ニュース
» 2014年05月08日 09時00分 公開

空飛ぶスイートルーム! エティハド航空が豪華な「Residence by Etihad」発表

リビングルーム、ベッドルーム、シャワールーム、さらに執事がついてくる。

[ねとらぼ]

 まるで空飛ぶスイートルーム――アラブ首長国連邦(UAE)のエティハド航空が、ホテルのようなゴージャスなコンパートメント「Residence by Etihad」を発表しました。

 Residence by Etihadは「Airbus A380」の上部デッキに設けられ、1〜2人用。32インチテレビのあるリビングルーム、ベッドルーム、シャワールーム、さらに執事付き。プライベートジェット並みの豪華さとプライバシーが提供されるとのこと。

ベッドルーム
リビングルーム
バスルーム

 A380にはほかにも、個室化された「First Apartments」も設けられます。リクライニングシートと、ベッドにもなる約2メートルの長いすがついていて、ミニバーや洗面台、姿勢に合わせて回転できるテレビも備わっていてこちらも豪華。

 気になるのはお値段ですが、エティハド航空がAP通信に語ったところでは、Residence by Etihadはファーストクラスの3〜4倍で、アブダビ-ロンドン便で約2万1000ドルとなっているそうです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.