ニュース
» 2014年03月10日 15時57分 公開

岸田メル先生が“うさちゃん顔メイク”の「メル子」に……「コンプティーク」の連載が毎回すごい

過去には島風コスも。

[ねとらぼ]

 イラストレーターの岸田メルさんが、流行の“うさちゃん顔メイク”に挑戦して「メル子」となった姿を、自身のTwitterに投稿しています。メイク方法の詳細は、3月10日発売のコンプティーク4月号に掲載されています。

 コンプティークには「岸田メルのこんなプレイはどうですか?」という連載コーナーがあり、そこで岸田さんは、声優の徳井青空さんと一緒に毎回コスプレ企画に挑戦しています。2月号(1月発売)で披露した艦娘の島風コスは、とてもインパクトがあって一部ネットでも話題になりました。

画像 コンプティーク(KADOKAWA)2014年4月号。表紙はKEIさんの初音ミク

 そんな岸田さんが今号でトライしたのは、旬のメイク。「ネコ目メイクはもう古い!? 次の流行は“うさちゃん顔メイク”」(参考:女性誌「ViVi」特集)とする記事を発見し、「うさちゃんがトレードマークの俺としてはこれしかない」と思ったそうです。うさちゃん顔は、つぶらな瞳、ふわふわの白い肌、甘えてないのに甘えて見える小動物系とのこと。具体的には、トリンドル玲奈さん、能年玲奈さん、有村架純さんなどがあてはまるそうです。

 岸田さんは「(体格のいい)先生と全然違う方向じゃないですか!」と編集さんからツッコミが入りながらも、メイクを実践。すると、先のツイート画像のように、予想外にいい感じの仕上がりとなり、徳井さんが「メル先生がすごい美女!!!」と絶賛する展開へ……。連載コーナーはフルカラー4ページで、読み応えバッチリ。「これアリだよね?」とノリノリの岸田さんを確認できます。

 コンプティーク4月号は、人気作家陣の「艦隊これくしょん」スペシャルピンナップブック、初音ミクのリバーシブル下敷きなどが付いて、価格は895円(税別)です。


画像画像 「艦隊これくしょん」スペシャルピンナップブックやミクの下敷きなど付録も豪華でした

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」