ニュース
» 2014年02月13日 23時01分 公開

前代未聞! 東京ディズニーランドから笑顔が消えた 初の謎解き「魔法にかけられた夜の王国」体験記(1/2 ページ)

1月19日午後8時30分。閉園時間を過ぎた東京ディズニーランドに、いつものように閉園アナウンスが流れます。が、いつもとはなにか、雰囲気が違う……!?

[宮田健(dpost.jp),ねとらぼ]

 東京ディズニーランドの閉園後、聞き慣れたアナウンスが園内に流れます。「東京ディズニーランドは閉園時間となりました。楽しい1日をお過ごしいただけましたでしょうか。またお越しいただける日を……楽しみに待っているがいい! ハーッハッハッハ!!

 大変です。開園30周年を迎え盛り上がる東京ディズニーランドの「ハピネス」が、眠れる森の美女に登場する、ディズニー界きっての悪役であるマレフィセントに奪われてしまいました! いつもは聞いていて切なくなる閉園アナウンスにいきなり登場したマレフィセント、こりゃあ閉園している場合じゃない!

 1月19日、2月6日、2月13日の全3回、各1000人が参加した「魔法にかけられた夜の王国 奪われたハピネスを取り戻せ」に参加してきましたので、その様子を謎解き以外の部分を中心にお送りします。

誰もいない東京ディズニーランド。大変なものを奪われてしまいました……

初の謎解きプログラムは東京ディズニーランドならではの内容

 マレフィセントはなんと、夢と魔法の王国、東京ディズニーランドから「ハピネス」を奪ってしまいました。このままでは、笑顔あふれる東京ディズニーランドが悪夢と絶望の王国になってしまいます。ミッキーマウスも闇の魔法空間に閉じ込められてしまい、得意の魔法が使えません。

 しかし、眠れる森の美女に登場する3人の妖精たち、フローラ、フォーナ、メリーウェザーが3つの魔法をかけてくれました。1つ目は「1000人の参加者をここ東京ディズニーランドに呼ぶこと」、2つ目「呪いを解くための伝説の剣と魔法の呪文を、謎とともに東京ディズニーランドのどこかに隠したこと」、3つ目は「マレフィセントをほんの少しの間眠らせること」。もし参加者が真の勇者であれば、この呪いは解けるといいます。

 妖精たちがマレフィセントを眠らせることができるのは、たった1時間。どうです? なかなかディズニーっぽいでしょ?

謎を解く鍵が入った封筒を掲げる参加者。封を開けた後、1時間だけマレフィセントを眠らせることができるとか……

ハピネスが奪われた東京ディズニーランドを歩く

 この謎解きイベント、謎自体にディズニーの知識はほぼ必要なく、これまでに開催された多くの謎解きイベントと同様、ひらめきと柔軟な考え方、そして時間があれば解けるものでした。以前富士急ハイランドにて開催されたリアル脱出ゲーム「ある使徒からの脱出」などを見ていただくと感覚がつかめると思います。

 この記事では謎解き部分のネタバレはひとまずおいといて、東京ディズニーランドで行った初めての「謎解きイベント」の意義をお伝えしましょう。

シンデレラ城のすてきなライトアップも奪われました

 マレフィセントがハピネスを奪った、それを取り戻すために参加者は謎を解く……という始まり方だったこのイベント、パーク内はまさにハピネスの奪われた空間になっていました。まず、普段は明るい音楽がBGMとして流れているはずなのに、これがおどろおどろしいものに変わっています。きらびやかにライトアップされているはずのシンデレラ城もこの通り。

 そして何より……東京ディズニーリゾート30年の歴史の中で初めてかと思いますが、キャストたちの「笑顔」を奪われているのです。この演出、実際の参加者は謎解きに必死でほとんど気付いていなかったのではないかと思いますが、前代未聞の出来事でした。

ハピネスが奪われた東京ディズニーランドでは、笑顔が奪われたキャストが無言で対応していました
笑顔はどうしたのですか? と聞くと「マレフィセントに奪われてしまいました……ハピネスを取り返して下さい……」とひと言

はじめは簡単、次第に手ごわくなる“謎”

 まず参加者は、配られた紙に書かれた「STEP1」の謎に取りかかります。3問用意された設問は、謎と言うよりクイズレベル。5分あればひらめくレベルです。

最初の謎を解く。こんなの分からないとあきらめた1分後に全部解けるという絶妙なレベル
チェックポイントは長蛇の列。第1回はこの行列が一番の敵でしたが、2回目以降はかなり改善されたとか

 参加者はとにかくチェックポイントに急ぐ方もいれば、笑顔の消えたレストランで謎を解いてから行動する人も。チェックポイント近くにはうずくまって頭を働かせている人も多く、寒さを忘れる内容でした。

こちらは屋内組。当日はとにかく寒くて大変でした
屋外で必死に謎を解く参加者も
STEP1をクリアして謎のアイテムをもらうも、何これ……?

