとうマレフィセントが眠りから覚めました
ああ、お美し……いや、恐い!

 マントを翻し登場したマレフィセントは叫びます。「お目当てのものは見つかったのかい? もう手遅れだよ。これからは私がここの支配者だ!」

 すると、「マレフィセント、そんなことはさせないぞ! 呪文を手に入れた勇者のみんな、立ち上がって!」なんとミッキーの声が! そして最前列には、とあるアイテムを掲げた勇者たちがいます。そして勇者がとあるキーワードを叫ぶと、マレフィセントは消えていきました!

大人の事情で「とあるアイテム」にモザイクをかけてます
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/06/news163.jpg 「普通に頭おかしい」 朝倉未来、一般人のジム乱入に困惑 週刊誌記者をかたっての不可解な訪問へ「マジ迷惑」
  2. /nl/articles/2112/06/news149.jpg 47都道府県の「県章」を仮面ライダーにアレンジ 各地の特色を宿した空想ヒーローに全国特撮ファン大盛り上がり
  3. /nl/articles/2112/06/news136.jpg ファミチキの“袋”の写真だけを淡々とツイートするアカウント「ファミチキへの怒り」が人気 気持ちは確かに分かる
  4. /nl/articles/2112/07/news122.jpg 「美賀君に会えました」大島優子、川栄李奈との2ショットを披露 大河ドラマ共演にファン「すごくないか?」
  5. /nl/articles/2112/06/news140.jpg どういう展開なんだ フワちゃん、有吉弘行からの贈り物で母が懐柔「宝物にする(ハート)」→「娘さんから僕が守ります!」
  6. /nl/articles/2112/06/news141.jpg 柴咲コウ、ヘアドネーションでロングへアから大胆イメチェン クールなショートカット姿に「美人が引き立ちます」
  7. /nl/articles/2112/06/news053.jpg 「竹とトラって、最高に似合っててカッコイイ」 ヘソ天で爆睡するトラに「思ってたのと違う」とツッコミ殺到
  8. /nl/articles/2112/06/news033.jpg 隣人が執拗に「引っ越せ」と嫌がらせをしてくる理由は? その「真実」を描いた漫画に切ない気持ちになる
  9. /nl/articles/2112/06/news051.jpg お風呂に呼ぶ父に息子が「行けるわけなかろーもん」 猫さまとラブラブな光景に「息子さん正しい」と賛同の声
  10. /nl/articles/2112/07/news028.jpg 柴犬の肉厚ほっぺをもんで、手を離すと……? “冬毛のコブ”ができた姿に「ハムスター?」「形状記憶ほっぺ」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  2. 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  3. 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  4. 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  5. 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  6. ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  7. 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  8. アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  9. 「美男美女の一言」「これぞベストカップル」 高橋英樹&小林亜紀子、“48年前の夫婦ショット”が絵になりすぎる
  10. ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」