ニュース
» 2014年02月20日 09時30分 公開

【閲覧注意】海外のアーティストが作った“肉テント”が衝撃的 中に腸のような造形がいっぱい

恐ろしいビジュアル……作品にはいったいどんなメッセージが?

[ねとらぼ]

 海外のアーティストが製作した“肉テント”が衝撃的なビジュアルをしています。サーモンピンクのテントの中いっぱいに腸のような造形が広がり、入り口からはその腸そっくりの物体と血のような液体が外へ漏れ出しているというものです。

画像 テントなのに入れない!!!

 作品のタイトルは「Embrace the Base(基底の抱擁)」。繊維ガラスの彫刻にワックスを塗り、腸のようなピンク色を演出しています。

画像画像 肉々しすぎるというかグロいというか……なんでこんなテントを?

 作者はスイス出身で英国ロンドンを拠点に活動中のAndrea Haslerさん。Andreaさんは英国バークシャー州の新グリーナム美術館から委任され、2013年8月から作品のプロジェクトを立ち上げました。

 美術館付近のグリーナム・コモンは、1980年代に女性たちが大規模かつ長期に渡る反核運動を行ったとして知られる地です。Andreaさんの肉テントは、女性らが運動時にこの地で張ったテントや、彼女らの人間らしく肉々しい美学を思い起こさせる作品となっています。ナイロン製のテントの布も、感情を閉じ込める皮膚をイメージしているそうです。

画像 テント布は、感情を閉じ込める皮膚をイメージ

画像 同プロジェクト内で作品はほかにも

 Andreaさんは同プロジェクトでほかにも、丸い肉塊から両足だけが生えたものや片手だけが突き出たものなど、グリーナム・コモンの女性を表現した彫刻を数点製作しています。Vimeoに投稿された動画では製作風景も見られます。


Image Credit:Andrea Hasler



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. /nl/articles/2008/09/news006.jpg お風呂に入れられ激オコ顔の猫ちゃん しかし…… ギャップのあるリアクションが面白かわいい
  3. /nl/articles/2008/10/news030.jpg 漫画『アクタージュ act-age』週刊少年ジャンプ36・37合併号の掲載をもって打ち切り決定 原作者の逮捕受け週刊少年ジャンプ編集部が発表
  4. /nl/articles/1809/03/news057.jpg 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. /nl/articles/2008/10/news005.jpg 犬「わーい!」→「なんか違った……」 プールに入ったポメラニアンの表情ビフォーアフターがかわいい
  6. /nl/articles/1811/13/news086.jpg 「ババアはいらねぇ」「死んじまえ」 ディズニーランドの“キャラクター出演者”がパワハラ巡り訴訟 原告が「ゲストの夢最優先してきたが限界」と涙の訴え
  7. /nl/articles/2008/10/news010.jpg 友達は数じゃない、年齢や肩書でもない――年齢も立場も全く違うゲーム友達を描いた漫画に「素敵な関係」
  8. /nl/articles/2008/09/news019.jpg ジャンプ編集部、『アクタージュ』原作者逮捕の報道にコメント 「重く受け止めております」
  9. /nl/articles/2008/10/news025.jpg 「紙の呼吸 壱ノ型!」 段ボールで作った『鬼滅の刃』“伊之助の被り物”が「伊之助そのもの」「欲しい」とTwitterで絶賛
  10. /nl/articles/2008/10/news001.jpg 「てめぇフォロワーは何人だ!」街でぶつかった人に斜め上の怒鳴られ方をする「耐え子の日常」ープレッシャー編ー