ニュース
» 2014年02月28日 19時56分 公開

「ホッキョクグマの首都」チャーチルがGoogleストリートビューに登場 ツンドラを散策しながらホッキョクグマに会おう

ホッキョクグマの旅の軌跡をたどれる「Bear Tracker」も楽しい。

[ねとらぼ]

 「ホッキョクグマの首都」と呼ばれるチャーチル(カナダ・マニトバ州)が、Googleストリートビューに加わりました。ツンドラの辺地であるここは、エサをもとめて北極海の氷を旅するホッキョクグマの拠点の1つ。ツンドラを散策しながらホッキョクグマを発見できます。


画像 チャーチルはカナダのハドソン湾沿いにあるツンドラ地帯

 撮影はホッキョクグマの保護団体「Polar Bears International(PBI)」とGoogleが協力して行ったもの。ツンドラ・バギーという、生き物に干渉することなく不安定な地形を渡れる乗り物にカメラを取り付け、チャーチルとワパスク国立公園周辺の画像を収集しました。

画像 特集サイトでは気候変動による影響など、チャーチルやホッキョクグマが直面している問題について説明している

 チャーチルの地理を連続した画像で記録することは、温暖化で個体数が減りつつあるホッキョクグマの保全活動にもつながるそうです。特集サイトではホッキョクグマがどのような問題に直面しているのかをスライド画像などで説明しています。ほかにもPBIがGoogleマップと提携して作成している「Bear Tracker」では、ホッキョクグマが海氷を旅してきた軌跡を、時間の経過とともに地図上で見ることができます。

画像 「Bear Tracker」ホッキョクグマはどのように海氷を渡っている?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む