ニュース
» 2014年04月09日 10時00分 公開

ネットを知らないフリーターから大人気ニコ生主へ 「芸達者すぎるデブ」恭一郎さんインタビュー(1/2 ページ)

歌にラップにトークにモノマネでテレビ出演も。

[たろちん,ねとらぼ]
画像

 ネット上では行きすぎた生主の炎上など、ネガティブな要素が語られることもあるニコニコ生放送。その一方で、常に高い人気を得る生主には本当にものすごい才能を感じさせる人物も多い。その代表的な存在がコミュニティ加入者20万人以上の人気生主「恭一郎」さんだ。

 漫画だらけの部屋でほとんどいつも上半身裸、体重は120キロ級。放送スタイルは一見、いかにもうさんくさい顔出し配信者なのだが、人気の秘密はその広すぎる芸の幅にある。異様に上手いラップと高すぎる歌唱力、豊富なモノマネのレパートリー、そして一癖も二癖もある「Skype凸」たちを華麗にさばいていくトーク力。放送で披露された数々のパフォーマンスは、ニコ生の枠を超えてYouTubeなどでも話題となり、ついにはテレビ出演のオファーを受けるまでになっている。初めて知ったという人は以下の動画のどれかを再生してみると、その才能の片鱗を感じることができると思う。

動画が取得できませんでした
テレビでも紹介されたTKG
動画が取得できませんでした
書き込まれたコメントをアドリブでラップ化する「ファミラップ」
動画が取得できませんでした
謎の美声
動画が取得できませんでした
消臭力のうたもこの通り

 その才能は多くのメディア関係者の目に留まっているようで、この4月にはサントリーのWeb CMで壇蜜さんとも共演。4月26日からの「ニコニコ超会議3」への出演も決まっている。この現状を当の「恭ちゃん」はどう思っているのか、インタビューに行ってきた。

動画が取得できませんでした

インターネットには興味がなかった

――そもそもニコ生を始めるきっかけはなんだったんですか?

恭一郎 もともと外で友達と遊んだり漫画やアニメを観たりするほうが好きで、インターネットには興味がなかったんです。初めてノートパソコンを買ったのもニコ生のサービスが始まる少し前くらい。実は最初にニコニコにハマったのは妹で、ニコ生を始めたのも妹なんですよ。たまに俺も一緒に放送に出たりしたんですけど、その時は「うわっ、コメント流れてる。キモッ」て感じでした(笑)。

――へー、それは意外な導入ですね。それがなぜ1人で放送をするように?

恭一郎 俺が当時付き合ってた彼女にフラれちゃってすごい落ち込んでる時があったんです。それを妹の放送で言ったらおなじみの「ざまあwww」みたいなコメントに混じって「俺らがいるだろ」ってコメントがあったんです。その安っぽいコメントを見た時に「あっ、お前らいるじゃん」ってすーっと心が軽くなって(笑)。それから「俺もこういう風に落ち込んでる人たちを喜ばせられたらいいな」と思って1人で放送するようになりました。

画像 ユーモアと愛嬌(あいきょう)のあるキャラでユーザーからは「恭ちゃん」の愛称で人気

――放送のスタイルは最初から顔出しだったんですか?

恭一郎 いや、最初は真っ暗な画面で雑談してるだけでした。でも、妹から「お前はなんでカメラに映してないのに変顔するんだ」ってツッコまれたので、その日にWebカメラを買ってきて。それから段々今みたいな放送スタイルになっていきましたね。

――初めて顔出しした時の反応はどうでした?

恭一郎 「クソデブやんwww」でした(笑)。でも、そこからコミュニティの人数が一気に何百人、何千人と増えていきました。変顔がヒットしたみたいです。

――ネットで顔を出すことに抵抗はなかったですか?

恭一郎 最初の2週間で羞恥心は全部捨てました。高校時代にバカすぎて普通の高校に行けなくて夜間制の高校に行ったんですけど、そこだと周りがお不良さんみたいなやつばっかりなんですよ。その人たちと最初どう付き合えばいいか分かんなかったんですけど、自分がバカやったら笑ってくれて。そのまんま「面白ければなんだっていい」ってスタンスで成長してるので、別に顔出しがどうこうという抵抗はなかったですね。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/08/news205.jpg 仲里依紗、LAで自分を解放「全身タトゥー」姿公開 「英語なんかまじ喋れないけどノリで会話できてる」
  2. /nl/articles/1809/19/news114.jpg 人気女優の顔じゃない! 川口春奈、ほぼ瀕死のグロッキー状態に心配の声「完全に目がいってます」
  3. /nl/articles/2208/09/news101.jpg 川口春奈、トガッてた19歳時の“ガニ股イキりショット”を公開し反響 「野生の春奈ちゃん」「牙を剥く若かりし頃のはーちゃん」
  4. /nl/articles/2208/08/news051.jpg 妻が猫ちゃんを呼ぶと→「にゃあ〜」、しかし夫が呼ぶと…… 完璧に無視する態度の違いに笑いと応援の声
  5. /nl/articles/2208/08/news024.jpg 飼い主「イタズラ誰がやったの?」→しょぼんとする兄柴犬 or ニッコニコの妹柴犬 分かりやすすぎる犯ワンに100%納得
  6. /nl/articles/2208/09/news040.jpg 涼しさ求めた朝散歩、お母さん柴犬→拒否柴発動! ガンとして動かない様子に「まだ寝ていたかったんだね」の声
  7. /nl/articles/2208/08/news202.jpg ひろゆき氏VSガーシー議員らの論争にドワンゴ川上氏が反応 ガーシー議員からの“暴露宣言”に「ただの恐喝」
  8. /nl/articles/1903/09/news018.jpg 「完全におっさんの飲み方」 川口春奈、ジョッキビールをかっくらう“飾らない姿”にファン驚き
  9. /nl/articles/2208/09/news125.jpg 「男闘呼組」岡本健一、53歳の“色気ダダ漏れ”ショットに黄色い声援 「鳥肌たちました」「罪なカッコ良さ」
  10. /nl/articles/2007/15/news150.jpg 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい