ニュース
» 2014年05月08日 17時53分 公開

“無音”で2万ドル稼いだインディーズバンドのアルバム、音楽サービスSpotifyから削除

“無音のアルバム”を眠っている間にかけつづけると……という斬新な発想。

[ねとらぼ]

 定額制音楽サービス「Spotify」で“無音のアルバム”をリリース――そんな変わった試みが海外で行われていましたが、このほど削除されました。

 このアルバム「Sleepify」はVulfpeckというインディーズバンドが制作し、30秒の無音の曲10曲で構成されています。Vulfpeckは3月半ばにこのアルバムをSpotifyでリリース。その際に「このアルバムを寝てる間にかけっぱなしにしてほしい」と呼びかけました。曲が1回再生されるごとにVulfpeckに支払われるロイヤルティー(使用料)は0.5セント。ファンが眠っている間にリピート再生すれば、ちりも積もってそれなりの金額になるというわけです。売り上げはツアー費用にして、Sleepifyが一番再生された地域で無料コンサートを開くというプランも掲げました。

Sleepifyをかけっぱなしにして、というVulfpeckからの呼びかけ

 Spotifyの楽曲ロイヤルティーについてはアーティストから「低い」という不満が上がっており、例えばレディオヘッドのトム・ヨークは同サービスから楽曲を引き上げています。Sleepifyはトリッキーな手法でそうした問題を解決しようとするもので、約2万ドルを稼いだそうです。

 しかしSpotifyは4月後半に、規約違反であるとしてSleepifyを削除するようVulfpeckに通達。その後アルバムは削除されたようです。Vulfpeckは、Sleepifyの売り上げは入ってくると思うとしており、その売り上げを使ってツアーに出るとViceにコメントしています。

Vulpeckの公式サイトではSleepifyは「Currently Unavailable」(現在利用不可)となっている

 Spotifyはこの件についてノーコメントを通しているようですが、Sleepifyがリリースされたばかりのときに、同社の広報担当者は「賢いやり方だけどVulpeckの前のアルバムのほうが好き」「ジョン・ケージの派生作品みたい」とBillboardにコメントしていました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2010/24/news035.jpg 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  2. /nl/articles/2010/24/news016.jpg 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. /nl/articles/2010/24/news004.jpg 「うちの子に何するニャ!(怒)」 子猫を守ろうと、父猫にパンチをくらわせる母猫がたのもしい
  4. /nl/articles/2010/23/news160.jpg 「こんな禰豆子は嫌だ」 マンウィズ、満を持して『鬼滅の刃』コスプレ披露 人間の流行にちゃっかり乗ってしまう
  5. /nl/articles/2010/23/news015.jpg 子猫「えいっ、やあっ!(コテッ)」 ぬいぐるみに戦いをいどむ子猫がずっと見ていたくなるかわいさ
  6. /nl/articles/2010/23/news131.jpg 「たまたまそこに居合わせただけ」で死にかけた不運な男 接触事故を起こしたクルマが横転、背後から転がり迫ってくるシーンを捉えた映像が怖すぎる
  7. /nl/articles/2010/23/news021.jpg 「嫌よ!」「個人情報じゃない!」って言わないで なぜ薬局で保険証提示が必要なのかを説明する漫画が分かりやすい
  8. /nl/articles/2010/23/news092.jpg 1年間ケアし続けた“爪”のビフォーアフターが衝撃 「爪の形って変わるの!?」「私もがんばろ」
  9. /nl/articles/2010/24/news008.jpg 猫「はさむのやめろニャ(怒)」 兄猫に顔をホールドされる妹猫の表情がおもしろい
  10. /nl/articles/2010/23/news102.jpg キバvsキング 「ルパンの娘」瀬戸康史&新納慎也の対決実現に仮面ライダーファン歓喜 放送局を超えた猛プッシュに「公式でも言っちゃったよ」