ニュース
» 2014年02月18日 11時30分 公開

歌詞ハイセンスすぎるだろ UEI清水さんの「80年代流行歌風歌詞自動生成システム」が面白い

「ねとらぼ」「ふなっしー」など好きなキーワードを打ち込んでボタンを押すと、それをテーマにした80年代歌詞が完成する。

[ねとらぼ]

 1980年代の流行歌のような歌詞を自動で作ってくれるシステム「80年代流行歌自動生成システム」が楽しいです。ユビキタスエンターテインメント社長・清水亮さんが開発したもので、自身のブログでも紹介しています


画像

 システムの遊び方は、入力欄に好きなキーワードを打ち込んで「再生成」ボタンを押すだけ。キーワードをテーマにした歌詞が数秒でできあがります。さっそく「ねとらぼ」と打ち込んで作ってみました。

ビバリーヒルズへ行こうって言うオレ

シャネルを自慢するねとらぼ

思い伝え切れなくて

オレを教室から連れ出して

素直になれない

Youとビバリーヒルズ

耳元で囁くねとらぼ

深紅のねとらぼ


 ひたすらビバリーヒルズに憧れる歌詞ができました。曲にシンセサイザーが多用されそう……バブル世代真っ盛りというか80年代っぽい! この調子で3番まで歌詞は作られます。「再生成」ボタンを押すたびに違う歌詞がリロードされるそうなので、もう1度、ポチリ。

どうしたらいいの

鯉みたいなねとらぼ

オレのねとらぼ

飛んで行ってしまいそう

オレのねとらぼ

きみだけのねとらぼ

抱きしめてねとらぼ

歌舞伎町のねとらぼ


 今度は場末のスナックで流れそうな、昭和歌謡っぽいのができました。3番では歌詞の主人公がなぜかねとらぼを思い返して上野へと発ちます。

 このように打ち込んだ単語でランダムに歌詞を作ってくれます。仕組みとしては、歌詞に一人称、二人称、場所の単語名をいれる箇所が設定されていて、アルゴリズムにのっとりながら打ち込んだキーワードやいろんな80年代っぽい単語を組み合わせて歌詞を作っているようです。

 清水さんのブログによると、ゲンロンカフェのワークショップ「ノンプログラマー・プログラミング講座」で「楽しいアルゴリズム」をテーマで取り扱ったときにこのシステムを作ったとのこと。「テーマの選択がキモだから、ぜひ遊んでみてください」だそうです。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」