ニュース
» 2014年02月13日 15時32分 公開

「妻のお気に入りのAK47が火を噴きます」 Amazonの防弾座布団のレビューがバイオレンス

「先日お寺へ納経へ行ったんですが、その際に過激派ゲリラの銃撃が始まり、この座布団のお陰で命を守る事が出来ました」

[haruYasy.,ねとらぼ]

 なんでもとは言わないけど、だいたいの物が買える通販サイトAmazonで、とある商品のカスタマーレビューがすごいことになっています。

 その商品は防弾素材を使った日用品「防弾ザブトン 本皮(1枚皮)」。お値段23万円とかなり高価な座布団ですが、人間2人までカバーできる優れた性能を持っているんだとか。

 投稿されているレビューは19件。たったの19件と思うかもしれませんが、「先日お寺へ納経へ行ったんですが、その際に過激派ゲリラの銃撃が始まり、この座布団のお陰で命を守る事が出来ました」「アラスカで白熊と対決する時役立ちました。盾として座布団を持って行き、素手で戦いました」という活用例(?)や、「うちの妻は、気合の入ったガンマニアです(中略)うっかり夫婦喧嘩しようものなら妻のお気に入りのAK47が火を噴きます」と夫婦げんかで撃たれて助かった話などなど、投稿内容が絶妙なネタとなっていて、うっかり想像してしまおうものなら吹き出すこと間違いなし。

妻がAK-47を持ちだしたパターン
「某国で座イスが爆発するという記事を見てから心が休まる時がありませんでした。そんな中この商品を見つけ、購入することで安心して仕事ができるようになりました」……某国の爆発ネタに絡めて

 この無駄に洗練された無駄なセンスはどこからくるんでしょうか……私も見習いたいものです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」