ニュース
» 2014年03月10日 15時57分 公開

岸田メル先生が“うさちゃん顔メイク”の「メル子」に……「コンプティーク」の連載が毎回すごい

過去には島風コスも。

[ねとらぼ]

 イラストレーターの岸田メルさんが、流行の“うさちゃん顔メイク”に挑戦して「メル子」となった姿を、自身のTwitterに投稿しています。メイク方法の詳細は、3月10日発売のコンプティーク4月号に掲載されています。

 コンプティークには「岸田メルのこんなプレイはどうですか?」という連載コーナーがあり、そこで岸田さんは、声優の徳井青空さんと一緒に毎回コスプレ企画に挑戦しています。2月号(1月発売)で披露した艦娘の島風コスは、とてもインパクトがあって一部ネットでも話題になりました。

画像 コンプティーク(KADOKAWA)2014年4月号。表紙はKEIさんの初音ミク

 そんな岸田さんが今号でトライしたのは、旬のメイク。「ネコ目メイクはもう古い!? 次の流行は“うさちゃん顔メイク”」(参考:女性誌「ViVi」特集)とする記事を発見し、「うさちゃんがトレードマークの俺としてはこれしかない」と思ったそうです。うさちゃん顔は、つぶらな瞳、ふわふわの白い肌、甘えてないのに甘えて見える小動物系とのこと。具体的には、トリンドル玲奈さん、能年玲奈さん、有村架純さんなどがあてはまるそうです。

 岸田さんは「(体格のいい)先生と全然違う方向じゃないですか!」と編集さんからツッコミが入りながらも、メイクを実践。すると、先のツイート画像のように、予想外にいい感じの仕上がりとなり、徳井さんが「メル先生がすごい美女!!!」と絶賛する展開へ……。連載コーナーはフルカラー4ページで、読み応えバッチリ。「これアリだよね?」とノリノリの岸田さんを確認できます。

 コンプティーク4月号は、人気作家陣の「艦隊これくしょん」スペシャルピンナップブック、初音ミクのリバーシブル下敷きなどが付いて、価格は895円(税別)です。


画像画像 「艦隊これくしょん」スペシャルピンナップブックやミクの下敷きなど付録も豪華でした

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2010/20/news078.jpg ざわちん、“6時間”かけた『鬼滅の刃』炭治郎&禰豆子コス披露 悪戦苦闘したメイクには「おでこだけ似とる……」
  2. /nl/articles/2010/19/news112.jpg 「クオリティがひどい」「傷が入っている」 指摘相次いでいた「名探偵コナン」スノードーム、販売元が返金対応を決定
  3. /nl/articles/2010/20/news079.jpg 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  4. /nl/articles/2010/19/news147.jpg ハイジとは……(困惑) 牧歌的要素ゼロの映画「マッド・ハイジ」、ティーザー映像から漂うトガりっぷりが狂気のレベル
  5. /nl/articles/2003/06/news126.jpg 「めちゃくちゃ再現度高い」「やばすぎる…まんまじゃん…」 叶美香、『鬼滅の刃』甘露寺蜜璃コスが“本物”でしかない
  6. /nl/articles/2010/19/news073.jpg 「コマンドプロンプトは黒い画面に文字がたくさん出て怖い」→「チャット風」にしてみた LINEみたいで「分かりやすい」と話題に
  7. /nl/articles/2010/19/news031.jpg 「拾った猫が10日ほどで別猫に……」 愛情をたっぷり受けた保護猫のビフォーアフターに驚き
  8. /nl/articles/2010/20/news089.jpg やっぱりビジュアルすごいな! 「きかんしゃトーマス」劇場版最新作、0系新幹線“最速のケンジ”登場にネット再び動揺
  9. /nl/articles/2003/29/news014.jpg 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  10. /nl/articles/2010/19/news133.jpg ナスカの地上絵で“古代ネコ”発見 衝撃ニュースにネット騒然