ニュース
» 2014年03月27日 16時46分 公開

関西弁の音声合成「琴葉 茜・葵」がめっちゃええねん!

関西弁の茜と標準語の葵は双子っていう設定やねんで!

[松尾公也,ねとらぼ]

 「合成音声が関西弁でしゃべるんやって」「なんでやねん」「せやかて方言の女の子ってかわいいやん?」ということで、エーアイの合成音声技術AITalk3を搭載したVOICEROID+の新製品「琴葉(ことのは) 茜・葵」が4月25日発売されます。発売元はAHS。ダウンロード版8980円(税別)から。パッケージ版、動画編集ソフトとのパックもあり。

画像

 VOICEROIDはAITalkの技術を使ったWindows用音声合成パッケージ。これまでに幼女、幼児から吉田くん、VOCALOIDと同時発売された結月ゆかりなどが販売されていますが、関西弁はもちろん初めて。他の音声合成ソフトでも例がありません。

 関西弁独自のイントネーションを備えた「茜」と、同じ声質だけど標準語の「葵」、2人は双子という設定。キャラクターボイスをつとめるのは人気声優の榊原ゆいさん。キャラクターデザインは吉田ヨシツギさん。榊原さんは関西弁を操れるのですが、実際には収録は標準語で行われ、別の人の関西弁イントネーションを摘用したのだとか。なお、この関西弁は特定地域のものではないそうです。細かいところはエディットして、ということですね。公式サイトではデモ音声を再生できます。

画像

 実はこれ、AHSではなく、エーアイ自ら企画から設定まで考えた最初のVOICEROID。これまでラブプラス、しゃべってコンシェルなど、企業向けに提供してきたエーアイの音声合成技術ですが、これから一般向けパッケージとしても拡大していきたいそうです。

 「琴葉 茜・葵」はVOICEROIDとしての最新の編集機能が入っていて、一音一音で音の高さなどの調整をすることができるため、簡易的に歌をうたわせる「裏技」も可能。発表会では「かえるの歌」を見事に歌っていました。VOCALOIDのような専用の編集機能を提供するつもりはないそうですが、音質が22kHzに向上したこともあり、歌わせてみた的なものもでてきそうです。

 MMDモデルの提供や、2次創作作品コンテストの開催も予定しており、関西の企業や自治体とのコラボも考えているそうなので、地域おこしを考えているところはぜひ。VOICEROIDでは、結月ゆかりが女満別空港でコラボしてますしね。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響