ネットを知らないフリーターから大人気ニコ生主へ 「芸達者すぎるデブ」恭一郎さんインタビュー(2/2 ページ)

» 2014年04月09日 10時00分 公開
[たろちん,ねとらぼ]
前のページへ 1|2       

素人だから面白い「ニコニコ動画」

――歌とかモノマネとかトークとかすごいマルチに活躍してますけど、以前から何かそういう活動をやってたんですか?

恭一郎 それよく言われるんですど、ほんとにアニメとゲームくらいしかやってこなかったんですよ。歌とか小学生の頃はほんとにジャイアンそのものでした(笑)。でも中学くらいから歌が好きになってきて、いろんなアーティストのマネをして歌ってたんです。そしたら「すごい上手くなったね」って急に言われるようになって。ラップもニコニコ動画で歌い手の「タイツォン」さんのラップを聴いてかっこいいなと思って、その人のモノマネばっかりしてました。

――あ、ラップもニコニコ動画がきっかけなんですね。

恭一郎 だから本気のラップ好きの人からしたら笑われると思いますよ。でも、ぶっちゃけプロよりニコニコ動画の歌い手さんの歌を聴いてるほうが好きなんです。自分の中で、プロって上手くてかっこよくても「まあ、プロだからね」って終わっちゃうんですけど、ニコニコ動画は「素人なのにすごい、なんで?」っていうところが面白い。自分にニコニコ動画ってすごくあってると思います。

――自分がプロになろうとは考えないですか?

恭一郎 基本的にはないですね。業界でプロとしてずっとやっていくってすごく厳しいことだと思います。今はテレビとか超会議の仕事の依頼もありますけど、そんなの下手したら今年いっぱいくらいだと思ってるので。もし将来の安定が約束されるならタレントとかにもなるかもしれないですけど、そもそも俺のこと好きな人はそんなにテレビとか観てない人なんじゃないですかね。

画像 コミュニティレベルはカンストの256

――めっちゃ現実的ですね。単純にやってみたいとも思わないですか?

恭一郎 俺、将来やりたいことって特になくて、今付き合ってる彼女と結婚するのが一番やりたいことなんですよ。普段はスーパーでバイトしてるんですけど、ずっとそこで正社員になろうと頑張っててニコ生はその暇つぶしだったんです。ただ、ニコニコのユーザーチャンネルとかYouTube広告の収入がバイトより増えちゃった時に、せっかくなら稼げる内はそっちで稼ごうって彼女が言ってくれて。だから、超会議もギャラが出なかったら「バイトします」って断ってます(笑)。

画像

――世の中に「結婚するために裸でニコ生やってる」って人がいることが衝撃です(笑)。

恭一郎 そういうことはニコ生でも普段から言ってるので。今年中にネットの活動で1000万円貯めるのが目標です!

――でも人を楽しませる才能がある人にちゃんとお金が入るっていうのはいい時代だと思います。もし今のような収入が得られなくなったらニコ生はやめちゃうんですか?

恭一郎 元々が暇つぶしですし、ニコニコ自体は大好きなので、お金にならなくなってもニコ生はやってると思いますよ。歌が上手いとかトークが面白いとか、何かひとつすごい才能があってプロになる人は多いですけど、俺は欲張りなんで歌もラップもしゃべりも全部やりたいんです。それだったら素人で楽しくやってるほうが面白いかなと思ってます。

――例えばお金をもらって超会議に出演すると、普段のニコ生とは意識が違ってしまう部分が出てきませんか?

恭一郎 それはないですね。普段変なことばっかりしてる俺が超会議だからって急に「皆様に笑顔をお届けします」とか言い出したら観に来てる人も嫌だと思うので。だからいつも通り楽しくやりたいと思います。

――ファンの人の気持ちを考えてるあたりはすごくプロ意識がある気がします。

恭一郎 ああ、最近ひとつだけ辛いのはこの体型の維持ですね。膝と腰にきちゃっててほんとは20キロくらい落としたいんですけど、デブっていう立場上そうもいかないのが辛いところです(笑)。

画像 取材場所となったドワンゴのオフィスで恭ちゃんスマイルを披露。今をときめく大人気生主にも関わらず、自分の現状をすごく客観的に捉えているのが印象的でした
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/27/news031.jpg 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  2. /nl/articles/2402/27/news134.jpg 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  3. /nl/articles/2402/27/news032.jpg 体調が不安な愛猫を病院へ→先生に「笑われた」診察風景が244万表示! 思わぬ結果と珍しい姿に「落ち着き方すごいw」
  4. /nl/articles/2402/27/news030.jpg 1歳娘、寒い日にホットミルクを飲んだ瞬間…… しみじみ味わう爆笑の一言に「かわいすぎます」「スタバおいしそう」
  5. /nl/articles/2402/09/news148.jpg パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  6. /nl/articles/2402/27/news126.jpg 「ホント理想の家族」「普段から当たり前のよう」 “6男7女の大家族”うるしやま家の大黒柱パパ、“13人分の洗濯物”をテキパキたたむ姿が尊敬しかない
  7. /nl/articles/2402/27/news036.jpg 【今日の計算】「699×7」を計算せよ
  8. /nl/articles/2402/18/news016.jpg 築36年住宅のありふれた玄関を、2万円以下でDIYしたら…… 雰囲気激変の作業まとめに反響「このお値段でこのクオリティー、すごい!」
  9. /nl/articles/2402/27/news075.jpg 「すき家へ1000日以上通い続ける男」に届いたプレゼント “斜め上過ぎる中身”に困惑「何に使うんだこれ」
  10. /nl/articles/2402/26/news029.jpg 冷え込む深夜、玄関の前に何かを訴える野良猫が現れて…… 試行錯誤の保護劇に「長期戦お疲れさまです」「暖かい部屋に入れて良かった」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」