ニュース
» 2014年04月09日 16時45分 公開

歯みがきでモンスターを退治! スマホと連動してゲームが遊べる歯ブラシ「Grush」が楽しそう

歯ブラシをコントローラ代わりにしていろんなゲームが遊べるぞ。

[ねとらぼ]

画像

 歯みがきをゲームとして楽しめる子ども向け歯ブラシ「Grush」が、クラウドファンディングサイト「indiegogo」で資金提供を募っています。歯ブラシにはモーションセンサー機能が内蔵されており、スマートフォンに入れた専用アプリと連動させると、「歯ブラシを動かしてモンスターをやっつける」といったゲームで遊べます。


画像 子どもへの歯みがきの習慣づけが捗りそう

 内蔵のセンサーにより、ブラシが歯のどの位置にあるか、こするときのストロークや強さ、回転などの動きをすべて読み取ることが可能。これらの情報は無線で専用アプリに送信され、歯ブラシをコントローラのように使ってゲームが楽しめるという仕組み。スマホを鏡に取り付けるためのスマホホルダーも付属します。


画像

 遊べるゲームは、歯の隙間に現れるモンスターをブラシでこすって倒すものや、ブラシをタクト代わりにしてオーケストラを演奏するもの、1年かけてキリンを育てるものなどさまざま。また親向けにも、子どもがちゃんと歯みがきしたかどうかをダッシュボードで知らせてくれるアプリもあり、教育にもうってつけです。歯科医向けに、歯みがきの詳細データを記録することも可能。


画像 ゲームは化け物退治や

画像 オーケストラ演奏

画像 育成ゲームなどさまざま

画像 親御さんも子どもが歯みがきしたかチェックできます

 クラウドファンディングでの目標金額は5万ドル(約509万円)で、締め切りまではまだ40日ほどありますが、現時点で集まっているのは約1.5万ドルと3分の1ほど。45ドル(約4600円)支援すればGrushの本体がもらえるほか、追加25ドルで海外への配送も行ってくれるそうですよ。今のところ発送は2014年11月ごろの予定。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた