ニュース
» 2014年04月09日 13時02分 公開

日本は「まったくベクトル違う」 Oculus Riftなぜ“日本優先出荷”に? 創業者が語った「日本ヤバイ」の理由

他の国に比べ、日本のOculus Rift購入者には「ある特徴」があったそう。

[松岡洋,ねとらぼ]

Oculus Rift「新型は日本優先出荷」を明言

 ねとらぼでもたびたび紹介しているVR(バーチャルリアリティ)ヘッドセット「Oculus Rift」。その次世代型にあたる「DK2(開発キット2)」が日本でお披露目され、Oculus VR創業者・Palmer Luckey氏が「DK2は日本に優先的に出荷する」と語った。

 Oculus Riftは開発者向けの「DK1」がすでに6万セット出荷され、より高性能なDK2が今年の7月に発売される予定。すでに大量の注文が世界中から殺到しており、日本からも約3000セットの注文が来ているが、Palmer氏によると、特に「日本に優先的に出荷する」という。4月7日〜8日に行われた、Unityの開発者セミナー「Unite Japan 2014」の基調講演での出来事で、Palmer氏が優先出荷を発表すると会場はたちまち割れんばかりの歓声に包まれた。


画像 Oculus VR創業者のPalmer Luckey氏


圧倒的だったアプリ公開数

 なぜOculus VRは日本をこれほどまでに優遇するのか。その最大の理由は、日本に根付いている「同人創作活動」にあった。

 ねとらぼでもこれまでミクさんと握手できる「MikuMikuAkushu」や、添い寝ができる「MikuMikuSoine」などのアプリを紹介してきた。Oculus VRでは世界中から日々公開されるOculus Riftのアプリを観察しており、その中でも日本のアプリがひときわ目立っていたこと、さらに日本からのOculus Riftの注文が日を追うごとに増えていたことに注目していたそうだ。


画像 日本市場の特異性について語るPalmer氏

 一方、そんなこととはつゆ知らず、日本からOculus Riftを注文した人たちの間では1つの噂が飛び交っていた。「注文したらすぐ届いたんだけど、これって日本からの注文は最優先で送ってきてない?」「うちもすぐ届いたので驚いた」

 Palmer氏に直接取材したところ、日本以外の国では、Oculus Riftを購入したユーザーはOculus側が用意したデモアプリを動かしてそれで終わりというのがほとんどで、実際にアプリを開発することはまれだったという。これに対し、日本では最終的に3000から5000セット出荷された(注文経路が様々なため把握している概数)のに対し、現在までに数百本ものアプリを公開。この実績から「日本がもっとも有望な開発者のコミュニティである」と評価、最優先で出荷していたというわけだ。



主婦もOculus開発を楽しんでいる――世界よ、これが日本だ

 そんな日本の開発コミュニティを象徴しているのが、以前紹介した「主婦ゆに」だ(紹介記事)。これまでPCすらほとんど使っていなかったという“主婦”が、Twitterでさまざまな人からアドバイスをもらいながら、わずか数カ月でOculus Riftの開発をマスターした。この日“主婦”さんは師匠の@GOROman氏とともに登壇し、OculusRiftを体験した“主婦さんのお母様”のお礼の言葉をPalmer氏に伝えていた。


画像画像 ただの主婦がなぜかOculusアプリ開発を作ってしまった「主婦ゆに」のセッション

画像画像 「こんなに楽しいものができるまで長生きできてよかったわ!」と“お母様”

画像画像 Palmer氏の襟元に見覚えのあるものが! 実はPalmer氏は初音ミクの大ファンで、ミクさんのTシャツを着ていたのだ

 UnityのCEO・David Helgason氏とPalmer氏の共同記者会見では、両氏とも日本のユーザーのクリエイティブ能力に注目しており、この国から生み出されるものに期待している様子がうかがえた。

 Palmer氏は基調講演で、日本の開発者コミュニティが生み出す作品を「まったくベクトルの違う」ものと言及していたが、こんなの(下の吉田早希さんの写真参照)見たらそりゃあ思うよね。


画像 Palmer氏と肩を組む、UnityのCEO・David Helgason氏

画像画像 たまたま遊びに来ていた「グラドル自画撮り部副部長」の吉田早希さん。会場では乗馬体験ソフトにまたがったり、MikuMikuSoineを楽しんだりしていた。これが日本のVRシーンの最先端だ!

 ちなみにPalmer氏は、アニメ「ソードアート・オンライン」の大ファンなのだそう。理由はVR(バーチャルリアリティ)が物語のキーデバイスになっているから。彼女が日本のアニメの大ファンで、さまざまなアニメを一緒に見ているそうだ。

 二次元の彼女と握手したり添い寝したりと日本の創作活動は妄想が原動力になっており、Oculusの新型が日本に届けばさらに妄想が加速するのは間違いないだろう。「世界よ、これが日本だ」と。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/1907/29/news103.jpg 秋吉久美子、亡き息子の誕生日に思いをつづる 「二人は常に連なって一緒に生きている」
  2. /nl/articles/2104/12/news014.jpg 柴犬たちもソーシャルディスタンスばっちり……! 絶妙な距離感で並ぶ柴犬親子が面白かわいい
  3. /nl/articles/2104/12/news075.jpg 「3時のヒロイン」ゆめっち、メイクのビフォーアフターに驚きの声 「ライザップのCMくらいの衝撃」「違う人かと思った…!」
  4. /nl/articles/2104/12/news077.jpg 「カブトボーグ」がJ:COMの無料チャンネルでまさかの再放送! 「次回予告がウソ」「ヒロインが週替わり」数々の伝説残したカオスアニメ
  5. /nl/articles/2104/12/news128.jpg 元“小学生ホスト”琉ちゃろ、中学入学で10年ぶりの黒髪に 母ちいめろは校則に苦言も、本人は「そんなに違和感がなくてびっくり」
  6. /nl/articles/2010/05/news063.jpg 第2子妊娠の浜崎あゆみ、42歳バースデーで華やかな豪邸披露 「幸せの形は人それぞれ」と私生活に持論 
  7. /nl/articles/2104/11/news006.jpg 仕事中でも注意散漫、集団行動ができない「発達障害」な漫画家の通院体験漫画『なおりはしないが、ましになる』
  8. /nl/articles/2104/12/news022.jpg 尿意を限界突破しながら我が子のピンチを救う漫画 お散歩アクシデントを跳ね飛ばす母の愛に感動&爆笑
  9. /nl/articles/2104/11/news007.jpg 在宅ワーク中、猫たちがPC前を占拠して…… 「残業は禁止ニャ!」と訴える元保護猫の姉妹がかわいい
  10. /nl/articles/2104/12/news033.jpg 桜玉吉『伊豆漫玉エレジー』が本日発売、還暦を迎えた玉吉先生と担当のプチ対談をお届け 「お元気ですか?」「元気じゃないよ(笑)」

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声