ニュース
» 2014年02月28日 19時56分 公開

「ホッキョクグマの首都」チャーチルがGoogleストリートビューに登場 ツンドラを散策しながらホッキョクグマに会おう

ホッキョクグマの旅の軌跡をたどれる「Bear Tracker」も楽しい。

[ねとらぼ]

 「ホッキョクグマの首都」と呼ばれるチャーチル(カナダ・マニトバ州)が、Googleストリートビューに加わりました。ツンドラの辺地であるここは、エサをもとめて北極海の氷を旅するホッキョクグマの拠点の1つ。ツンドラを散策しながらホッキョクグマを発見できます。


画像 チャーチルはカナダのハドソン湾沿いにあるツンドラ地帯

 撮影はホッキョクグマの保護団体「Polar Bears International(PBI)」とGoogleが協力して行ったもの。ツンドラ・バギーという、生き物に干渉することなく不安定な地形を渡れる乗り物にカメラを取り付け、チャーチルとワパスク国立公園周辺の画像を収集しました。

画像 特集サイトでは気候変動による影響など、チャーチルやホッキョクグマが直面している問題について説明している

 チャーチルの地理を連続した画像で記録することは、温暖化で個体数が減りつつあるホッキョクグマの保全活動にもつながるそうです。特集サイトではホッキョクグマがどのような問題に直面しているのかをスライド画像などで説明しています。ほかにもPBIがGoogleマップと提携して作成している「Bear Tracker」では、ホッキョクグマが海氷を旅してきた軌跡を、時間の経過とともに地図上で見ることができます。

画像 「Bear Tracker」ホッキョクグマはどのように海氷を渡っている?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」