ニュース
» 2014年04月21日 20時27分 公開

クラシック音楽に興味を持ってもらうためのミュージックビデオが斬新すぎて“新世界”だった

ドボルザークの「新世界より」に合わせて、美女5人がおしりをクイッ、クイッ。

[ねとらぼ]

 ポップスやロックンロールと同じくらい世間にクラシック音楽へ興味を持ってもらおうと作られたミュージックビデオ(MV)が斬新すぎます。ドボルザークの交響曲第9番「新世界より」の曲調やリズムに合わせて、なぜか美女5人がセクシーな格好で踊り続けるのです。

動画が取得できませんでした
画像 ふぁっ!?(※音楽は「新世界より」)

画像 なんだこのカップリングはー!?

 「新世界より」の重厚な旋律をBGMに、スカート丈の短いセーラー服やへそ出しタンクトップ+スパッツといった露出の多い服装で踊る5人。大太鼓が1つ響くと腰を沈め、髪をうねらせ、足を開いてと、もう艶やかな動きを連発します。盛大なラストに向かってテンポが速まり始めるところは必見。こちらに向けたおしりを、軽快なビートに合わせて上下に揺らします。クイッ、クイッ、クイッ、クイッ、クイッ、クイッ……あんたら何やってんだー!

画像 リズムに合わせてにゃんにゃん♪ 自由か。

画像 軽快なビートとともにおしりをクイッ、クイッ、クイッ、クイッ

画像 水族館みたいなところでも前に屈んで、クイッ、クイッ、クイッ、クイッ……

 制作したのはベルギーのクラシック音楽フェスティバル「B-Classic」の運営。クラシックになじみのない人たちに、音楽の質を下げることなく聴いてもらうために、現代映像作家に新しいMVを作ってもらう「The Classical Comeback」と称した取り組みです。ちなみに踊っているのは韓国の女性ダンスチーム・WAVEYA(@Waveyaofficiall)。

 確かにMVは斬新というか、タイトル通りに新世界を見せてくれました。MVはYouTubeで公開されてから6日間で90万回以上再生されるなど、とりあえず注目されているようです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響