ニュース
» 2014年02月18日 11時30分 公開

歌詞ハイセンスすぎるだろ UEI清水さんの「80年代流行歌風歌詞自動生成システム」が面白い

「ねとらぼ」「ふなっしー」など好きなキーワードを打ち込んでボタンを押すと、それをテーマにした80年代歌詞が完成する。

[ねとらぼ]

 1980年代の流行歌のような歌詞を自動で作ってくれるシステム「80年代流行歌自動生成システム」が楽しいです。ユビキタスエンターテインメント社長・清水亮さんが開発したもので、自身のブログでも紹介しています


画像

 システムの遊び方は、入力欄に好きなキーワードを打ち込んで「再生成」ボタンを押すだけ。キーワードをテーマにした歌詞が数秒でできあがります。さっそく「ねとらぼ」と打ち込んで作ってみました。

ビバリーヒルズへ行こうって言うオレ

シャネルを自慢するねとらぼ

思い伝え切れなくて

オレを教室から連れ出して

素直になれない

Youとビバリーヒルズ

耳元で囁くねとらぼ

深紅のねとらぼ


 ひたすらビバリーヒルズに憧れる歌詞ができました。曲にシンセサイザーが多用されそう……バブル世代真っ盛りというか80年代っぽい! この調子で3番まで歌詞は作られます。「再生成」ボタンを押すたびに違う歌詞がリロードされるそうなので、もう1度、ポチリ。

どうしたらいいの

鯉みたいなねとらぼ

オレのねとらぼ

飛んで行ってしまいそう

オレのねとらぼ

きみだけのねとらぼ

抱きしめてねとらぼ

歌舞伎町のねとらぼ


 今度は場末のスナックで流れそうな、昭和歌謡っぽいのができました。3番では歌詞の主人公がなぜかねとらぼを思い返して上野へと発ちます。

 このように打ち込んだ単語でランダムに歌詞を作ってくれます。仕組みとしては、歌詞に一人称、二人称、場所の単語名をいれる箇所が設定されていて、アルゴリズムにのっとりながら打ち込んだキーワードやいろんな80年代っぽい単語を組み合わせて歌詞を作っているようです。

 清水さんのブログによると、ゲンロンカフェのワークショップ「ノンプログラマー・プログラミング講座」で「楽しいアルゴリズム」をテーマで取り扱ったときにこのシステムを作ったとのこと。「テーマの選択がキモだから、ぜひ遊んでみてください」だそうです。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  2. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」
  3. 熊田曜子、“離婚決意”後初の動画で銀座ホステスに 「極妻」の不用意発言に苦言も
  4. 「お」「ま」「ち」「こ」「う」「ん」の文字が書かれたダイスを振って役を作る神ゲー「んこダイス」登場 → 「ドラクエ」を抜いてSteam売上1位に
  5. 注射前は“無”の表情だったワンコ、帰りの車では…… 無敵になったワンコの表情ビフォーアフターが面白い
  6. めちゃくちゃ煽ってくる「GR スープラ」を捉えた1枚の写真が話題に モニターに映し出される「ようこそ、親の脛かじりさん」イタズラ 仕掛け人は父親
  7. 美術館に侵入する黒猫と警備員の攻防戦、4年の時を経て…… 「また来たニャ」な猫ちゃんと優しいスタッフのやりとりがあたたかい
  8. 子猫「おねがい、おねがい!」 ごはんの前でおねだりをする子猫ちゃんがかわいい!
  9. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  10. 「1万曲入りiPodをオークションに出したら飛ぶように売れた」 宮下崇『連続起業家のTHEORY』が物議、会社側は「事実確認中」

先月の総合アクセスTOP10