ニュース
» 2014年03月27日 10時00分 公開

シック・ジャパンによると何をやっても詰んでたことが判明 女性の本心を知る『男のリアル好感度顔』【PR】

どうしたらいいのか困惑。

[ITmedia]

 モテたいですか? そう聞かれたら自信をもって答えたい。はい、モテたいですと。かっこつけている場合じゃないんです。モテたいんですよ! それなのにシック・ジャパンさんはぼくたちに見たくない現実を突きつけてくれています。

 それがこちら。「モデル・OL・大学生が選ぶ!『男のリアル好感度顔』」。タイプも年齢も職業も違う3人の女性が本音で男性の“顔”に求めるものを説いていただけるというありがたいサイトです。「男は顔じゃない」という優しい建前を軽く飛び越えてくる容赦なさに震えてきます。


シック 彼女たちがあなたを完膚無きまでに切り捨てます

 サイトではヒゲやマユなどの処理で変わる見た目ごとに3人がわいわい意見申し上げているわけですが、まずはどう皆さんの心を折りにきているかをご覧ください。


シック タイプは5つ。ボサボサ、ワイルド、ゲジマユ、さわやか、キメ顔

 タイプは5つ。ヒゲもマユゲも「ボサボサさん」、徹夜明けで無精ヒゲの「ワイルドさん」、マユ毛がぼーぼーの「ゲジマユさん」、清潔感あふれる「さわやかさん」、マユで細すぎる「キメ顔さん」とそろえています。

 まずは「ボサボサさん」の場合。


シック ボサボサはダメ

 これは想定内です。ボサボサですから、身だしなみを整えないとダメとたしなめられるだろうとは思っていました。

 でもね、「うわ〜、完全に野生」から始まり、「遭難した人」「野生児」と言われ放題。年齢不詳で下品で、香水キツそうとまで散々です。偏見だよ!

 では、次に「ワイルドさん」にいってみましょう。


シック ワイルドもダメ

 ワイルドだめなの? 無精ヒゲでモテモテな人いっぱいいるじゃないですか。でも3人からは疲れた顔にしか見えずに、テンション高くて無駄にグイグイくると敬遠ぎみ。さらに「チャラい」のひと言でバッサリです。

 次に「ゲジマユさん」にいってみましょう。たぶん想像どおりの展開ですきっと。


シック ゲジマユもダメ。それにしても写真の使い回しが気になります

 あれ? 惜しいの? ボサボサのマユ毛がなければ、いい感じと残念そう。でも、マユ毛処理がちゃんとできていないと、ハナ毛と同じで気になって仕方がないとのこと。なるほどね。ちなみに「キメ顔さん」も行き過ぎた身だしなみを指摘しながらも「惜しい」との声が。

 結局、「さわやかさん」なら3人とも納得だし、モテるんでしょ? と思った方、甘い。「さわやかさん」をご覧ください。


シック さわやかでもダメ! なんでや!

 キッチリしているけど「つまらない」「もうちょっと隙があってもいい」だと? どうしろというんだ!!! どっちにしろダメなんじゃないか!

 さわやかだけど、「ギャップがほしい」、これはこれでアリだけど「キープするのが大変そう」と、自分のことは成層圏くらいにまで上げに上げ、男性への要求は厳しいものになっています。結局なにをしても無駄なんじゃないか! モテないじゃないか! 詰んだわ。シック・ジャパンさん、これ全部バットエンドだけどどういうことなの?



ところが……

 でも女心は分からないものです。3人集まって女子トークしている間はこき下ろしていた彼女たちですが、「女性たちのアドバイスを見る」では様子が違うようです。

 例えば「ゲジマユさん」の場合、OLの三浦さんが的確にアドバイスしてくれ、「もしも面倒なら、私がやってあげる」なんて優しい言葉をかけてくれます。

 なんだなんだ? ツンデレか?

 不評だった「ボサボサさん」でも学生の江澤さんは、抵抗はあるけど整えてくれるだけでもと妥協して心の広さを見せてくれています。

 ……かわいいな。

 そしてなんで文句言われたかよく分からない「さわやかさん」についてモデルの早川さんは、自分が面倒なところがあると認めたうえで、手を抜いていいと女神のように微笑んでくれています。

 これはもう恋してますね、分かります。

 彼女たちのデレぶりはキャンペーンサイトで確認してください。


シック

シック

シック やっぱりみんなの前では恥ずかしかったのかなー(前向き)

 みんなの前では強がって気丈に振る舞うけど、2人きりになると甘えてくるなんて女性もいるものです。たぶんどこかにいます。Yahoo!知恵袋とかに書いてました。このサイトではそうした女性の心の機微みたいなものも我々に教えてくれているのかもしれません。別にシックの新商品「ハイドロ5 グルーマー」をオススメするためだけのものではないと信じています。ただ、身だしなみは整えておくにこしたことはないので、とりあえずヒゲのお手入れついでにマユ毛の処理も心がけたいものです。

 ヒゲやマユのお手入れに自信のない方は「ヒゲソリついでのフェイシャルケア」を参考にするのをオススメします。また、「ハイドロ5 グルーマー」が1000人に当たるキャンペーンも実施しているのでそちらに挑戦してみるのもいいでしょう。


 なお、タイプ別のモデルになった男性がイケメンだからこういう結果になったとかは考えないことにしましょう。

シックシックシック ボサボサ→さわやか→ドヤー。これ、ヒゲがボーボーだろうがマユ毛がゲジゲジだろうが、ベースがよかっただけなんじゃ……(そして、考えるのをやめた)

提供:シック・ジャパン株式会社

アイティメディア営業企画/制作:ねとらぼ 編集部/掲載内容有効期限:2014年4月9日


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/20/news011.jpg 飼い主の指をしゃぶりたい保護子猫、大声で激おこ→「満足です……Zzz」 別猫のようなビフォーアフターがかわいい
  2. /nl/articles/2201/20/news094.jpg 「今日もぐんぐんグルトは買えませんでした」 “雪に埋もれた自販機”を1カ月間観測し続けた道民に注目集まる
  3. /nl/articles/1902/28/news005.jpg 「お前やってることは法律に引っかかってんだよ!」 コインハイブ事件、神奈川県警がすごむ取り調べ音声を入手
  4. /nl/articles/2201/20/news012.jpg 守りたい小さな背中の保護子猫が、5カ月後…… ずんぐりむっくりに成長したビフォーアフターに感動
  5. /nl/articles/2201/20/news010.jpg 「猫はコタツで丸くなるんですか?」「いいえ、雪道を猛ダッシュします」 兄姉犬と元気に散歩する猫がかわいい
  6. /nl/articles/2201/19/news025.jpg 「ペレットはお付けしますか?」 ハンバーグの注文でよく分からず「食後で」頼んでしまう4コマがシュール
  7. /nl/articles/2201/20/news154.jpg 「2人ともスタイルが流石!」「現役可愛い」 高島礼子&とよた真帆、デパ地下で遭遇した“50代美女”ショットに反響
  8. /nl/articles/2201/19/news024.jpg 昔出会った不思議な小学生、10数年前ぶりに家を訪れ「ゾクリッ」 実話怪談漫画の結末が不気味
  9. /nl/articles/2201/20/news079.jpg 3日ぶりに再会した子猫とハスキー、愛が爆発し…… 熱烈歓迎がとまらない子猫と諦めて受け入れるワンコが尊い
  10. /nl/articles/2201/20/news026.jpg 【漫画】「男の子の双子です」と言うと……「お家ボロボロにされるわよぉ」 アドバイスに戦慄するママに体験談集まる

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」