ニュース
» 2014年04月24日 16時31分 公開

外出中でも家にいるネコと遊べるガジェット「Kittyo」がクラウドファンディングで出資募集中

スマホ操作でお留守番中のネコちゃんとコミュニケーションがとれます。

[ねとらぼ]

 外出中、家に残してきたネコが恋しくなったりしませんか?――そんな飼い主のためのガジェット「Kittyo」がクラウドファンディングサービス「Kickstarter」で出資を募っています。

本体はこんな感じ

 Kittyo本体にはビデオカメラやスピーカー、レーザーポインター、おやつを入れておけるディスペンサーが付いています。部屋に設置して自宅のネット環境に接続すると、専用のスマートフォンアプリから外出先でも留守番中のネコの映像を見てたり、レーザーポインターで一緒に遊んだり、ネコを呼ぶ音を出したり、ネコに直接話しかけたり、おやつをあげることができちゃいます。

 また、本体はアタッチメントで棚などに取り付けるられるようになっており、ネコが飛びかかっても転倒しないようにできます。

スマートフォンの操作画面

 レーザーポインターはスマホの画面上で指を動かすだけで簡単に操作できます。紹介動画で見ると、赤いレーザー光線に飛びかかってピョンピョン動くネコの様子はねこじゃらしで遊んでいる様子となんら変わらず楽しそうです。

 開発チームは現在出資を募っているところですが、目標金額3万ドルに対し、なんと15万ドル以上を集めています。みんなネコ大好きだな!

 出資オプションは1ドルコース、99ドルコース、119ドルコース、139ドルコースがあり、99ドルからKittyoがもらえます(ただし99ドルコースすでに売り切れ)。募集期限は5月24日で、11月頃に189ドルで発売する予定です(アメリカ以外への発送には25ドルかかります)

 この「Kittyo」があれば、外出中にネコちゃんに会えなくてさみしい……ということもなくなるかもしれません。飼い主とペットの距離をより身近にしてくれる新しいコミュニケーションツールに期待しましょう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2105/13/news131.jpg 「なんて品の無い番組だろう」 光浦靖子、手作りした作品を笑い飛ばした番組演出にファンから怒りの声
  2. /nl/articles/1607/05/news111.jpg TBS、「行き過ぎた編集」で謝罪 バラエティー番組で出演者の姿を意図的に消すなどしていた問題
  3. /nl/articles/2105/13/news008.jpg 「子猫とは思えない」「前世はゴルゴかな?」 飼い主を起こしに来た子猫の表情が“必殺仕事人”の貫禄
  4. /nl/articles/2105/13/news014.jpg サーバーに魔よけのお札を!? 神頼みのIT企業描くギャグ漫画に「案外ウソでもない」と業界から証言
  5. /nl/articles/2105/12/news162.jpg 「USB 3.0機器はゆっくり差すと2.0、素早く差すと3.0として認識される」って本当? →メーカー「本当です」
  6. /nl/articles/2105/13/news011.jpg 夜にキッチンの窓から見た人影 振り返ってみると恐ろしかった出来事を描いた漫画がゾクッとする
  7. /nl/articles/2104/30/news103.jpg TBS「クレイジージャーニー」“ヤラセ発覚”から1年半ぶりに復活 「めっちゃ嬉しい!」「レギュラー復活を」と喜びの声あがる
  8. /nl/articles/2105/13/news105.jpg 【ぞっとする実話】泥酔したとき友だち面したおじさんに連れていかれそうになるも、介抱してくれた人が放った一言で見事に追い払った
  9. /nl/articles/2105/13/news015.jpg なぜ猫は何年たってもかわいいのか?→“猫に記憶を消されている説” 飽きない理由を描いた漫画に「すげえ納得した」の声
  10. /nl/articles/2105/12/news019.jpg トイレから戻ったら「猫がオンライン会議してた」 真剣な表情で参加するエリート猫ちゃんがかわいい

先週の総合アクセスTOP10