ニュース
» 2014年04月09日 13時02分 公開

日本は「まったくベクトル違う」 Oculus Riftなぜ“日本優先出荷”に? 創業者が語った「日本ヤバイ」の理由

他の国に比べ、日本のOculus Rift購入者には「ある特徴」があったそう。

[松岡洋,ねとらぼ]

Oculus Rift「新型は日本優先出荷」を明言

 ねとらぼでもたびたび紹介しているVR(バーチャルリアリティ)ヘッドセット「Oculus Rift」。その次世代型にあたる「DK2(開発キット2)」が日本でお披露目され、Oculus VR創業者・Palmer Luckey氏が「DK2は日本に優先的に出荷する」と語った。

 Oculus Riftは開発者向けの「DK1」がすでに6万セット出荷され、より高性能なDK2が今年の7月に発売される予定。すでに大量の注文が世界中から殺到しており、日本からも約3000セットの注文が来ているが、Palmer氏によると、特に「日本に優先的に出荷する」という。4月7日〜8日に行われた、Unityの開発者セミナー「Unite Japan 2014」の基調講演での出来事で、Palmer氏が優先出荷を発表すると会場はたちまち割れんばかりの歓声に包まれた。


画像 Oculus VR創業者のPalmer Luckey氏


圧倒的だったアプリ公開数

 なぜOculus VRは日本をこれほどまでに優遇するのか。その最大の理由は、日本に根付いている「同人創作活動」にあった。

 ねとらぼでもこれまでミクさんと握手できる「MikuMikuAkushu」や、添い寝ができる「MikuMikuSoine」などのアプリを紹介してきた。Oculus VRでは世界中から日々公開されるOculus Riftのアプリを観察しており、その中でも日本のアプリがひときわ目立っていたこと、さらに日本からのOculus Riftの注文が日を追うごとに増えていたことに注目していたそうだ。


画像 日本市場の特異性について語るPalmer氏

 一方、そんなこととはつゆ知らず、日本からOculus Riftを注文した人たちの間では1つの噂が飛び交っていた。「注文したらすぐ届いたんだけど、これって日本からの注文は最優先で送ってきてない?」「うちもすぐ届いたので驚いた」

 Palmer氏に直接取材したところ、日本以外の国では、Oculus Riftを購入したユーザーはOculus側が用意したデモアプリを動かしてそれで終わりというのがほとんどで、実際にアプリを開発することはまれだったという。これに対し、日本では最終的に3000から5000セット出荷された(注文経路が様々なため把握している概数)のに対し、現在までに数百本ものアプリを公開。この実績から「日本がもっとも有望な開発者のコミュニティである」と評価、最優先で出荷していたというわけだ。



主婦もOculus開発を楽しんでいる――世界よ、これが日本だ

 そんな日本の開発コミュニティを象徴しているのが、以前紹介した「主婦ゆに」だ(紹介記事)。これまでPCすらほとんど使っていなかったという“主婦”が、Twitterでさまざまな人からアドバイスをもらいながら、わずか数カ月でOculus Riftの開発をマスターした。この日“主婦”さんは師匠の@GOROman氏とともに登壇し、OculusRiftを体験した“主婦さんのお母様”のお礼の言葉をPalmer氏に伝えていた。


画像画像 ただの主婦がなぜかOculusアプリ開発を作ってしまった「主婦ゆに」のセッション

画像画像 「こんなに楽しいものができるまで長生きできてよかったわ!」と“お母様”

画像画像 Palmer氏の襟元に見覚えのあるものが! 実はPalmer氏は初音ミクの大ファンで、ミクさんのTシャツを着ていたのだ

 UnityのCEO・David Helgason氏とPalmer氏の共同記者会見では、両氏とも日本のユーザーのクリエイティブ能力に注目しており、この国から生み出されるものに期待している様子がうかがえた。

 Palmer氏は基調講演で、日本の開発者コミュニティが生み出す作品を「まったくベクトルの違う」ものと言及していたが、こんなの(下の吉田早希さんの写真参照)見たらそりゃあ思うよね。


画像 Palmer氏と肩を組む、UnityのCEO・David Helgason氏

画像画像 たまたま遊びに来ていた「グラドル自画撮り部副部長」の吉田早希さん。会場では乗馬体験ソフトにまたがったり、MikuMikuSoineを楽しんだりしていた。これが日本のVRシーンの最先端だ!

 ちなみにPalmer氏は、アニメ「ソードアート・オンライン」の大ファンなのだそう。理由はVR(バーチャルリアリティ)が物語のキーデバイスになっているから。彼女が日本のアニメの大ファンで、さまざまなアニメを一緒に見ているそうだ。

 二次元の彼女と握手したり添い寝したりと日本の創作活動は妄想が原動力になっており、Oculusの新型が日本に届けばさらに妄想が加速するのは間違いないだろう。「世界よ、これが日本だ」と。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/28/news013.jpg 4コマ“全員医学部出てない”が大惨事の予感しかない 「大至急首にネギを巻くんだ! 生姜湯も飲ませろ!」
  2. /nl/articles/2201/27/news192.jpg ちっちゃすぎるのかでっかすぎるのか 大相撲・高安関と11カ月娘のスニーカー比較写真が「ガリバー旅行記」と反響
  3. /nl/articles/2201/27/news182.jpg ガンダムがスノボやってる!? ゲレンデをさっそうと滑るコスプレボーダーが「連邦の面白い悪魔」と人気
  4. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  5. /nl/articles/2201/28/news085.jpg 「だれかわからなかった」 国生さゆり、今年初ソロショットで茶髪ボブへ大胆イメチェン 好評の声へ「可愛いと自覚致します」
  6. /nl/articles/2111/02/news016.jpg “重みのある一言”に「ゾクッとした」 登山中に「あなた危ないわよ」と注意された体験談漫画に反響集まる
  7. /nl/articles/2201/28/news141.jpg 米43歳の元人気子役、2年のドラッグ断ちですっかり別人に! 「歯がなくて座っていられなかった」過去から復活へ
  8. /nl/articles/2201/28/news081.jpg 水族館「オニカマス展示中です」→魚クラスタ「ヤシャカマスでは?」 野生の魚博士が間違いを発見、水族館に経緯を聞いた
  9. /nl/articles/2201/27/news165.jpg パパ、気を確かに! ベッカム「娘に好きな人がいるっていわれた」絶望フェースが世界中の父親に突き刺さる
  10. /nl/articles/2201/28/news050.jpg 「もう無理……」 虚無感漂う置物「いろいろむりになってきたカエル」がじわじわくるかわいさ

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」