ニュース
» 2014年02月13日 16時06分 公開

はてなが承認欲求に特化したまとめサービス「大承認」を公開したから承認してあげてほしい

自分がネット上で褒められたら「承認プラットフォーム 大承認」にまとめよう!

[ねとらぼ]

 インターネット上で自分や自分の作品が褒められた!――という記録をまとめることに特化したWebサービス「承認プラットフォーム 大承認」をはてなが公開しました。はてなの実験的サービス置き場である「はてラボ」発のサービスで、はてなIDを持っていれば無料で利用できます。

photo

 同サービスは、はてないわく「クリエイターのためのオアシス」。ネットで情報を発信したり作品を発表すると批判にさらされることも多いわけですが、大承認では自分が褒められた思い出だけをネット上から引っ張ってきて、それを他のユーザーと共有し、他のユーザーから祝ってもらえます。めっちゃ温室!!!

 想定される使い方を具体的に説明すると、例えばTwitterに「ねとらぼでヒット記事を連発している凄腕ライターに会っちゃった! イケメンで背も高くて紳士で服のセンスも最高でマジでビックリした! これから告白してくる!」という投稿があったとします。もし筆者が大承認を使っていた場合、こうした思い出をURL付きで自分のまとめページに保存して、後から読み返して悦に入ることができるわけです。しかもほかのユーザーにそれを見せびらかし、「寿」ボタンで祝ってもらえる可能性すらあるのです。

photo さっそくログインして投稿画面を確認してみたぞ!

 もちろん、「この記事書いたクソ記者誰だよ」「内容がいかにもキモ男の発想www」とかはネット上にはあるかもしれませんが自分のまとめページには引用しなければいいわけです。しかも、「本人がまとめるだけでなく、友達が褒められているのを見つけたら、見つけた人が承認を登録することで、本人に教えてあげることができます」とのことで、自分が知らないところで褒められていた記録もまとまるかもしれません。すてき〜めっちゃ承認欲求満たされるわこれ〜。

 ちなみにユーザーの投稿はトップページに新着としてズラリと表示される仕組みで、トップページにはいろんなユーザーの自慢というか承認された思い出が並んでいます。知らない人の投稿も、寿ボタンでお祝いしてあげられますよ。トップページを見ていると……早くも想定外の使い方をしているユーザーも多いあるようですが、どんなサービスに育つのでしょうか。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する