ニュース
» 2014年05月10日 09時00分 公開

最高にハイってやつだ! 桜島の灰の缶詰「ハイ!どうぞ!!」ゲットしてみた

鹿児島県民の灰への苦悩をみんなでシェアできる、画期的アイテム……?

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 鹿児島県の活火山・桜島がほぼ毎日火口から吐き出している灰。空から洗濯物や車を汚し、除去しない限りはその場に残り続けるという、県民にとってはかなりの厄介者だ。なのに鹿児島では無用な灰をわざわざ缶に詰めて販売している。降灰体感缶詰「ハイ!どうぞ!!」だ。

画像 ダジャレかい

 「ハイ!どうぞ!!」は、桜島の南に位置する垂水市が降灰事情を広く知ってもらおうと、市役所屋上に積もった灰をふるいにかけて缶詰にしたもの。ラベルに書かれた原材料名は「桜島の降灰、垂水市民の苦悩」、内容量は「ありがたくない。空からの恵み100cc」と、何の変哲もない灰だけを、冗談交えてパッケージングしている。

画像画像 ラベルにはユニークな表記の数々が

画像 ハイ、開けてみましょう

 筆者も1つ買ってみた。ラベルの使用期限に「皆様の興味が無くなるまで」とあったので、帰宅後すぐに開封。フタを開けるには缶切りが必要で、非常時に灰が欲しいタイプの人は缶切りもしっかり備えておくべきだろう。中には黒い灰がこんもり。鹿児島県のその辺の道端や公園に積もっている灰となんら変わりがない。あまりのくだらなさにひとしきり笑った後は、自治体から県民に支給される灰専用のゴミ袋「克灰袋(こくはいぶくろ)」に無言で入れたのだった。

画像 中はまさしく最高にハイってやつだった

画像 どうしよう、本当にいらない

画像 鹿児島県民には灰をゴミとして出せる「克灰袋」というのが自治体から支給される

画像 これに庭や玄関前に溜まった灰を入れて、決まった曜日に決まった場所へ置いておけば、事業者が回収してくれる。さらば、灰よ……

 缶詰は2010年10月に1000個限定で試験販売したところ、10日ほどでなくなる人気ぶりだったので商品化した。お土産や教材用として評判が高く、2013年5月の時点で累計約1万7500個も売れたそうだ。2013年が桜島の大正噴火から100周年だったことから記念缶も発売され、現在手に入るのは基本的にこちらとなっている。

 価格は1個100円(税抜)で、垂水市牛根麓の「道の駅たるみず」や鹿児島市内の物産販売所などで販売中。

画像 はいどうぞ、とお土産に渡せば、鹿児島県民の灰への苦悩が分かってもらえるはず

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/18/news019.jpg 甘えん坊な猫ちゃん、起きた瞬間飼い主に向かって…… 胸キュンなかまってアピールに「こんなんズルい!」
  2. /nl/articles/2109/17/news049.jpg 100均で三角コーンを欲しがる2歳娘→家に帰って遊び始めたら…… 年齢に見合わぬ高度なギャグセンスを描いた漫画につい笑顔になってしまう
  3. /nl/articles/2109/17/news161.jpg はなわ、横浜の新居ルームツアーで家族圧倒 おしゃれな変身を遂げた広いリビングに「すばらしいおうち」
  4. /nl/articles/2109/17/news014.jpg 自分を拾ってくれた先住ワンコのことが好きすぎる保護子猫 早朝から「遊ぼうよー!」と甘える姿がいとおしい
  5. /nl/articles/2109/18/news048.jpg 想像以上にやばい 武田久美子、バスタブでまさかの“大クラッシュ”「あちこち切れてしまいました。。」
  6. /nl/articles/2108/19/news035.jpg 石見銀山の「景観に配慮した自動販売機」がステキと話題 設置のいきさつなど聞いた
  7. /nl/articles/2109/16/news030.jpg 転校生が一言もしゃべらない、と思っていたら……? 黙り続ける理由が判明していく漫画がジーンとくる
  8. /nl/articles/2109/17/news054.jpg 御茶ノ水駅に“お茶と水だけ販売”する自販機が登場 「こういうセンス好き」「普通に需要がある」と話題に 設置の経緯を聞いた
  9. /nl/articles/2109/17/news011.jpg インコ「のっしのっし……」→「シャキーン!」 堂々と登場するインコの姿が何回も見たくなるほど面白かわいい
  10. /nl/articles/2109/17/news127.jpg 市川海老蔵、小林麻央さんと暮らした家が“けいこ場”に改装完了 子どもたちの“ルームツアー動画”に反響

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」