ニュース
» 2014年03月25日 18時24分 公開

TEAM MIRAI×グッスマ「パイクスピーク参戦」発表 別名“雲へ向かうレース”で天使のミクさん雲上へ羽ばたく

前年モデルから大幅な軽量化を果たし、まさに“雲に向かって舞い上がる”のにふさわしいマシンに。

[戸津弘貴,ねとらぼ]

画像

 3月24日、秋葉原UDXの東京アニメセンターにて、TEAM MIRAIによる「パイクスピーク参戦発表会」が行われた。グッドスマイルレーシングとコラボし、レーシングミクのデザインで彩られたEV(電動バイク)で参戦するという。

 「パイクスピーク・インター­ナショナル・ヒルクライム(Pikes Peak International Hillclimb)」は、別名「雲へ向かうレース(The Race to the Clouds)」と言われ、標高2862メートルのスタート地点から4301メートルの頂上まで、つづら折りの峠道を一気に走り抜ける過酷なレース。4輪車ではクルマに酸素ボンベを積むケースもある中、バイクではそのようなことはしないという。


画像 今回参戦する電動バイク「TT 零13 改」

画像 側面にはレーシングミク(2014ver.)をペイント

 去年のマン島TTに引き続き、グッドスマイルレーシングとのコラボを継続し、レーシングミク(2014ver.)で彩られた電動バイク「TT 零13 改」でのチャレンジとなる。


画像 チーム監督でライダーの岸本ヨシヒロ氏

 今回のチャレンジに関して、チーム監督でライダーの岸本ヨシヒロ氏は、(去年のマン島TTでライダーの松下ヨシナリ氏が事故で亡くなり、代走を務めたイアン・ロッカー選手も引退ということで)マン島のレースを走ることができるライダーがおらず、一時はEVレースへの参戦を断念することも考えたという。しかし、後に続く若い人たち、チームのためにもチャレンジを続けていきたいという思いで模索していたところ、パイクスピークにEVカテゴリが設けられたことを知り、チャレンジすることを決めたのだそう。


画像 グッドスマイルレーシングの末岡大祐氏

 グッドスマイルレーシングの末岡大祐氏は、電動バイクと初音ミクのコラボについて、どちらも「技術革新や新ジャンルを切り開く象徴」であること、「多くの人々が関わって作り上げるCGM的観点」などの共通点を指摘。これらの共通点からコラボレーションに至ったと、昨年に続いて経緯を説明した。


画像 マシンについて説明する岸本氏

 今回の「TT 零13 改」のスペックとして特筆すべきはその重さ。わずか143キログラム(前年モデルが約180キログラム)という軽量なボディは、天使なミクさんが雲に向かって舞い上がるにふさわしい。切り返しの多いヒルクライムコースでは、軽量であることがマシンコントロールにも優位に影響するため非常に重要。電動バイクの場合、どうしてもバッテリー部分が重くなってしまうので、車体部分での軽量化を徹底したという。


画像 ブラシモーターの部品は国産にこだわった

 電動バイクの心臓部と言えるモーターはアグニ社製の空冷ブラシモーター。大電流をモーターに伝える重要な部品であるブラシは国産にこだわりオーパック社製を採用した。ブラシレスモーターが主流な現在、ブラシモーターは一世代古い印象があるが、アクセルレスポンスが良く、バイクの特性に良く合っていて、乗っていてすごく楽しいということだ。

 また、パイクスピークのレギュレーションとしてスピーカー(近接音)を付けレース中に流さなくてはならないという。(権利上の問題などクリアすべき課題は多いが)せっかくミクとコラボしているので、「電動バイクならではの音の要素」を加えたいと意欲を見せてくれた。パイクスピークのコースでミクの歌が流れる日も近い!?

 「TEAM MIRAI」は、限られた予算の中で、最大限のパフォーマンスを出そうと努力をしている。そんな「TEAM MIRAI」を応援しようと、グッドスマイルレーシングをはじめ、多くの企業も協賛しているが、「個人でも応援したい!」という人のために各種グッズの販売や応援制度(フェロー・個人スポンサー)なども用意しているという。

 現在は、「TEAM MIRAI WEB SHOP」にてグッズを販売中。天使の羽根の1枚として参加してみてはどうだろう。


画像 「個人スポンサー」向けにさまざまなグッズも展開

画像 ステッカー、キーホルダー

画像 パイクスピークのロゴがプリントされたグッズも

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  2. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  3. /nl/articles/2112/02/news012.jpg 年末年始は特に注意! 空き巣未遂にあった実体験漫画に「怖い」「気をつけないと」
  4. /nl/articles/2112/02/news121.jpg 「俺、死ぬな」 はじめしゃちょー、5日続いた39度の熱で救急病院へ 4キロ減した“意外な原因”に「みなさんも気をつけて!」
  5. /nl/articles/2112/01/news186.jpg 「私の留守中に着払いで」藤本美貴、秘密の買い物が夫にバレる 庄司智春の粋な対応に反響「ミキティにメロメロじゃ」
  6. /nl/articles/2112/02/news081.jpg 「凸してきたお前に困惑」 朝倉未来「1000万円企画」巡る週刊誌取材を非難 一般人の母親“激撮”へ「ヤバすぎる!」
  7. /nl/articles/2112/02/news098.jpg 竹原慎二、“ガチンコ”2期生・藤野と18年ぶりの大ゲンカ ピー音連打の不穏な現場に「待ってました」「完全にあの頃の二人」
  8. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  9. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  10. /nl/articles/2112/01/news015.jpg 人斬りが仕事の男が化け狐に懐かれて…… “悲しい化け物”の漫画に胸が苦しくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」