タイムアップ――ハピネスは戻るのか?

 開始から1時間が経ち、残念ながら妖精たちがマレフィセントにかけた眠りの魔法が解けてしまいました。スタート地点に戻った参加者たちは、あのマレフィセントの高らかな笑い声を再度聞くことになります。

後ろ!!!
とうとうマレフィセントが眠りから覚めました
ああ、お美し……いや、恐い!

 マントを翻し登場したマレフィセントは叫びます。「お目当てのものは見つかったのかい? もう手遅れだよ。これからは私がここの支配者だ!」

 すると、「マレフィセント、そんなことはさせないぞ! 呪文を手に入れた勇者のみんな、立ち上がって!」なんとミッキーの声が! そして最前列には、とあるアイテムを掲げた勇者たちがいます。そして勇者がとあるキーワードを叫ぶと、マレフィセントは消えていきました!

大人の事情で「とあるアイテム」にモザイクをかけてます
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2106/14/news065.jpg 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. /nl/articles/2106/13/news025.jpg アントニオ猪木、腸の病気で再入院も“闘魂”消えず 「本当に強い人」「復活劇の始まり」と不屈の姿に反響
  3. /nl/articles/2106/13/news004.jpg 子猫「ねぇねぇ」先輩猫「コラー!」 子猫のちょっかいを教育的指導する先輩猫の“お怒りポーズ”が面白い
  4. /nl/articles/2106/14/news084.jpg 肺がん手術の広田レオナ、リハビリ中を襲う苦痛に意気消沈 道端にへたり込んで悲鳴「やたらと心臓も痛い」
  5. /nl/articles/2106/14/news051.jpg 日本マクドナルド50周年で歴代人気バーガー3種が復活! 「ジューシーチキン 赤とうがらし」「テキサスバーガー2021」「トリチ」
  6. /nl/articles/1809/15/news037.jpg 「クソデブ」「痩せたモデルを出せ」 渡辺直美、グッチの公式インスタが大炎上にもブレない姿勢が反響呼ぶ
  7. /nl/articles/2106/14/news048.jpg 大好きなお父さんが帰宅すると、猫が駆け寄って…… 寄り添って甘える猫ちゃんのお出迎えがうらやましい
  8. /nl/articles/2106/14/news081.jpg 田中将大の愛妻家ぶりを妻・里田まいと息子がレポート “父の日”テストの回答が「尊い」「最高」「泣きそう」と反響
  9. /nl/articles/2005/06/news010.jpg 病床の少女に死神が迫る→連れて行くどころか看病するオカン死神の漫画にほっこり
  10. /nl/articles/2106/14/news036.jpg 外出自粛で健康診断が“見たことのない数字”に 自宅最高と思っていたらヤバいことになった実録漫画が人ごとじゃない

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  2. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」
  3. 熊田曜子、“離婚決意”後初の動画で銀座ホステスに 「極妻」の不用意発言に苦言も
  4. 「お」「ま」「ち」「こ」「う」「ん」の文字が書かれたダイスを振って役を作る神ゲー「んこダイス」登場 → 「ドラクエ」を抜いてSteam売上1位に
  5. 注射前は“無”の表情だったワンコ、帰りの車では…… 無敵になったワンコの表情ビフォーアフターが面白い
  6. めちゃくちゃ煽ってくる「GR スープラ」を捉えた1枚の写真が話題に モニターに映し出される「ようこそ、親の脛かじりさん」イタズラ 仕掛け人は父親
  7. 美術館に侵入する黒猫と警備員の攻防戦、4年の時を経て…… 「また来たニャ」な猫ちゃんと優しいスタッフのやりとりがあたたかい
  8. 子猫「おねがい、おねがい!」 ごはんの前でおねだりをする子猫ちゃんがかわいい!
  9. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  10. 「1万曲入りiPodをオークションに出したら飛ぶように売れた」 宮下崇『連続起業家のTHEORY』が物議、会社側は「事実確認中」

先月の総合アクセスTOP10