ニュース
» 2014年04月16日 15時30分 公開

福島原発事故で造酒中断の地酒「白富士」 アメリカで復活目指しクラウドファンディングで資金調達中

日本で再開できないため、米シアトルで300年の伝統の味を復活させようと資金を募集しています。

[ねとらぼ]

 福島第一原発事故で造酒が中断されている福島県双葉町の伝統の地酒「白冨士」を復活させようと、酒蔵がクラウドファンディングサイト「ShootingStar」で資金を募集しています。

画像

 「白冨士」は、双葉町で300年以上続く酒蔵・冨沢酒造店が、阿武隈山地の伏流水を使い、全工程を手作業で仕込んできた日本酒。米の甘みが感じられるとして長年人々に愛されてきました。しかし2011年3月に数キロ先の福島第一原発で事故が起きてからは、酒蔵からの避難を余儀なくされ造酒できない状況にあります。

画像画像

 「白冨士酵母」を助けることはできたため、現在米シアトルでの酒蔵建造を計画中。日本に新天地を求めたものの免許と酒税法の関係で新たに再開するのが難しく、アルコールの免許が出るアメリカで再開することを決意しました。またシアトルは地理的にも気候的にも東北によく似ているそうなのです。

 ShootingStarのプロジェクトでは、総額3億円かかる建造計画の一部として、新しい酒樽を購入するための200万円の調達を目指します。支援プランは1000円から、シアトルでの新酒がもらえるのは3万円からとなっています。酒樽や櫂棒(かいぼう:お酒をかき混ぜる棒)に名前を刻印するというプラン(いずれも1万円)も。締め切りは5月27日です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2011/29/news029.jpg 漫画版「幼女戦記」作者が職業を隠し漫画教室に通う話が喜劇 先生「あなたはKADOKAWAに向いてそう」
  2. /nl/articles/2011/28/news042.jpg 「ぺりかんになりたい」「キングコブラを飼育してほしい」 無茶ぶり質問にガチ回答する「イングランドの丘」の飼育員さんが話題に
  3. /nl/articles/2011/29/news007.jpg 鍵を閉めずに出かけて帰ってきたらナイフを持った友人が…… 施錠の大事さが分かる漫画に鳥肌が立つ
  4. /nl/articles/2011/28/news034.jpg もし「鬼滅映画キャラが実は全員俳優だったら」を描いた撮影現場漫画にほっこり 「好きな世界観」「優しい世界」と話題に
  5. /nl/articles/2011/29/news005.jpg 「リアル岩合さん」「すごいニャンコがあらわれた!」 ファインダーをのぞく子猫カメラマンに才能があふれている
  6. /nl/articles/2011/28/news003.jpg 「そこにいないはずの弟の呼び声」「体をまたがれる感覚」……怪奇現象に見舞われた漫画家の体験談漫画にぞっとする
  7. /nl/articles/2011/29/news009.jpg 視力を与える代わり、10年後に命をもらう―― 悪魔と契約した盲目の少女、暖かくも切ない結末に涙
  8. /nl/articles/2011/29/news038.jpg 『クッキングパパ』塩盛りサラミを酒で流し込む“内臓破壊飲み”回話題に → 公式が即座に無料公開
  9. /nl/articles/1907/22/news088.jpg 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  10. /nl/articles/2011/29/news002.jpg ゾンビになったおじいちゃん(享年22歳)が孫のためにがんばる 笑えてホロリとくるコメディ漫画がステキ