ニュース
» 2014年04月10日 15時27分 公開

電子工作×天然美少女! モーニングの新連載「ハルロック」がネットでウケそうだから紹介する

面白かったので紹介してもいいか!?

[ねとらぼ]

 4月10日に発売された「モーニング」2014年19号に掲載された新連載「ハルロック」が面白いです。同作は、天然な美少女大学生が電子工作の世界にのめり込むという、のほほんギャグ漫画。読み切りが好評だったため連載化したそうなんですが……なんだかネットユーザーにウケそうな予感がしたので、ご紹介します! ちなみにこの漫画、連載第1回ということでモーニングの公式アプリ「Dモーニング」で無料公開されています(記事執筆時点)。

photo なんかね……俺の中の何かが萌えた

 この作品の面白ポイントは、まず第一に電子工作がテーマということ。主人公の「はるちゃん」が高校で電子工作の世界に出会うところから物語は始まるのですが、「さあッ LEDに付ける抵抗の値を割り出そう」「抵抗の値はオームの法則で出せる 覚えているか?」なーんていう会話が出てきたりして、工作のワクワク感が伝わってきます。ほかにも、漫画の中では「arduinoとは…オープンソースなエレクトロニクス・プロトタイピングのためのプラットフォーム」といった専門的な解説が出てきたりして、なかなか調べこまれている感じ。

 でも、あくまで作品の雰囲気はのんびりとしていて、小難しくありません。はるちゃんは太い眉毛と色素の薄い感じがとてもキュート。ほわぁ〜んとしてる娘だな……と思ったら中年の先生をブラックユーモアでグサッと刺すなど、癒やしと毒のバランスが絶妙です。

 こうした物語の雰囲気と、やさしい感じの絵柄がマッチしてるのも素敵です。おなじみの「萌え」とはちょっと違う、素朴な感じのかわいさがグッときます。

 高校の部活で電子工作の楽しさに目覚めたはるちゃんは、大学生になり、秋葉原でパーツを物色する電子工作ガールになっていました。で、そんな主人公の身の回りでこれから何が起こるのか……という、続きが気になる第1話となっています。

 同連載が今後どんな展開になるのかは分かりませんが、筆者的には、「一見無駄なことに見えても、周りの人に理解されなくても、一生懸命になることで楽しさや新しい発見があるんだ!」という爽やかなメッセージを感じ、とても好感を持ちました。コッテコテのギャグ漫画になるのか、ギャグあり青春ありの漫画になるのか……何にせよ続きが楽しみです!

 ちなみに、元になった読み切りは講談社のサイト「モアイ」で公開されています。こちらはかなりのギャグ風味で、専門的な話はあまりなく、新連載とは雰囲気がちょっと違います。連載化に当たって、物語の構成や制作体制を整えたり、取材したりしたのかもしれないですね。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」