ニュース
» 2014年02月21日 18時05分 公開

ソチ五輪・男子スキークロスで大ハプニング 実況&解説テンションMAXで「永久保存版」な名言連発

名言で知られる三浦豪太さんの解説は“大草原不可避”状態でした。

[ねとらぼ]

 ソチ五輪で2月20日に行われたフリースタイルスキー男子スキークロス準々決勝第1組が、史上まれに見る展開となり、テレビ中継の実況&解説も大盛り上がりだったと話題になっています。特に、“ゴンちゃん”こと、三浦豪太さんの解説はテンションMAXで、名言を連発していました。一連のハイライトシーンを、民放テレビ局の五輪配信サイトNHKの特設サイトが公開しています。

五輪配信サイト

 スキークロスは、急カーブやジャンプスポットなどがあるコース(約1キロ)を4人同時に滑走する競技。「雪上のモトクロス」とも呼ばれ、決勝トーナメントは上位2人が勝ち抜ける方式です。JOC(日本オリンピック委員会)の競技ガイドによると、勝負の鍵を握るのはスタートダッシュ。先行してインコースに入るとそう簡単には追い抜けないそうです。

 ところが、今回のレースではゴール直前に大ハプニングが発生します。最後のジャンプで、先頭のノルバリ選手が着地でバランスを崩すと、後方にいたコロトコフ選手、ペッリネン選手まで一斉に転倒。直前まで3番手にいて唯一転ばなかったニーデラー選手がちゃっかり1位を獲得します。

 すると、解説の三浦さんは、レース前からニーデラー選手を「(小柄で)忍者的」として注目していたため、「さすが忍者!!」と大興奮。実況のアナウンサーが、「抜き足差し足忍び足! いつのまにかニーデラー!」と乗っかると、「何かまいてたんですかね!?」とノリノリで繋げます。

 このほかにも、バンクーバー五輪の名セリフ「ディス イズ カーリング」をもじった「ディス イズ スキークロス」や「ドラマ以上にアニメ的」といったフレーズを生み出していました。

 極めつけはゴールシーンのリプレイ場面。スローで再生すると、転倒した3選手がほぼ同時にスライディングフィニッシュしていることが判明します。この珍事には、「(ゴールラインを)転びながらくぐっているwww」「おおっとwwwなかなか見ないですよ、この光景」「すごいwww手を伸ばしているwww」と、まさに“草不可避”な状態に。

 それでも、こうした感情をストレートに表現した解説には、「今大会ベスト」「これは永久保存版」「最高だわwww 俄然この競技好きになった」「誘い笑いやめて(笑)」「日本いないのに、一番興奮した&面白かった!! 次回オリンピックも、ぜひ同じアナウンサー&三浦さんの解説で」など、視聴者からはおおむね好反応が寄せられています。実況や解説の凄さを改めて感じさせてくれる出来事でした。

三浦豪太さん(MIURA DOLPHINSより)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」