ニュース
» 2014年05月09日 09時00分 公開

真っ黒だけど焦げてないよ! 鹿児島・黒ブタの珍料理“黒いとんかつ”食べてきた

黒にこだわりすぎな鹿児島の黒豚料理専門店「黒福多(くろぶた)」で、黒豚の黒いとんかつを食べてきた。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 黒豚のしゃぶしゃぶ、黒豚のとんかつ、黒豚ぎょうざ……鹿児島県には名産・黒豚を使った料理が数多く存在する。中でも珍しいのが黒豚料理専門店「黒福多(くろぶた)」の“黒いとんかつ”。黒豚のロースやヒレを黒い衣で揚げたもので、まるで黒焦げにしてしまったような見た目のとんかつだ。


画像 く、黒い……

 お店で「黒豚黒カツヒレ定食」を頼んだら、確かに衣が真っ黒けっけ。何も知らずに食卓に出されたら揚げるのに失敗したかと眉をひそめたことだろう。もちろん真っ黒なのは衣だけで、切断面からのぞくお肉はしっかりジューシーで一安心。ただし黒い衣のおかげで、おせじにもおいしそうとは言えない。


画像 後ろからだと切断面も見えず、この黒さである

画像 火は十分通っている

画像 いただきます(苦くないよな……)

 ほお張ると、焦げた味はせず黒豚の旨味がじゅわっと口の中に広がる。噛めば噛むほど甘くておいしい。とんかつは揚げる前からすでに黒い姿をしているとのこと。竹炭などさまざまな黒い食材を衣に使用している。普通の衣に比べ香ばしさとほんのりした甘みがあるのが特徴らしい。


画像 衣と同じように皮を黒くした「黒豚黒焼きぎょうざ」(650円)もあった。ぎょうざが黒光っておる……

画像 黒ビールもあったのでつい黒三昧にしてみた。食欲わかない

 いやしかしなぜに、とんかつをわざわざ黒くした。「鹿児島の『黒文化』にちなんで」と店長の田中烈さん。古くから鹿児島では、「黒豚」「黒牛」「黒酢」「黒糖」「黒じょか」など黒色の名産品が多く、総じて「黒文化」として県民に親しまれてきた。今年で創業27年目の黒福多でも、「とんかつのお肉が“黒”豚なら衣も……」ということで5年前から提供し始めたらしい。黒へのこだわりがハンパない。


画像画像 黒酢(左)に「黒糖」(右)など、食べ物や食器など黒いものがやたらと多い鹿児島県。ちなみに鹿児島出身の筆者の苗字も「黒木」です……

 実はこの黒いとんかつ、簡単にはマネできない。とんかつは火が通っているかどうかを衣の色で確認するものだが、衣が黒いとそれが分からない。黒福多では揚げている最中にたつ音の変化を聞き分けることでちょうどいい揚がり具合を見極めているのだと言う。創業27年という、腕の良い職人がいる店だから実現できる黒いメニューなのだ。


画像 「黒福多」は鹿児島の繁華街・天文館にある

画像画像 玄関には招き猫ならぬ“招き黒豚”が(左)

 今では黒いとんかつ目当てで県外から足を運ぶ人も多く、来店の際は予約をとっておくのがおすすめとのこと。食べ終えた皿には黒い衣が点々とこぼれ落ちていた。この皿だけ人に見せてもとんかつを食べたとは思われないだろうなー。


画像 なんか焦げたの食べた?と言われそう

<店舗情報>

黒福多(くろぶた)

鹿児島県鹿児島市千日町3-2 かまつきビル 1F

TEL:099-224-8729

営業時間:午前11時30分から午後2時30分まで、午後5時30分から午後11時まで(ラストオーダーは午後10時)

定休日:月曜日



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  3. /nl/articles/2110/25/news079.jpg 浜崎あゆみ、帝王切開の経験を告白 「お腹の傷を愛おしく誇りに思う」と“消えない偏見”に思いつづる
  4. /nl/articles/2110/25/news007.jpg 「ロード・オブ・ザ・リング」の重要アイテムがカプセルトイで登場 “ひとつの指輪”も手に入ってしまう
  5. /nl/articles/2110/25/news051.jpg 「アッ...アッ......困りますお客さま…!」 子猫を迎えて2日目、すっかり懐いて飼い主を無事メロメロにしてしまう
  6. /nl/articles/2110/24/news049.jpg 本田望結、小型船舶免許を取得し免許証を公開 姉・真凜もびっくり「凄っ、知らんかったって笑」
  7. /nl/articles/2110/23/news032.jpg 『ちいかわ』が“幸福論を問う作品”であるという決定打 なぜ「オフィスグリコちゃんのカエル」でTwitterがどよめいたのか
  8. /nl/articles/2110/24/news027.jpg 所さんのピンクのフィアット500が事故で「水没」 めっちゃかっこいい、からの「普通に失敗しちゃうところも好き」の声
  9. /nl/articles/2110/24/news044.jpg 深田恭子、2022年のカレンダーで花に囲まれた美女ショット ファン「美しすぎる」「来年も一緒に過ごします!」
  10. /nl/articles/2110/21/news028.jpg 本当にあったZoomの怖い話 母がうっかりカメラON、100人に実家が丸見えになった実録漫画が地獄みしかない

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる