ニュース
» 2014年03月08日 10時00分 公開

「マクロスF」とロボット工学がコラボレーション! 実物大VF-25が東京スカイツリーに登場!

東京ソラマチにオープンした「千葉工業大学スカイツリータウンキャンパス Area II惑星探査ゾーン」で、実物大VF-25が展示されている。

[Tokyo Otaku Mode]
tokyoOtakuMode

 2月21日、東京スカイツリーに隣接する商業施設・東京ソラマチの8Fにて、「マクロスF」に登場する「バルキリーVF-25」の実物大模型がプレス向けに先行披露された。この実物大模型は、2月22日にグランドオープンする「千葉工業大学スカイツリータウンキャンパス Area II惑星探査ゾーン」の一環として展示される。入場料は無料。

 今回の企画は、体験型のアトラクションゾーン体験型展示施設「惑星探査ゾーン」として開設された。最新技術を駆使したアストロバイオロジーにフォーカスしている。隕石「ギベオン(Gibeon)」で鍛えた日本刀、日本の月探査機「かぐや」で撮影した映像で月面飛行が体験できるコーナーなどが用意されている。そして目玉が「バルキリーVF-25F」だ。

 「バルキリーVF-25F」は、「マクロスF」の主役メカ。作中では主人公・早乙女アルトらメインキャラクターが搭乗する可変戦闘機だ。展示されている実物大模型は、ガウォーク形態の前半部を披露。全長9m、全高4.03m、最大幅8mと迫力満点だ。アートディレクターとして天神英貴、メカデザイナーとして「マクロスF」の総監督・河森正治が監修。アニメ制作ビッグウエストも特別協力している。アニメの製作陣が関わっただけあり、ディテールにこだわった「バルキリーVF-25」が実現している。

 会場に来場した「マクロスF」の総監督・河森正治は、「私はもともと機械工学系の出身。飛行機やロボット、自動車を作りたかった人間です。その道に進めなかった分、アニメーションの世界に足を踏み入れました。こうして現実と接点を持ち、ロボットを作る夢が叶うのは嬉しいです」とコメント。そして海外のファンに対して「スカイツリー観光にいらっしゃった日本国外の方、とくにマクロスファンにはぜひ見てほしいです」とアピールしている。

千葉工業大学スカイツリータウンキャンパス AreaII惑星探査ゾーン

場所:東京都墨田区押上1-1-2 東京スカイツリータウン ソラマチ イーストヤード8F

開催日時:10:30〜18:00(常設展示)

入場料: 無料


MACROSS Official Site

(c)2007 ビッグウエスト/マクロスF制作委員会・MBS

(c)2009,2011 ビッグウエスト/劇場版マクロスF制作委員会

英文記事:A Collaboration Between Macross F and Robotics! Life-Size VF-25 Appears at Tokyo Skytree!

© Tokyo Otaku Mode Inc.