ニュース
» 2014年02月18日 11時30分 公開

歌詞ハイセンスすぎるだろ UEI清水さんの「80年代流行歌風歌詞自動生成システム」が面白い

「ねとらぼ」「ふなっしー」など好きなキーワードを打ち込んでボタンを押すと、それをテーマにした80年代歌詞が完成する。

[ねとらぼ]

 1980年代の流行歌のような歌詞を自動で作ってくれるシステム「80年代流行歌自動生成システム」が楽しいです。ユビキタスエンターテインメント社長・清水亮さんが開発したもので、自身のブログでも紹介しています


画像

 システムの遊び方は、入力欄に好きなキーワードを打ち込んで「再生成」ボタンを押すだけ。キーワードをテーマにした歌詞が数秒でできあがります。さっそく「ねとらぼ」と打ち込んで作ってみました。

ビバリーヒルズへ行こうって言うオレ

シャネルを自慢するねとらぼ

思い伝え切れなくて

オレを教室から連れ出して

素直になれない

Youとビバリーヒルズ

耳元で囁くねとらぼ

深紅のねとらぼ


 ひたすらビバリーヒルズに憧れる歌詞ができました。曲にシンセサイザーが多用されそう……バブル世代真っ盛りというか80年代っぽい! この調子で3番まで歌詞は作られます。「再生成」ボタンを押すたびに違う歌詞がリロードされるそうなので、もう1度、ポチリ。

どうしたらいいの

鯉みたいなねとらぼ

オレのねとらぼ

飛んで行ってしまいそう

オレのねとらぼ

きみだけのねとらぼ

抱きしめてねとらぼ

歌舞伎町のねとらぼ


 今度は場末のスナックで流れそうな、昭和歌謡っぽいのができました。3番では歌詞の主人公がなぜかねとらぼを思い返して上野へと発ちます。

 このように打ち込んだ単語でランダムに歌詞を作ってくれます。仕組みとしては、歌詞に一人称、二人称、場所の単語名をいれる箇所が設定されていて、アルゴリズムにのっとりながら打ち込んだキーワードやいろんな80年代っぽい単語を組み合わせて歌詞を作っているようです。

 清水さんのブログによると、ゲンロンカフェのワークショップ「ノンプログラマー・プログラミング講座」で「楽しいアルゴリズム」をテーマで取り扱ったときにこのシステムを作ったとのこと。「テーマの選択がキモだから、ぜひ遊んでみてください」だそうです。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響