ニュース
» 2014年03月04日 15時56分 公開

山形新幹線に紫色の「つばさ」 足湯やお座敷のある新幹線「とれいゆ」も

新デザインのつばさは山形県の県鳥「おしどり」や県花「紅花」がモチーフ。「乗ること自体が目的となる列車」として、新列車「とれいゆ」も導入する。

[ねとらぼ]

 JR東日本は3月4日、山形新幹線の「つばさ」新デザインと、新列車「とれいゆ」を発表した。

「つばさ」新デザイン

 新デザインのつばさは4月下旬ごろから運用の予定。先端と上部の紫色は、山形県の県鳥「おしどり」がモチーフとなっている。帯は県花「紅花」の生花の鮮やかな黄色を基調に、染料に加工されるにつれ赤色へ変化していく「紅花」の色の移ろいを先頭部に向けてのグラデーションで表した。

 新たな車両シンボルマークには、山形の四季をあらわす4つのデザインを順番に配した。東京寄りの片面には春を表す「桜」と「ふきのとう」、もう片面に夏を表す「紅花」と「サクランボ」、山形寄りの片面には秋を表す「稲穂」と「りんご」、もう片面に冬を表す「蔵王の樹氷」を並べた。

 新列車「とれいゆ」は「乗ること自体が目的となる列車」。車両はE3系を改造し、列車内には畳座席や足湯、お座敷、バーカウンターなどを設ける。外観は山形の主峰「月山」をモチーフに、グリーンを基調とし、先頭には最上川のブルーを配した。「食」「温泉」「歴史・文化」「自然」を温泉街のように散策しながら列車の旅を楽しんでもらうというデザインコンセプトがテーマ。

「とれいゆ」

 7月以降に山形エリア(福島〜新庄間)を中心とした山形新幹線区間で営業運転を開始する予定。名称は列車のトレインとフランス語で太陽を意味する「ソレイユ」から来ている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」