ニュース
» 2014年03月24日 11時40分 公開

実物大イングラムが圧巻! アニメのセットでコスプレも――「AnimeJapan」徹底リポート日本最大級のアニメの祭典爆誕!(1/3 ページ)

「機動警察パトレイバー」の実物大イングラムが来場者を圧倒し、海外から多数のコスプレイヤーも来日した。盛り上がった「AnimeJapan」の模様をお届け。

[松岡洋,ねとらぼ]

 日本最大級となるアニメイベント「AnimeJapan2014」が3月22〜23日、東京ビッグサイトで開催された。

 会場には光の3原色にちなんだR・G・Bの3つのステージや、テレビアニメの50年の歴史を代表するアニメ半世紀シアターなどが設置され、アニメ制作スタッフや声優陣のトークやライブイベントが終日催され、観客を魅了。

 近日公開の実写版「機動警察パトレイバー」に登場する実物大イングラムも展示され、来場者はその大きさに圧倒されていた。

(※パノラマ合成のためゆがみがあります)

 会場には、ねとらぼでもおなじみの痛印堂や、アニメの舞台となった立川市などのアニメ関連のブースも出展。

左:痛印堂 右:立川市のブース

 また、さまざまな実演展示も行われており、ソニーではHMD(ヘッドマウントディスプレイ)で、頭部の姿勢に追随して「IDOLM@STER」の765プロ事務所を見渡せる展示や、サテライトの「ノブナガ・ザ・フール」のモーションキャプチャーの実演も行われていた。モーションキャプチャー実演では、白いマーカーを無数に身につけたスーツアクターを、カメラでキャプチャーする様子が見られた。

左:ソニーのHMD 右:モーションキャプチャーの実演

 ゾンビのメイクアップやコスプレ衣装の貸し出しなどもあり、即席のコスプレ体験も行われていた。

左:ゾンビメイク 右:コスプレ衣装貸し出しもあった

 今回、記者が特に感じたのが海外からの参加者の多様さだった。話を聞いただけでもイギリス、カナダ、コスタリカ、イタリア、フランス、ボスニア・ヘルツェゴビナ、アメリカ、チリなどからこのイベントでコスプレするために来日しており、いずれも本国でのアニメイベントなどでコスプレを楽しんでいるとのことだった。

左:イギリスからの参加者 右:こちらはカナダから
左:コスタリカから 右:イタリアから
フランスから参加。テンション高めのマリオとルイージはところかまわず乱入
左:ボスニア・ヘルツェゴビナのアニメファン(現在はアメリカ在住) 右:チリから
アメリカから参加。誕生日のごほうびの家族旅行。行き先はもちろん日本!

 特に南米のコスタリカやチリからは日本への直行便がないため、アメリカやカナダ経由で2日かけてやってくるほどの情熱が感じられた。

 屋内のコスプレイヤーズワールドにはさまざまなアニメの背景が設置されており、常に人垣ができるほどの人気となっていた。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」