ニュース
» 2014年03月04日 15時56分 公開

山形新幹線に紫色の「つばさ」 足湯やお座敷のある新幹線「とれいゆ」も

新デザインのつばさは山形県の県鳥「おしどり」や県花「紅花」がモチーフ。「乗ること自体が目的となる列車」として、新列車「とれいゆ」も導入する。

[ねとらぼ]

 JR東日本は3月4日、山形新幹線の「つばさ」新デザインと、新列車「とれいゆ」を発表した。

「つばさ」新デザイン

 新デザインのつばさは4月下旬ごろから運用の予定。先端と上部の紫色は、山形県の県鳥「おしどり」がモチーフとなっている。帯は県花「紅花」の生花の鮮やかな黄色を基調に、染料に加工されるにつれ赤色へ変化していく「紅花」の色の移ろいを先頭部に向けてのグラデーションで表した。

 新たな車両シンボルマークには、山形の四季をあらわす4つのデザインを順番に配した。東京寄りの片面には春を表す「桜」と「ふきのとう」、もう片面に夏を表す「紅花」と「サクランボ」、山形寄りの片面には秋を表す「稲穂」と「りんご」、もう片面に冬を表す「蔵王の樹氷」を並べた。

 新列車「とれいゆ」は「乗ること自体が目的となる列車」。車両はE3系を改造し、列車内には畳座席や足湯、お座敷、バーカウンターなどを設ける。外観は山形の主峰「月山」をモチーフに、グリーンを基調とし、先頭には最上川のブルーを配した。「食」「温泉」「歴史・文化」「自然」を温泉街のように散策しながら列車の旅を楽しんでもらうというデザインコンセプトがテーマ。

「とれいゆ」

 7月以降に山形エリア(福島〜新庄間)を中心とした山形新幹線区間で営業運転を開始する予定。名称は列車のトレインとフランス語で太陽を意味する「ソレイユ」から来ている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響