ニュース
» 2014年05月08日 17時53分 公開

“無音”で2万ドル稼いだインディーズバンドのアルバム、音楽サービスSpotifyから削除

“無音のアルバム”を眠っている間にかけつづけると……という斬新な発想。

[ねとらぼ]

 定額制音楽サービス「Spotify」で“無音のアルバム”をリリース――そんな変わった試みが海外で行われていましたが、このほど削除されました。

 このアルバム「Sleepify」はVulfpeckというインディーズバンドが制作し、30秒の無音の曲10曲で構成されています。Vulfpeckは3月半ばにこのアルバムをSpotifyでリリース。その際に「このアルバムを寝てる間にかけっぱなしにしてほしい」と呼びかけました。曲が1回再生されるごとにVulfpeckに支払われるロイヤルティー(使用料)は0.5セント。ファンが眠っている間にリピート再生すれば、ちりも積もってそれなりの金額になるというわけです。売り上げはツアー費用にして、Sleepifyが一番再生された地域で無料コンサートを開くというプランも掲げました。

Sleepifyをかけっぱなしにして、というVulfpeckからの呼びかけ

 Spotifyの楽曲ロイヤルティーについてはアーティストから「低い」という不満が上がっており、例えばレディオヘッドのトム・ヨークは同サービスから楽曲を引き上げています。Sleepifyはトリッキーな手法でそうした問題を解決しようとするもので、約2万ドルを稼いだそうです。

 しかしSpotifyは4月後半に、規約違反であるとしてSleepifyを削除するようVulfpeckに通達。その後アルバムは削除されたようです。Vulfpeckは、Sleepifyの売り上げは入ってくると思うとしており、その売り上げを使ってツアーに出るとViceにコメントしています。

Vulpeckの公式サイトではSleepifyは「Currently Unavailable」(現在利用不可)となっている

 Spotifyはこの件についてノーコメントを通しているようですが、Sleepifyがリリースされたばかりのときに、同社の広報担当者は「賢いやり方だけどVulpeckの前のアルバムのほうが好き」「ジョン・ケージの派生作品みたい」とBillboardにコメントしていました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響